MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
丸和(とんかつ/関内)のグルメ取材記事と写真

丸和(とんかつ/関内)のグルメ取材記事と写真

丸和 (まるわ)は横浜で暖簾を掲げて20年余り、今も行列が絶えないとんかつ実力店。肉質が緻密で柔らかく、クセがない千葉県の林SPF豚を、高温のラードでカラリと揚げている。[交]みなとみらい線馬車道駅5番出口から徒歩3分、JR根岸線関内駅北口から徒歩5分 ※ランチタイム有

丸和(最寄駅:馬車道駅)

きつね色の衣×ロゼ色の赤身の妙技

きつね色の衣は一見ワイルドな揚がりだが、イギリスパンで作る生パン粉のおかげで優しい口当たりを実現。肉は淡いロゼ色でジューシーな仕上がりだ。その醍醐味を味わうなら、ぜひ「ロースかつ定食」を試したい。肩に近いサシの入った部位を使っており、厚さは3㎝以上。極厚ながら噛めば驚くほど柔らかく、職人技を実感できる。

ロースかつ定食
1900円(夜2200円)

豚1頭から8枚程しかとれない部位を使うため、数量限定。開店10分で売り切れることもある。300gの特大ロースは油から上げたら約30秒蒸らし、余熱で火を通すのが肝だ。岩塩やオリジナルブレンドのソースでいただこう。農家から直送の山形県産「はえぬき」を使用したご飯、ロースの切り落としが入る豚汁、お新香付き

特選カキフライ定食
2300円

三陸産のカキは目を見張る大きさ。香ばしく色づいた衣を噛みしめると、濃厚なコクと瑞々しい甘みが押し寄せる。2016年1月末頃までの限定メニューとなっている

丸和の店舗情報

神奈川県横浜市中区住吉町5-61 ☎045-641-0640 [営]11時半~14時、17時半~20時、土11時半~14時 [休]日、祝 [席]カウンター9席、テーブル4席×3卓、小上がりテーブル4席×1卓 計25席/昼のみ全席禁煙/夜のみ予約可/カード不可/サなし [交]みなとみらい線馬車道駅5番出口から徒歩3分、JR根岸線関内駅北口から徒歩5分

電話番号 045-641-0640
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「成蔵 (ナリクラ)」の「シャ豚ブリアンかつ」はヒレでおすすめは1頭から約3人分しか取れない真ん中の希少部位を使う。[交]JR線ほか高田馬場駅戸山口から徒歩2分 ※ランチタイム有
更新: 2019-05-14 12:19:25
早稲田『ワセカツ!奏す庵』|店名の“ワセカツ!”とは、薄いカツを特製のソースに浸したカツ丼のこと。早稲田の地で生まれたことと、早く揚がるという趣旨の“早生”の両方をかけた名だという。
更新: 2018-12-16 12:00:00
2代目が揚げるロゼ色に輝くとんかつは火入れが肝要。短時間で揚げて余熱で芯まで火を入れるため、肉が驚くほど柔らかい。
更新: 2018-12-15 18:00:00
銀座の路地にある小さなビルの階段を降りると、天井がやや低く、どこか懐かしい雰囲気のお店に到着。厨房真ん中の真鍮製の鍋では、注文のたびに衣をまとったカツやエビが入れられ、ジュワ~ッと心地よい音が響く。
更新: 2018-12-05 18:00:00
『かつ吉』(水道橋)|骨董に囲まれた広い古民家のような内装の、創業56年を迎える老舗とんかつ屋が出す「替わりカツ丼」は、まるで和風ビビンパのような趣き。150℃前後の低温でじっくりと揚げたカツを醬油ベースの特製ダレにくぐらせ、上からとろろをかけている。
更新: 2018-12-04 18:00:00
最新の投稿
外観を見ただけでピンときた。 昭和レトロを感じさせる外観だが、古さを感じさせないモダンな内外観。 玉造にある大衆酒場「タムヤ」は、店主田村一廣さん(42)のこだわりが散りばめられている。 しかも、店主の体型と同じでとにかく料理のボリュームがヤバイ!
更新: 2019-07-18 16:03:00
名古屋のおすすめ居酒屋&ダイニングバーをご紹介!安くて美味しいリーズナブルなお店や、ゆっくり個室で呑めるお店、デートにぴったりなオシャレなお店など、グルメライターが実際に食べ歩いて見つけたお店をカテゴリ別にご紹介します!
更新: 2019-07-18 18:31:06
名古屋には全国に展開しているチェーン店も含め人気のある有名ラーメン店がたくさんあります!ここではグルメ雑誌「おとなの週末」のラーメンライターが特におすすめしたい、本当に旨いお店を、厳選してご紹介!写真や最寄り駅の情報も掲載しています。
更新: 2019-07-18 14:03:48
中華の経験を活かした“痺れ系”ラーメンの専門店で、“汁あり”、“汁なし”、夏は“冷やし”と3種の担々麺を展開する。定番の“汁あり”は、豚をメインにした厚みのあるスープ。
更新: 2019-07-18 12:00:00
清流の名前をもった第3セクター鉄道が長良川鉄道です。 その名前の通り、ほとんどの区間で長良川に沿って走ります。 もともとは国鉄越美南線(えつみなんせん)、1986年に第3セクター鉄道に転換されました。 この路線の中ほどにあるのが郡上八幡駅。 水と郡上踊りで知られる城下町、郡上八幡への玄関口です……。
更新: 2019-07-18 11:46:41

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt