MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
加賀能登の旬彩と地酒 㐂尾(居酒屋/日本橋)

加賀能登の旬彩と地酒 㐂尾(居酒屋/日本橋)

 2018年3月に開店したばかりのフツーの立ち飲みなのに、何だ? このいい感じ。秘密は毎日変わる手書きメニューにあり。

加賀能登の旬彩と地酒 㐂尾(最寄駅:神田駅)

店主の故郷、石川の食材をふんだんに使った酒肴のオンパレードなのだ。仕入れで変わるが、例えば七尾漁港直送のキスやメバルを丸ごと一匹揚げる唐揚げは、噛むとバリバリ音がするほど骨まで食べられてめっぽう旨い。作るのは和食歴約30年のベテラン料理人。しかも地元の卵で作る茶碗蒸しや加賀のぬか床を使う漬け物など、自家製の味がほぼ100~300円台の安さとくればもう笑いが止まらない。おまけに15時から飲めるなんて最高。ランチもご覧の充実度。昼も夜も、大人のパラダイスと呼ばせていただきます。

日替わり定食(数量限定)
750円

ランチは日替わりの1種のみ。魚と肉の料理が各1品、小鉢やあら汁も付く。写真は「牛すじの肉じゃが」と刺身など。早い時は13時前に完売する場合も

日本酒3種お任せセット
1000円(380円以内のお料理1品付き、写真はかわはぎの肝和え)

酒は店主のおまかせ。石川県の本醸造1種が必ず入る。写真は石川の地酒3種。地元にしか出回ってない銘柄もある。つまみはその日のメニューから選べて、380円以下のものなら何でもOK。写真は「かわはぎの肝あえ」。酒にすこぶる合う!

鱚の唐揚げ(1尾)
180円

キスを丸ごと揚げた唐揚げ。秘伝の調理法で骨までサックサクだ。仕入れで食材は変わる

かんぴょうわさび巻き
380円

酢飯でなく温かいご飯の巻き物。かんぴょうも自家製

鮮魚の3点盛り
380円

日替わりで写真はワラサ、イワシ、スルメイカ

茶碗蒸し
280円

地元の卵を使う上品な味

石川の地酒のほか全国の酒を厳選

お店からの一言

店主 中川登雄さん

「故郷石川の食材の美味しさを広めたくてオープンしました」

加賀能登の旬彩と地酒 㐂尾の店舗情報

[住所]東京都中央区日本橋本石町4-5-7 安部ビル1階 [TEL]03-6281-9990 [営業時間]11時半~13時LO、15時~23時(22時LO)、土15時~21時LO※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]スタンディング15~16名/全席禁煙/予約不可(応相談)/カード不可/サなし [交通アクセス]JR総武線新日本橋駅出口2、JR山手線ほか神田駅南口から徒歩4分


電話番号 03-6281-9990

2018年7月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
青森の地酒に食材、そして青森の郷土料理も堪能できる、青森出身の女性オーナーのこの店でもバイスが味わえる。そういえば、バイスにはリンゴ果汁が使われてるし、青森に大森……このシンクロニシティーに酔う。
更新: 2019-06-20 13:12:38
隣の鮮魚店が実家とあって、主人の魚の目利きや扱いはさすがのひと言。隣から仕入れる魚はもちろん、足立市場まで足を延ばしていいものを探し、リーズナブルに提供している。
更新: 2019-06-20 13:50:52
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 14:53:34
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-17 14:59:13
酒の肴と呼ぶにふさわしい料理の数々が壁の品書きに並び、それを眺めているだけでも楽しい『タキギヤ』。主人の小林さんはその日仕入れた食材を、奇をてらわない料理に仕立てる。
更新: 2019-06-20 13:53:59
最新の投稿
外観を見ただけでピンときた。 昭和レトロを感じさせる外観だが、古さを感じさせないモダンな内外観。 玉造にある大衆酒場「タムヤ」は、店主田村一廣さん(42)のこだわりが散りばめられている。 しかも、店主の体型と同じでとにかく料理のボリュームがヤバイ!
更新: 2019-07-18 16:03:00
名古屋のおすすめ居酒屋&ダイニングバーをご紹介!安くて美味しいリーズナブルなお店や、ゆっくり個室で呑めるお店、デートにぴったりなオシャレなお店など、グルメライターが実際に食べ歩いて見つけたお店をカテゴリ別にご紹介します!
更新: 2019-07-18 18:31:06
名古屋には全国に展開しているチェーン店も含め人気のある有名ラーメン店がたくさんあります!ここではグルメ雑誌「おとなの週末」のラーメンライターが特におすすめしたい、本当に旨いお店を、厳選してご紹介!写真や最寄り駅の情報も掲載しています。
更新: 2019-07-18 14:03:48
中華の経験を活かした“痺れ系”ラーメンの専門店で、“汁あり”、“汁なし”、夏は“冷やし”と3種の担々麺を展開する。定番の“汁あり”は、豚をメインにした厚みのあるスープ。
更新: 2019-07-18 12:00:00
清流の名前をもった第3セクター鉄道が長良川鉄道です。 その名前の通り、ほとんどの区間で長良川に沿って走ります。 もともとは国鉄越美南線(えつみなんせん)、1986年に第3セクター鉄道に転換されました。 この路線の中ほどにあるのが郡上八幡駅。 水と郡上踊りで知られる城下町、郡上八幡への玄関口です……。
更新: 2019-07-18 11:46:41

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt