MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
神奈川県元町で味わうトルコ料理!本場の味はそのまま日本人の口に合う優しい味付け♪

神奈川県元町で味わうトルコ料理!本場の味はそのまま日本人の口に合う優しい味付け♪

 本場の味はそのままに、日本人の口に合うメニューを厳選したトルコ料理店。トルコ出身のシェフは、多様な地域性をもつトルコ各地の料理に精通、イタリア料理店でも腕を磨いた経験者だ。

RESTAURANT ZEYTIN(最寄駅:元町・中華街駅)

 スパイス類もすべてトルコから仕入れ、素材の持ち味を引き出した料理が自慢。味付けはやさしいのに、スパイスの効果かお酒が進む味わいだ。チェリーの芳醇な香りが特長のマハレブ・ワイン(756円)などと一緒に舌鼓を打ちたい。

ベイティ(ハンバーグのトルティーヤロール、トマトソースがけ)
1998円

トルティーヤと似た「ラワシ」という生地の中には、オレガノが利いた牛100%のハンバーグとオニオンが入っている

風船パン※要予約
270円

「トルコパン」は焼きたてではぷっくり膨らんだ「風船パン」になる。パリッとした食感でブラッククミンとゴマが香る

クイマル・ピデ(ひき肉のピデ)
1512円

牛挽き肉をトマトやピーマン、香味野菜などと合わせた具を包んだトルコ風ピザ。独自配合の生地は小麦の風味豊か

前菜の5種盛り
1620円

右上から時計回りで、フムス、ラタトゥイユ地中海風、ナスのペースト、エズメ、ほうれん草とヨーグルトの前菜。とろりとした舌触りと爽やかな風味の「ナスのペースト」、「エズメ」は夏野菜のペーストでシャキシャキとした食感。「トルコパン」と一緒にどうぞ

お店からの一言

料理長 メンデレス イーデリさん

「オリーブオイル豆類などもトルコ産です」

RESTAURANT ZEYTINの店舗情報

[住所]神奈川県横浜市中区山下町25 ニューポートビル2階 [TEL]045-264-8097 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時半~22時(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]日、不定休 [席]カウンターあり、全30席/全席禁煙/予約可/カード可/サ、お通し代なし [交通アクセス]みなとみらい線元町・中華街駅3番中華街口から徒歩3分

電話番号 045-264-8097
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
新大橋通りに面した角に立つ小さなお店。中に入ると、多種多様なベルギービールが棚にずらりと並び、常時50~60種もの味を楽しめる。
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
 ドイツワインの奥深さに魅了された店主が、現地での研修などを経て2016年にオープン。定番のボトル12種と7~8種の日替わりグラスワインを揃える。
ゴドノフ東京 丸の内店(洋食・西洋料理/丸の内)|ロシアで人気の老舗レストラン『ゴドノフ』。丸の内にオープンした日本1号店は、重厚感のある本店と違い、場所柄気軽に入れるようロシアンバルを掲げ、カジュアルに展開。
新橋にシチリア島の南に浮かぶ島国、マルタ料理の店「レストランマルタ」。オーナーの髙宮さんが現地で学んだ家庭の味をランチでも楽しめる。
ワイワイ、カチャカチャ。ビストロらしい賑わいが似合う店だ。メニューには「フランスの片田舎にあるようなワイン居酒屋」とあり、気取りなく、一方でワインに対して気の利いたアテが揃っている。
大正時代から続く老舗を若き5代目が継いだのは24歳の時。理由は先代の急逝だった。伝統を守りながらより高みを目指し、今35歳。
厳選の国産米を4時間以上かけて炊いたおかゆを12種類提供。看板商品の「POPEYE」(950円)は、ほうれん草のおかゆ。
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt