MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
至福の鯖百選[9] 八戸前沖さば×タレは、もはや「肉」!?  「八戸サバ缶バー」新作登場!!

至福の鯖百選[9] 八戸前沖さば×タレは、もはや「肉」!? 「八戸サバ缶バー」新作登場!!

サバ缶が限りなく多彩化するいま、また新たな味わいの絶品サバ缶がデビューした。味付けはなんと「タレ」!  3月21日に発売になった「八戸サバ缶バー」新作の魅力をご紹介!

八戸前沖さば×タレは、もはや「肉」!? 「八戸サバ缶バー」新作登場!!


昨年は怒涛のごとく、さまざまなサバ缶がデビューしたが、ひときわ印象的だったのが「八戸サバ缶バー」。

昭和27年創業、青森県八戸市の水産加工メーカー・マルヌシが「八戸みやげの新定番を作りたい」と開発したサバ缶だ。


カラフルでスタイリッシュなパッケージ。

6種類の多彩な味付けが話題をよび、たちまち大ブレイク。


使用されているのは、青森が誇るブランドサバの「八戸前沖さば」。

本州における最北端の漁場である八戸港。

秋の早い時期から海水温が下がり、冷涼な水温で育まれたサバは、脂が身の全体に入り、肉でいえばまさに霜降り。

いわばサバの「大トロ」ともいえる味わいを堪能できる。

[八戸前沖さば。脂が身の全体に入り、とにかく麗しいまでに「脂ギッシュ」!]


八戸前沖さばの美味しさをいかしながら、「バーで、さまざまなお酒を味わうように、いろいろなサバ缶を楽しむ」をコンセプトに、さまざまな味付けを検討することになった。

30種類近くの味付けを検討した結果、「津軽海峡の塩」「ゆずこしょう」「グリーンカレー」「アヒージョ」「トムヤムクン」「ハバネロ」の6種類が2018年3月にデビュー。

HPには「八戸前沖さばで世界のグルメ」というコピーが躍るとおり、八戸発タイ、スペイン、メキシコとハンパない「回遊」っぷりだ。

[八戸サバ缶バー」。
「津軽海峡の塩」「ゆずこしょう」「グリーンカレー」「アヒージョ」「トムヤムクン」「ハバネロ」。
パスタやピザ、春巻きなど多彩なアレンジでも楽しめる。]


どれも八戸前沖さばのバツグンの脂のりと旨みを上手にいかした味付けで、美味しい。

ジェンヌ的には、スパイスがきいた「グリーンカレー」と「トムヤムクン」がお気に入り。


そして、この3月21日、7種類目がデビューを飾った。

じゃーん。


登場したのは「スタミナ源たれ」!

[3月21日にデビューした「スタミナ源たれ」。3月8日サバの日には地元でお披露目され、八戸市民のハートをわしづかみ!]


通称「源たれ」。

青森県では「ド定番」の調味料。

八戸サバ缶バー、世界を回遊して地元にリターン! 

タレで味付けというサバ缶も、かなりレアである。


源たれは「上北農産加工農業協同組合」の30年にもわたるロングセラーで、青森ならではのリンゴやニンニクをたっぷり使い、容器の下には沈殿するほどたっぷりさまざまな生野菜をブレンド。

コクと風味がバツグンのタレで、青森県のご家庭の冷蔵庫には「必ずある」というアイテム。

[「ときめきの脂ギッシュ」が魅力の八戸前沖さばの身に、しっかりと源たれがしみこんでいる。うっとり]


基本は「焼肉のタレ」だが、サバとの相性もよい。

毎年、八戸で開催される「八戸前沖さばアイデア料理コンテスト」でも、このタレを使った作品が応募されることも多い。

試食しても、青魚界においてもっとも「肉的パンチ」のあるサバを、ググッと引き立て、印象深いメニューになっていたのが印象的だった。


じつに「サバランス」のいいタレなのである。


しかし、源たれを缶詰にそのまま使ってみると、サバから出た水分で味が薄くなったり、加熱によって風味が変わってしまったらしい。

愛する源たれの味わいをそのまま再現すべく、タレそのものをサバ缶用に調整。

試作に試作を重ねて完成したという。


さてそのお味は。

「肉やんか!」


きゃー。

完璧に、サバが「肉」と化している!

[きわめてコクうま。白めしエンドレス]


そもそも、脂がノリノリの八戸前沖さば。

源たれがからんだ皮目のトロンとした部分は、まるで「霜降り」。

血合いの部分は「まるでカルビ」。

ひえー。

サバ缶で「サバーベキュー」状態。

ミラクル!

[美しすぎる皮目部。とろける味わいはまさに「霜降り」!]


しかも、源たれマジックで、大変に「後引く味わい」。

うまいっ!!

食べ進めるうち、はた、と思い浮かんだ。

このコクのある味わい。

「あれ」が合うんではないかと。




はい、こちら。

[禁断の「バターのせ」。トロうま! やばい。やばいけど、ホットケーキの上にいるよりバターが輝いて見えるのはジェンヌだけだろうか……]


源たれがしみたサバをバターが、まろまろくるみこんで魅惑のマイルド化現象! 

つまみによし、カリッと焼いたトースト、そして米にも合う! 


「源たれサバター丼」(クレソンが合います)も、ぜひお試しを。



そして、お楽しみはもうひとつ。

缶汁! 

まさに「八戸前沖さばのだし入り源たれ」と化した缶汁だけで、たぶん白めしが3杯食べられる! 

恐るべし、「白めし無限缶汁」! 

[缶汁も「ごはんの友」……]



新たな地元回遊は大成功。

ゆくゆくは「38種類の味付け」を目指しているという八戸サバ缶バーの今後が楽しみだ。


八戸サバ缶バー
八戸前沖さばでめぐる、世界のグルメ
詳しい商品の情報は、
https://38canbar.jp


「商品撮影/木村雅章(全日本さば連合会 サバフォトグラファー)」











池田陽子(いけだ ようこ)
サバファンの集い「鯖ナイト」や、日本中のサバ好きが集まる「鯖サミット」などの活動を担う「全さば連(全日本さば連合会)」広報担当/サバジェンヌとして活躍。本業は薬膳アテンダント/食文化ジャーナリスト。著書に『ゆる薬膳。』(日本文芸社)、『缶詰deゆる薬膳。』(宝島社)、『春夏秋冬ゆる薬膳。』(扶桑社)、「ゆる薬膳。」はじめたらするっと5kgヤセました!(青春出版社)、『サバが好き!』(山と渓谷社)など。『サバ薬膳簡単レシピ』(青春出版社 2月20日発売)

このグルメ記事のライター
池田 陽子@まとメシ

サバファンの集い「鯖ナイト」や、日本中のサバ好きが集まる「鯖サミット」などの活動を担う「全さば連(全日本さば連合会)」広報担当/サバジェンヌとして活躍。本業は薬膳アテンダント/食文化ジャーナリスト。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
今年も多彩なサバ缶がデビューを果たしたが、いまジェンヌがときめきまくっているのがこちら。2019年10月に発売がスタートした北海道・ノフレ食品「keith缶詰シリーズ」のサバ缶。 なにがどうって、このおしゃれっぷりがたまらないのだ!
福井県ならではの郷土料理「サバのへしこ」。 日本海に面した福井市越廼(こしの)地区。寒流と暖流が交わる好漁場で漁獲された、豊富な海の幸が茱崎(ぐみざき)漁港に水揚げされる。 前回は福井県若狭地方のへしこを紹介したが、県北部にも絶品のへしこがあると聞いて、訪ねてみた。
サバが古来より郷土料理として身近なのが「鯖街道」を有する福井県若狭地方。 「行き腐れ」といわれるほど足がはやい鯖の鮮度保持のために、独自の加工技術が発達した。代表的なものが「サバのへしこ」(サバのぬか漬け)。この地域ならではの保存食だ。
11月2日、3日に開催されるサバグルメの祭典「鯖サミット2019In八戸」。 会場となる青森県八戸市は、「サバ缶としめさばの聖地」でもある。 そんな八戸の珠玉のサバグルメが一堂に会するのが、飯田橋の青森県アンテナショップ「あおもり北彩館」だ……。
全国の多彩なサバ料理が楽しめる「鯖サミット」。全さば連が事務局となって、2014年から毎年、秋に産地およびサバに力を入れている地域を巡回して開催、毎年数万人の来場者で大にぎわい!! 今年は、11月2、3日に開催される「鯖サミット2019in八戸」の情報を紹介します。
吉祥寺飲み&家飲みをしないおっさん女子だったが、最近では吉祥寺昼飲みを解禁した。 理由は“もーやってらんない”自分を、さらに甘やかすため。 休日の昼飲みは、居酒屋系のおっさん女子ですが、平日はオシャレ系です。しかもビールを飲んどります! 
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。
ラム肉も豚肉もしゃぶしゃぶに程よい厚みにカットされ、食べ応えがあるのがうれしい。「北海道」だからか、ダシに入っている昆布が立派だった。
店主の杉本さんは“ラーメンの鬼”と呼ばれた故・佐野実氏の下で約4年間修業した経歴の持ち主。旨い一杯への情熱は師匠譲り。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt