MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
横浜で料理・ワイン・お店の雰囲気でイタリアを感じて…♪

横浜で料理・ワイン・お店の雰囲気でイタリアを感じて…♪

 トスカーナ地方で4年半修業していたシェフによる豪快さと巧緻さを伴う料理に、舌だけでなく心もグッと掴まれてしまった。 特注の炭焼き台で丁寧に焼かれた「フィレ肉の炭火焼き」は柔らかで肉汁があふれ、放牧牛ならではの滋味を感じる力強い味わい。

ristorante pizzeria la Tenda Rossa(最寄駅:馬車道駅)

生産者との縁や信頼関係の下、仕入れた厳選素材を惜しみなく使用しており、「前菜盛り合わせ」は、食材へのリスペクトが垣間見える必食のひと皿。男気あふれる盛りの良さにも感激すること間違いなし。

オーストラリア産放牧牛フィレ肉の炭火焼き
100g 2000円~※写真は200g 4000円

炭火で焼き、肉の旨みを閉じ込めた香り高いステーキ

手打ちピーチトスカーナ風牛ラグー
1940円

スネや肩肉などをじっくりと煮込み、旨みを凝縮させたラグー。手打ちならではのパスタの捻れにソースがしっかり絡み、柔らかくゴロリと入った牛肉とむっちりしたピーチの食感がクセになる。日本大会での優勝経験をもつソムリエ厳選のワインと一緒に

前菜の盛り合わせ※内容は日替わり
(2人前)2800円

産直の魚は感涙モノの鮮度。口中でふわりとほどけるノンプレス生ハムは悶絶レベルの美味しさだ(右から時計回りに、島タコのマリネ、パンツァネッラ、奄美大島産キハダマグロ・宮城県産マカジキ・奄美大島産オナガダイのカルパッチョ、マイワシの白ワインビネガーのマリネ、水牛のモッツァレラと高知はるののフルーツトマトのカプレーゼ、パルマ産ノンプレス24カ月熟成生ハム、鶏レバーペースト、無農薬ルッコラのサラダ)

お店からの一言

シェフ 西沢健三さん

「おかげさまで創業20周年を迎えました」

ristorante pizzeria la Tenda Rossaの店舗情報

■『ristorante pizzeria la Tenda Rossa』
[住所]神奈川県横浜市中区太田町6-75 
[TEL]045-663-0133 
[営業時間]11時45分~15時(14時LO)、17時半~22時半(21時半LO)、日・祝17時半~22時(21時LO)※ランチタイム有 
[休日]月曜日、毎月1回不定休
[座席]全70席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、土・日・祝のランチ、ディナーはチャージ料別450円 
[アクセス]みなとみらい線 馬車道駅 3番出口から徒歩3分

電話番号 045-663-0133
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 和食器を彩るのは華のあるイタリアン。コースで楽しむ? それともアラカルト? どちらにしてもズワイガニのパスタは必食だ。
2018年6月オープンした旬の食材を使った骨太なイタリアン。冷菜や温菜などワインのお供に最適なつまみ系メニューも多く揃え、まさに“ふらっと”立ち寄るのにピッタリの1軒だ。
アラカルトでも楽しめるイタリアン&ワインバー。店主の選ぶイタリアなどの自然派ワインと奥様のつくる料理の相性も抜群。
 今やレベルの高い店が揃うという意味で、フレンチ同様に注目を集める神楽坂イタリアンだが、創業16年のこちらはその象徴ともいえる存在。磨き上げられた木の床に糊の効いたクロスがかかったテーブルがゆったり配された店内は、正統派のリストランテの佇まい。
店名の“タンテ”はmanyで“ボーネ”はgoodを意味する。多くの“ボーネ”な料理が揃うなかで目を引くのが、スフィンチョーネとピアディーナ。
 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!
今回は、ダイエットに最適な食品というわけではなく、チート的な話。 手軽でおいしいカップラーメンを1つ選べといわれたら、やはり日清の「カップヌードル」。 ダイエット中とはいえ、これを食べたくなるときがあるわけですよ……。
223views 脱メタボ
いやぁラグビーW杯2019日本大会、面白かったですねぇ。 日本戦はもちろん、ほかの国の試合も、できるだけ見せてもらい、楽しみました。 それにしても、すごかったのが南アフリカ。 で、思い出したのが南アフリカの鉄道。 10年以上前に乗った、プレトリアからケープタウンまでを走る豪華寝台列車ロボスレイルです……。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt