MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
GINZA 六覺燈 Vin(串揚げ/銀座)

GINZA 六覺燈 Vin(串揚げ/銀座)

『銀座 六覺燈』が「もっと六覺燈の串カツを知っていただこう」と、カジュアルラインのお店をオープン。 木目を基調としたバルのような店内は、大きな窓から銀座の街並みが見下ろせて、開放感抜群だ。

GINZA 六覺燈 Vin(最寄駅:銀座駅)

 串カツの20本コースは本店が1万2380円だが、ここでは5500円。赤ワインをベースとしたオリジナルのオーガニックソースをはじめ、5種類のソースでいただくスタイルは変わらず。本店と違ってアラカルトでの注文もOK。カマンベールブルーベリーソースなど、ここでしか食べられない創作系を中心に33種揃える。 また、契約農家から直送される野菜も自慢。串はもとより、一品やサワー、ハイボールにも活用。味の濃さや甘みがあり、新鮮さを感じる。 串、酒、野菜に満足できる1軒だ。

六覺燈串カツコースおまかせ
10本コース 3800円

油切りをして揚げる串カツは、衣が薄めでふわっサクッ。串は、とんぶり鶏ササミ大葉巻き、牛ヘレ、エビ、えんどう豆コロッケなど。内容は日によって異なる。ほか、15本、20本のコースも用意

カンフォ テンプラニーリョ(左)、カンフォ アイレン(中)、ハーブ香る上杉さんのべっぴんレモンサワー(右)
500円、500円、650円

500円~のグラスワインは、プレミアムな銘柄以外どれもグラスで注文可。ボトルは2800円~。大分から直送のレモンを使ったサワーは、皮まで食べられるものでエグミなし! ハーブの香りも爽やか

GINZA 六覺燈 Vinの店舗情報

[住所]東京都中央区銀座3-2-15 ギンザ・グラッセ8階 [TEL]03-6263-0971 [休日]無休 [営業時間]11時~15時半(14時半LO)、17時~23時(22時LO)、日・祝11時~16時(15時LO)、17時~22時(21時LO)※ランチタイム有 [交通アクセス]地下鉄丸ノ内線ほか銀座駅C8出口から徒歩2分


電話番号 03-6263-0971

2018年7月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 まずは串カツ。ソース2度漬け禁止の関西流だが、そのソースにはシャモロックのガラのダシを加えるなどひと工夫し、八戸流に仕上げている。
厳選された旬の食材に、完ペキなる火入れ、サックリ軽い食感と、この串揚げの旨さの理由を挙げればキリがない。が、あえてひとつ注目するなら、それはパン粉だろう。
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
創業から半世紀以上のモツ焼きの老舗。毎日仕入れる新鮮な豚モツを炭火で香ばしく焼き上げる。
夜はお任せで串揚げを提供する店。内容や味わいといったバランスを考慮しながら、肉、魚介、野菜などが2本ずつ供される。
フルーツブランデーは果物から造られるヨーロッパの蒸留酒だが、日本では認知度の低い存在。世界的にも専門バーはほとんどないという。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
三軒茶屋のすずらん通り沿いにあるバー。3階はオーセンティックなバーだが、2階はクラフトジンを中心としたボタニカル・バーで、雰囲気も接客もカジュアル。
一歩入れば"榎本劇場"の始まりである。音楽は寿司屋らしからぬジャズ。目の前で活きエビを捌いて握るなどカウンターで熟練の技を魅せるのは店の主、榎本さんだ。軽妙な語りも加わり客の気分を盛り上げてくれる。
2016年に開業するや、『ミシュランガイド東京』で、2018、2019一ツ星を獲得した南俊郎シェフの店。テイクアウトで点心や中国茶を販売。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt