MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
フレンチ酒場 ボンマルシェ(関内/フレンチ)

フレンチ酒場 ボンマルシェ(関内/フレンチ)

 旬の味を抜群の盛りでリーズナブルに提供。メニューはフレンチをベースにイタリアンのエッセンスを取り入れ、素材にこだわりあり。

フレンチ酒場 ボンマルシェ(最寄駅:関内駅)

魚介類は横浜市中央卸売市場、野菜は鎌倉市農協連卸売場で直接仕入れているから、新鮮さに納得。料理に合うドリンクも多数揃え、ワインは自然派からお手頃なものまで約60種揃う。生産者に会い、思いを聞いているソムリエールにおすすめを尋ねてほしい。大きなコの字カウンターからはキッチンが一望。ライブ感も魅力だ。

肉盛り‼(甲州信玄どりのコンフィ、はまポークのポルケッタ、ビフテキ)
2138円

大迫力のひと皿。香草風味の「ポルケッタ」と、旨みが詰まった身と皮がパリッとした食感の「コンフィ」、名物の「ビフテキ」は炭火焼きでランプ肉の良質な赤身の美味しさが堪能できる

鮮魚のカルパッチョ、ズワイ蟹とアボカドのコンソメジュレがけ~カリフラワーのムースを乗せて~
1058円~、1274円

鮮魚は日替わりで、この日は愛媛県産真鯛と熊本県天草産の本マグロ。「コンソメジュレがけ」は、ズワイガニの甘み、アボカドの濃厚さ、コンソメの旨みを、やさしいカリフラワーのムースがまとめる

オードブル盛り合わせ※内容は一部日替わり
(2人前)2030円

旬の食材を使ったスープや素材の魅力を引き出す調理が光る。1人前(1015円)からオーダー可(右上から時計回りに、ポワローの冷製ポタージュスープ、岩手県宮古産柳ダコのトマト煮込み、蟹ミソとマスカルポーネのディップ、アンチョビマッシュポテト、フランス産鴨のスモーク、キャロットラペ、はまポークのロースハム、天城豚のパテ・ド・カンパーニュ)

お店からの一言

(左上から時計周りに)副料理長 正白耕二さんスタッフ 福田弘毅さん、店長&料理長 大村航介さん、ソムリエール 角津明菜さん

「ニースの街角にあるような陽気な酒場です」

フレンチ酒場 ボンマルシェの店舗情報

■『フレンチ酒場 ボンマルシェ』
[住所]神奈川県横浜市中区常盤町3-37 ブロードビル1st2階 
[TEL]045-664-9066 
[営業時間]火曜日~土曜日:17時~24時、金曜日:17時~翌1時、日曜日・祝日:16時~23時
[休日]月曜日(祝の場合は営業、翌火曜日が休み) 
[座席]カウンターあり、全27席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し324円別 
[アクセス]JR根岸線関内駅北口から徒歩1分

電話番号 045-664-9066
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
笑っちゃうほどトリュフ山盛りのトーストに度肝を抜かれたかと思えば、これまたウニどっさりの野菜ムースの旨さに絶句。とそこへ酒場の定番、ハムカツだ。
 昨年11月に神田から神楽坂へ移転。フランスの一流レストランで腕を磨いた大谷大三郎シェフの伝統的かつオリジナリティあふれる料理が楽しめる。
神楽坂のフレンチの名店『ラ・トゥーエル』やフランスで修業を積んだシェフ・金田賢二郎さんのベースは伝統的なフレンチ。その中に、季節感や今の時代のテイストが巧みに盛り込まれている。
契約農家から毎朝届く朝採れの三浦野菜を中心に、定番から珍しい品種まで50種以上の野菜を使うビストロ料理が評判。生産者支援も根底にあるため、市場で流通されない規格外も受け入れ、ほぼ余すところなく利用する姿勢もこの店の魅力だ。
446views フレンチ
鎌倉は由比ヶ浜で人気の古民家の蕎麦屋『鎌倉 松原庵』。その趣と味を持ち込み、表参道のけやき並木を見下ろす空間は、一瞬どこにいるか忘れる風情だ。
希少部位の握りに、目の前で炙った赤身の七輪焼き。とび切りの黒毛和牛をハイコスパで味わうならば、ここを訪れるべし!
ドイツで100年以上愛されているバウムクーヘン。卵、バター、小麦粉など素材の味が広がる素朴な美味しさは万人受け間違いなし。
創業して52年目。 その老舗そば店は、京都洛北の大幸寺にルーツがある。 時代は江戸まで遡る。300年以上伝承されてきた「そば打ち秘伝」「つけ汁仕立て御式」を受け継いだのが「そばよし LINKS UMEDA店」だ。
性格が子どもじみているのかもしれないが、私は混ぜる食べ物が大好きである。 そんな混ぜるの大好き! おっさん女子的に混ぜたい食べ物の王道は、石焼ビビンバだ。 そして吉祥寺で石焼ビビンバを食べるのは、ダイヤ街のビルの2階にある『D韓』です。 食べ盛りの若い男子は、ランチ食べ放題がおすすめだよ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt