MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
横浜中華街でリーズナブルに味わえる本場の広東料理や飲茶をご賞味あれ♪

横浜中華街でリーズナブルに味わえる本場の広東料理や飲茶をご賞味あれ♪

 2018年5月に創業30周年を迎えた広東料理の名店。5階には茶器が飾られたティーラウンジがあり、平日限定で「清芳午餐」を提供している。

菜香新館(最寄駅:元町・中華街駅)

窯焼きチャーシュー、点心、海老マヨ、ミニふかひれ、炒飯の上湯スープがけなど11品に、選べるデザートと中国茶が付く魅惑的な内容だ。広東名菜を少量ずつ楽しめるうえ、どれも手が込んでいて何を食べても外れナシ。プラス300円でスープ、600円でスープと北京ダック1巻を追加でき、ゴージャス度がアップ!

清芳午餐
2100円

料理内容は季節替わり。中国風の竹籠を使うのがうれしい。「清芳午餐」の提供時間は平日11時半~14時、追加注文のLOは14時半、クローズは15時半

若鶏の梅肉ソースかけ
1700円

創業者から受け継がれるオリジナルメニュー。皮はパリッ、身はしっとりした仕上がりで、南高梅を使用した甘酸っぱいソースが絶妙にマッチする

チャーシューメロンパン
1個200円

香港飲茶で話題のメニューをアレンジ。サクサクしたメロンパンの生地と甘辛いチャーシュー餡が意外なほど好相性。1階の売店でも販売している

お店からの一言

スタッフ 土屋哲雄さん

「季節ごとにお見えになるお客様もいます」

菜香新館の店舗情報

[住所]神奈川県横浜市中区山下町192 [TEL]050-3196-2794 [営業時間]11時半~21時半(20時45分LO)、土・日・祝11時~21時半(20時45分LO)※ランチタイム有 [休日]第2火(祝の場合と8月、12月は営業) [席]全454席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]みなとみらい線元町・中華街駅2番出口から徒歩3分

電話番号 050-3196-2794
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。
お店のオープンまで、オーナーの大釜和也さんと竹浪洋和さんのふたりで1年間食べ歩き、さらに1年間毎日餃子を試作し、究極の餃子を目指した。皮はミリ単位で厚みを変え、焼く油も厳選し、挽き肉は部位や挽き具合、混ぜ合わせる温度や湿度にもこだわったという。
中華食堂といった風情の『かかん』は、贅沢な中華ではなく、日常に食べてもらえる店にしたかったという。ランチの圧倒的な人気は冷めないように鉄鍋で出す、グツグツ煮えた麻婆豆腐。
イタリアンの経験があるオーナーの須藤さんが、台湾人の両親をもつ蘭さんと出会って台湾の魅力に触れ、昨年3月にオープンさせたお店。蘭さんの台湾の実家で食べた料理をベースに、東京の味を融合させ、ここならではの味を作り上げた。
個性的な名店が集まる食の迷宮・板橋。中国北部出身の楊さん家族が営む『龍王』も、豪快なチャーハンをはじめ、庶民派プライスの逸品が目白押しである。
最近、間借りスイーツ&カフェ系&その他も増えてきた印象である。 間借りの勢いがすごいよ。やっぱり吉祥寺は地代が高いからねー、店も工夫が必要なんだね〜、という感じだ。 というわけで今回は、吉祥寺の「曜日限定」テイクアウト系スイーツをご紹介だ!
地下鉄「大国町駅」から徒歩で6、7分の場所に、立ち飲み屋「よしのや酒店」はある。 もともとは駅前に同店の酒屋があり、角打ちをやっていたところがこの店のルーツ。 店内の雰囲気も満点。しかも、食べ物の値段がすこぶる安いときた!
一心不乱にエビが食べたい。そんなアナタに朗報。何とエビでお腹いっぱいになる「海老しゃぶ」があるんです。使用するのは大きさと新鮮さを厳選した赤エビで、その量2人前で約1kg。
フルーツブランデーは果物から造られるヨーロッパの蒸留酒だが、日本では認知度の低い存在。世界的にも専門バーはほとんどないという。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt