MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
石川町駅から徒歩3分!繊細で贅沢な料理を驚愕のコスパで味わえる♪

石川町駅から徒歩3分!繊細で贅沢な料理を驚愕のコスパで味わえる♪

 昼夜で名称こそ異なるが、このコースが昼夜共に1620円という衝撃価格!メインは週替わりで、ポークのコルドン・ブルーや肉汁あふれるハンバーグなど、フレンチの技法を駆使した実直な仕事が伺える料理が登場する。

ビストロ 山.海.葉っぱ(最寄駅:石川町駅)

この週の「シャリアピン風ステーキ」は、マリネされた柔らかな豚肉と飴色に炒めた玉ネギソースの甘みが絶品。湘南野菜を中心とした野菜たっぷりの付け合わせも魅力だ。追加料金でステーキや魚料理に変更可。

葉っぱディナー
1620円

メイン<週替わり>、サラダ・スープ<数日ごとに変更>、お替わり自由のパンまたはライス、コーヒー付き

人気の「シーザーサラダ」はパルメザンと鮮度抜群のロメインレタスがてんこ盛り。ドレッシングにはゴルゴンゾーラが入り、クセになる味だ。白インゲン豆たっぷりのスープも付く

牛ホホ肉の赤ワイン煮
2484円

赤ワインを贅沢に使って煮込んだホホ肉はトロトロかつ濃厚。添えられたポテトグラタンは、低温でじっくり調理されることで驚愕の甘さに。30種類以上揃うワインと一緒に楽しみたい

アミューズ※内容は日替わり

食事の注文でもれなく提供されるアミューズ。ホタルイカには西京味噌、鶏レバーにはマーマレードをほんのりアクセントにするという、どんな小さな一品でも手を抜かない仕事に感嘆(手前からブロッコリーとシラスのガーリック風味、ホタルイカのマリネ~西京味噌の香り、鶏レバーのカナッペ~キンカンのマーマーレード添え)

お店からの一言

オーナーシェフ 平尾正信さん

「2席のみのカウンターは人気の席です」

ビストロ 山.海.葉っぱの店舗情報

[住所]神奈川県横浜市中区石川町3-107-2 アドゥパ元街2階 [TEL]045-263-8201 [営業時間]11時~15時(14時LO)、17時半~22時(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]水(7月~月休) [席]カウンターあり、全16席/全席禁煙/予約可/カード可/サ、お通し代なし [交通アクセス]JR根岸線石川町駅南口から徒歩3分

電話番号 045-263-8201
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
笑っちゃうほどトリュフ山盛りのトーストに度肝を抜かれたかと思えば、これまたウニどっさりの野菜ムースの旨さに絶句。とそこへ酒場の定番、ハムカツだ。
 昨年11月に神田から神楽坂へ移転。フランスの一流レストランで腕を磨いた大谷大三郎シェフの伝統的かつオリジナリティあふれる料理が楽しめる。
神楽坂のフレンチの名店『ラ・トゥーエル』やフランスで修業を積んだシェフ・金田賢二郎さんのベースは伝統的なフレンチ。その中に、季節感や今の時代のテイストが巧みに盛り込まれている。
契約農家から毎朝届く朝採れの三浦野菜を中心に、定番から珍しい品種まで50種以上の野菜を使うビストロ料理が評判。生産者支援も根底にあるため、市場で流通されない規格外も受け入れ、ほぼ余すところなく利用する姿勢もこの店の魅力だ。
446views フレンチ
鎌倉は由比ヶ浜で人気の古民家の蕎麦屋『鎌倉 松原庵』。その趣と味を持ち込み、表参道のけやき並木を見下ろす空間は、一瞬どこにいるか忘れる風情だ。
希少部位の握りに、目の前で炙った赤身の七輪焼き。とび切りの黒毛和牛をハイコスパで味わうならば、ここを訪れるべし!
ドイツで100年以上愛されているバウムクーヘン。卵、バター、小麦粉など素材の味が広がる素朴な美味しさは万人受け間違いなし。
創業して52年目。 その老舗そば店は、京都洛北の大幸寺にルーツがある。 時代は江戸まで遡る。300年以上伝承されてきた「そば打ち秘伝」「つけ汁仕立て御式」を受け継いだのが「そばよし LINKS UMEDA店」だ。
性格が子どもじみているのかもしれないが、私は混ぜる食べ物が大好きである。 そんな混ぜるの大好き! おっさん女子的に混ぜたい食べ物の王道は、石焼ビビンバだ。 そして吉祥寺で石焼ビビンバを食べるのは、ダイヤ街のビルの2階にある『D韓』です。 食べ盛りの若い男子は、ランチ食べ放題がおすすめだよ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt