MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
フルーツ シェフ(カフェ/浜町)

フルーツ シェフ(カフェ/浜町)

 久松小学校正面に佇み、2018年5月に再オープンしたばかりの店。国産の旬の果実をふんだんに使ったパフェやクロワッサンサンド、夜になるとカクテルなどもと、様々にその瑞々しさを堪能させてくれる。

フルーツ シェフ(最寄駅:浜町駅)

ランチでは牛タンのコクたっぷりのシチュー(写真下)も用意。さらに、上のパフェまで付くという充実ぶり。また果実は購入することも可能なので、フルーツ好き要必食の1店舗です。

セットに付いてくるミニパフェ(内容は時季によって変わる)。ミニとは思えないボリューム。普通のパフェは1490円~

牛タンシチュー(バゲット、ミニパフェ付き)
1458円

ランチは写真の2日かけて煮込んだ牛タンシチューのほか、クロワッサンを使ったフルーツサンドなども用意

フルーツ シェフの店舗情報

[住所]東京都中央区日本橋久松町6-12 [TEL]03-6206-2626 [営業時間]11時~20時 ※ランチタイム有 [休日]日・水、土・祝は売り切れ次第終了 [交通アクセス]地下鉄都営新宿線浜町駅A1出口から徒歩5分


電話番号 03-6206-2626

2018年7月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 正直、「卵&コーヒーの組み合わせってどうなの?」と訝っていたが、ひと口味わって心の中で陳謝。「美味しい!疑ってごめんなさい!」。
更新: 2019-04-13 18:00:00
torse(カフェ/祐天寺)|駅から決して近くない。なのに開店前から行列ができるカフェ、それがココ。
更新: 2018-12-26 12:00:00
 新進気鋭のアトリエやショップが増え、注目されている蔵前エリア。この一角で2017年3月にオープン、紅茶は和紅茶のみを取り扱うのがこちらのお店だ。
更新: 2018-12-02 12:00:00
グルメライターが駒場東大前の[BUNDAN COFFEE & BEER]を実食レポート。“文学”というと、ちょっと取っ付きにくいイメージだが、食からアプローチしてみてはいかがだろう。日本近代文学館内のこのカフェでは、過去の名作に登場した料理や、食を愛した文人に由来するメニューを楽しめる。
更新: 2018-12-04 16:56:49
 1481年に建立された川崎市の信行寺。住職の浅野さんが「仏教の教えをもっと身近に感じてほしい」と、6年前に新丸ビルのカフェとコラボで1週間の寺カフェを開いたところ好評で、3年前に常設の寺カフェをオープンさせた。
更新: 2018-09-19 12:00:00
最新の投稿
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt