MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
横浜関内で集まるならここ!オリジナル洋食、豊富な飲み物を兼ね備えた洋食バル♪

横浜関内で集まるならここ!オリジナル洋食、豊富な飲み物を兼ね備えた洋食バル♪

 地元・神奈川県産の食材をふんだんに使った洋食を提供。看板商品のナポリタンなど懐かしさを感じる味や雰囲気を残しながらも、素材にこだわるなど時代に合わせた料理がいただける。

洋食バル 横浜ブギ(最寄駅:日本大通り駅)

8種類のフレッシュな生ワインや3種類のヱビスビール、11種のハイボールなど、ドリンク類も豊富だ。お店は今年5月上旬に移転。約150年前に英国で使われていた椅子など、アンティークな調度品に加え、生ワインを注ぐサーバーを設置。カウンターもでき、居心地がアップした。

フォアグラハンバーグ
1706円

濃厚なデミグラスソースで煮込まれたハンバーグは、牛・豚の合挽き肉に鶏肉を加えることでふわふわな食感に。そこにソテーされとろりとした舌触りのフォアグラがのった魅惑の逸品

横浜ベジナポ
864円

もちもち太麺のナポリタン「横浜ベジナポ」は神奈川県産の野菜がどっさり

彩り季節野菜の特製バーニャカウダ
1058円

12種類以上の旬野菜がふんだんにのる。野菜は日により鎌倉または湘南を使用。ハーフ(734円)も

前菜盛り合わせ※内容は日替わり
(2人前)1706円

クセが少ない「パテ・ド・カンパーニュ」や「燻製イワシのオイル漬け」など魅力的な酒肴が並ぶ。肉・魚類の内容は日替わり(この日は右から、サーモンのたたき、湘南・三浦野菜のピクルス、燻製イワシのオイル漬け、キャロットラペ、パテ・ド・カンパーニュ、オリーブ、生ハム・ハモンセラーノ)

お店からの一言

店主 岡添 勉さん

「ナポリタンはランチでも人気です」

洋食バル 横浜ブギの店舗情報

[住所]神奈川県横浜市中区本町1-8 SKビル2階 [TEL]045-651-3787 [営業時間]11時半~14時半(14時LO)※平日のみ、17時~24時(23時半LO)、金・土17時半~翌3時(翌2時半LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンターあり、全50席/全席喫煙可※昼は禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し216円別 [交通アクセス]みなとみらい線日本大通り駅2番出口から徒歩3分

電話番号 045-651-3787
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
洋食タケル(洋食/根津)|看板オムライスは2種。ふわとろオムレツをチキンライスにのせたやつと卵で包む王道のやつ。
更新: 2019-01-07 12:00:00
洋食工房ヒロ(洋食/京成立石)|そそり立つ特大の海老フライ、その姿はまるでシャチホコ!? 見た目のインパクトもさることながら、旨さもケタ外れ。
更新: 2018-12-27 18:00:00
にっぽんの洋食 新川 津々井(洋食/茅場町)|昭和25年創業の老舗らしい本格洋食店。佇まいはほどよい緊張感だが、その期待をまったく裏切らない。
更新: 2018-12-27 12:00:00
キッチンれん(洋食/六本木)|ネオンきらめく六本木で都会のオアシスのような洋食屋を発見。界隈ではちょっと知られた存在で、もうすぐ開店20年になるという人気店だ。
更新: 2018-12-26 18:00:00
Tomi’sキッチン(洋食/鐘ヶ淵)|思わずスタンディングオベーションしたくなる愛らしい黄色のフォルム。ギュッと詰まったチキンライスは注文があってから食材を切り、パラリとした食感になるようひとつずつ丁寧に調理される。
更新: 2018-12-25 18:00:00
最新の投稿
 伊勢佐木町商店街の関内駅側出入口から野毛へと抜ける道すがらの一角こそ“バーの街”とも呼ばれる吉田町。そこで木と鉄格子のワイルドなファザードで待ち受けるバー。
更新: 2019-03-22 18:00:00
手軽につまめるファストフード感覚の〈いなり寿司〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。ニューウェイブが増えている東京都内のいなり寿司をご紹介!
更新: 2019-03-22 13:55:22
手軽につまめるファストフード感覚の〈太巻き〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。具だくさんが楽しい東京都内の太巻きをいろいろご紹介!
更新: 2019-03-22 13:55:40
 “バーの街”吉田町を、大きな窓から見下ろすようにたたずむこの店のテーマは「バー未経験の女性がひとりで安心して来られる店」。それもそのはず、オーナーは女性バーテンダー!ならではの洗練された空間だ。
更新: 2019-03-21 18:00:00
 昼夜で名称こそ異なるが、このコースが昼夜共に1620円という衝撃価格!メインは週替わりで、ポークのコルドン・ブルーや肉汁あふれるハンバーグなど、フレンチの技法を駆使した実直な仕事が伺える料理が登場する。
更新: 2019-03-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt