MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
名古屋エリア限定グルメ情報(65) 岐阜・笠松町にあるうどんの名店『角浅』がイタリアンとのコラボに挑戦!

名古屋エリア限定グルメ情報(65) 岐阜・笠松町にあるうどんの名店『角浅』がイタリアンとのコラボに挑戦!

岐阜県は、国的な知名度を誇る飛騨牛をはじめ、ブランド豚の美濃けんとん、奥美濃古地鶏など、食材の宝庫。今回は番外編として、岐阜で私が見つけた美味しい店『手打ちうどん 丼物 角浅(かくあさ)』を紹介しよう。

岐阜・笠松町にあるうどんの名店『角浅』がイタリアンとのコラボに挑戦!



全国的な知名度を誇る飛騨牛をはじめ、ブランド豚の美濃けんとん、奥美濃古地鶏など岐阜県は食材の宝庫。

今回は番外編として、岐阜で私が見つけた美味しい店を紹介しよう。


愛知県との境、岐阜県南部にある笠松町。

地元で知らない人はいないほど有名なうどん店がある。

それが創業68年の『手打ちうどん 丼物 角浅(かくあさ)』だ。


店構えこそ、どの町にもあるうどん店のように見えるが、その人気は凄まじく、昼11時の開店と同時に満席になるほど。

常連客も多く、祖父母と両親、子ども、孫の四世代にわたって通い続ける人もいる。


多くの客を唸らせているのが、4代目の店主、金森隆志さんだ。

人一倍探究心が強く、つゆや麺に使う材料を一から見直し、地元で古くから親しまれている味をブラッシュアップさせている。

「だしのベースとなるのは、東海地方のうどんには欠かせないムロアジです。
味に奥行きが出るように、荒削りしたものと燻煙したものの2種類を使っています。
華やかで力強い味わいをお楽しみください」(金森さん)


金森さんがもっともこだわるのは、手打ちの麺。

小麦粉は愛知県産の「きぬあかり」と三重県産の「あやひかり」をブレンドして打ち上げる。

一昼夜寝かせることで熟成させた麺は、やわらかいのど越しともっちりとした食感が特徴だ。


こちらは、白醤油のかえしを使った上品な味わいのつゆでネギと油揚げ、椎茸を軽く煮込んだ「しのだうどん」(600円)。

ムロアジのダシに椎茸の旨みと香りが加わったつゆは、絶品そのもの。

しのだうどんは、東海地方にしかないメニュー。

私もよく食べるのだが、ここまでコクのあるしのだうどんは初めて食べた。



さらに、箸が止まらないほど旨かったのは、これから暖かくなるにつれて食べたくなる「ころうどん」(550円)。

冷たいつゆで味わうので、金森さん自慢の麺ののどごしと弾力のあるモチモチとした食感を思いきり堪能することができた。また、やや甘めのつゆが麺そのものの美味しさを見事なまでに引き立てている。

とにかく、麺とつゆの一体感がハンパないのだ。

これは前出のしのだうどんも同様だ。



金森さんは、うどん以外にきぬあかりやあやひかりで生地を作って、ロールケーキやクッキー、タルト、シュークリームも作るというからスゴイ。

なかでも、手打ちの生パスタは趣味のレベルを超えている。



今年2月、『角浅』と岐阜市柳津町にある人気のパスタ専門店『abbondare(アッボンダーレ)』のコラボイベントが開催された。

金森さんが打った生パスタに『abbondare』のオーナー、丹度忍さんがそれに合うソースを作るというものだ。

当日は、肉料理や魚料理も付くコース(4400円)も用意するというので行ってきた。



まずは前菜。

写真右から、「大根のポタージュ」、「ゴルゴンゾーラのアランチーニ(ライスコロッケ)」、「カリフラワーのブランマンジェ」、「パテ ド カンパーニュ」。

どれもかなり手が込んでいて、否が応にも次の料理への期待感が膨らむ。



魚料理は、「真鯛のポワレ 春野菜添え 新玉ねぎのソース」。

真鯛の火の入れ方や味の加減は完璧。

春野菜ならではの濃厚な味わいが春の訪れを実感させる。

キリッと冷えた白ワインかスパークリングワインと合わせたいひと皿だ。



続いて、肉料理は「アンガス牛のグリル ポルト酒のソース」。

目の前に運ばれたとき、そのボリュームに驚いた。

メインであるパスタが食べられるかどうか不安だったが、ソースにやや酸味があり、肉もやわらかい。

不安をよそにペロリと平らげてしまった。


いよいよメインのパスタ。

こちらは私が注文した「豚バラとキノコの和風バターしょうゆ味」。

味のベースは、『角浅』で使用しているムロアジのだし。

バターを用いることで和風パスタではあるものの、かなり和のテイストは抑えられている。

これぞまさしく角浅流手打ちパスタの真骨頂だ。



パスタはきしめんのような平打ちのフィットチーネ。

噛んだときにはじき返すような、もっちりとした弾力が心地良い。

そして、噛むごとにパスタに染み込んだムロアジのダシと豚バラ、キノコの旨みが広がる。

『角浅』のうどんの進化形を目の当たりにしたような気分になった。


こちらは、同行者が注文した「海老とブロッコリーのトマトクリーム」。

この、トマトクリームのソースは『abbondare』の大人気メニュー。

ほのかな甘さの後に、海老の味と香りがふわっと広がる。

クリームソースと相性抜群のフィットチーネだからこそ、この味わいが完成したのだろう。

まさに、『角浅』と『abbondare』のコラボメニューである。


最後にデザート。

「クレームブリュレ」と「ロールケーキ」の2種盛り。

実はこのロールケーキも、金森さんがうどんに使用する粉で焼き上げたものだ。

しかも、そこらの洋菓子店よりもレベルが高い。

最後まで“金森ワールド”を楽しむことができた。

しかし、残念ながら、このイベントは1年に1回。


次回も必ず行くと心に決めた。


手打ちうどん 丼物 角浅
[住所]岐阜県羽島郡笠松町田代820-1
[TEL]058-387-2736
[営業時間]11時~21時
[定休日]水、第3火曜


abbondare
[住所]岐阜県岐阜市柳津町蓮池5-8 1F
[TEL]058-387-8868
[営業時間]11時~15時(14時半L.O.)、17時半~21時(20時45分L.O.)
[定休日]月曜 ※火曜はランチタイムのみ営業








永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
連日の猛暑で外出するのも億劫になる。そんなときは、味噌煮込みうどんを食べて涼しくなろう! えっ? 余計に暑くなるって!? いやいや、食べれば食べるほど涼しくなる味噌煮込みうどんを名古屋市中区新栄近くにある『吉野屋』で発見したのだ……。
更新: 2019-08-20 15:50:00
エビフライは十分にメインを張れるメニューだと思う。では、えびかつはどうだろう。エビ風味のはんぺんばかりでえびはほとんど入っていない……。そんなイメージではないだろうか。私もそうだった。あの、えびかつに出会うまでは……。
更新: 2019-08-13 16:10:00
いよいよ、夏も本番。 こんなにも暑いと、仕事を終えて家に帰る前にサクッと飲みたくなる。それも、できれば駅から近いところで。そこで今回紹介したいのは、JR名古屋駅のホームにある『かきつばた』。開店の11時からお酒がのめる、「せんべろ」のお店だ……。
更新: 2019-08-02 16:02:00
夏を代表する名古屋めしといえば、キリッと冷えたきしころ。 今回紹介するのは、愛知県春日井市にある『えびすや 勝川店』。地元の人々に愛され、今年7月で創業40年目を迎えた。これまで私は、数多くの店できしころを食べ歩いてきたが、ここはかなりレベルが高い。自信を持って勧められる店なのだ。
更新: 2019-07-25 16:31:00
名古屋では、ここ10年くらいの間に5000円程度で本格的な寿司が味わえる店が少なくなった。 そんななか、JR中央本線大曽根駅前の『おおぞね鮨』は、今年5月にリニューアルオープンしたのを機に驚くべき変貌を遂げた。 もっと地元の方が気軽に楽しめるように、思いきってリーズナブルな価格にしたというのだ……。
更新: 2019-07-09 16:15:00
最新の投稿
連日の猛暑で外出するのも億劫になる。そんなときは、味噌煮込みうどんを食べて涼しくなろう! えっ? 余計に暑くなるって!? いやいや、食べれば食べるほど涼しくなる味噌煮込みうどんを名古屋市中区新栄近くにある『吉野屋』で発見したのだ……。
更新: 2019-08-20 15:50:00
魚は全国の選りすぐりの漁師船から買い付け。その日の朝獲れたピチピチ鮮魚のほか、「神経〆」という特別な絞め方をされた旬魚が届き、一番美味しい状態で出せるよう、魚によっては寝かせて熟成させる。
更新: 2019-08-20 12:00:00
氷が見えないほどクリームで覆い尽くした、インパクト大な“苦くない抹茶”のかき氷。3種のソースが使われており、味わいのバランスが絶妙で美味しさはもちろんだが、掘っていく楽しみもある。
更新: 2019-08-19 12:00:00
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt