MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
【閉店】メンチケン|異なる素材が5種類! 魅惑のメンチカツ専門店(メンチカツ/神田)

【閉店】メンチケン|異なる素材が5種類! 魅惑のメンチカツ専門店(メンチカツ/神田)

「安心・安全」にこだわり、ほとんどの食材で国内産を使用するメンチカツ専門店。1番人気の看板商品は和牛100%メンチ 380円。メンチケン[交]JR中央線など神田駅南口から徒歩4分 ※ランチタイム有

【閉店】メンチケン(最寄駅:神田駅)

夜は、和食店とイタリアンで修業を積んだ店主による一品料理が並ぶ。 メンチカツは、細かめに挽いた肉をしっかりと練っており、素材の旨みが凝縮。粗めの生パン粉を使用するが、コーン油で軽やかに揚げられているので、何個でも食べたくなってしまう。 店主がひとりで調理するため、メンチが揚がるまでは時間を少し要することもあるので、タパスなどを先に頼むのがオススメ。ランチは、米切れで早仕舞いする日もあるため要注意。

和牛100%メンチ
380円

北海道産和牛の旨みが堪能できるメンチは、塩・コショウをベースとしたシンプルな味付けで1番人気の看板商品。添えられたホースラディッシュの香りがますます食欲をそそる

じゃぶ漬けメンチカツ丼(特製正油ダレ)
780円※スープ・キャベツ付き

メンチは150gと食べ応え充分のボリューム。メンチの味わいを引き出すため、甘みと酸味が一体化したタレにくぐらせる。クセになる味わいに女性客でもペロリと完食するそう

メンチケンサラダ
600円

生のホウレンソウがたっぷりで、秘伝のタレで炒めた挽き肉が全体の味わいをまとめている

もち豚とハーブのメンチ
380円

オレガノやフェンネルなどの風味が生き、ブランデーがほんのり香る。店主曰く「ソーセージのつもりで作った」という一品。粒マスタードが添えられている

地鶏のメンチ ゆずコショー風味
380円

しっとりとした地鶏に、自家製柚子胡椒がピリリとアクセントになっている。鶏肉の甘みとのコントラストに、一度食べるとヤミつきになる。自家製柚子胡椒付き

ラム肉のメンチ
380円

ラムの香りがしっかりと生きているメンチ。自家製のミントソースをつけると、ラム肉特有のクセがなくなりながらも肉の旨みだけが残るという不思議なバランスが魅力だ

100%エビメンチ
380円

芝エビのプリンとした食感を残し、つなぎにもエビを使用した正真正銘のエビ100%。ネギ、ショウガとナンプラーの香りがあと引く2番人気。和辛子とマヨネーズを添えて

メンチケン

東京都千代田区神田紺屋町6 紳洋ビル1階 ☎03-3527-1566 [営]11時半〜14時LO、17時半〜22時半(22時LO) [休]土・日・祝 [席]カウンター8席、2名×1卓 計10席/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし [交]JR中央線など神田駅南口から徒歩4分

電話番号 03-3527-1566
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
これほど本格焼酎の奥深い魅力に惹かれる店にはなかなか出合えない。整然と並べられたそれは圧巻の約300種。
更新: 2019-06-03 11:45:40
特大の海老天が4尾のるお重がジャスト1000円! 社長自らエビの輸入を手がける天ぷら専門店が3月にお目見えした。
更新: 2019-04-16 11:57:00
大山『とんかつ 豚しゃぶ 創作料理 銀扇』|テーブルに運ばれてきて、実際にその大きさを目にすると、「おーっ!」と感嘆の声を上げてしまった。ザクッ、プリッという爽快な歯ざわりのあと、ギュッと詰まった身の濃厚な味で満たされる。
更新: 2018-10-20 18:00:00
串天ぷら 段々屋(ダンダンヤ)/串揚げ、てんぷら/西新宿|目の前で職人が揚げてくれる熱々の天ぷらを、ふっくら炊かれたご飯と共に食す、まさに至福の定食。「松」は鮮度抜群のエビ、イカ、キスに旬野菜が2種類付き、これで750円は驚きのコスパ。
更新: 2018-09-10 10:16:16
隣接する「銀○」「魚○」と同じ系列店で、どこに入っても各店のメニューから越境的に頼める。『牛○』は字のごとく牛肉が売りで、中でも手ごねの「メンチカツ」が旨い。
更新: 2018-04-01 12:00:00
最新の投稿
広島に汁なし担々麺の文化を広めたパイオニアが東京に初出店。“広島汁なし担々麺”の代名詞である花椒がたっぷりかかるため、熱々の湯気と共に爽やかな香りが立ち上る。
更新: 2019-07-16 12:00:00
見よ、丼からはみ出したうなぎの迫力を! ひと切れ100g超えが二枚ドドンッ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
黒竜江省出身の店主夫婦が営む中国東北部の鉄鍋料理店。テーブルに埋め込まれた鉄鍋に、肉や香味野菜、白菜漬けや板春雨等々を入れ、スープを注いで煮込む。
更新: 2019-07-14 12:00:00
札幌の人気担々麺が東京に進出。店名の“175°”とはラー油を作る温度で、175℃の温度で3時間じっくりスパイスを煮出すことで深い旨みを引き出している。
更新: 2019-07-13 12:00:00
吉祥寺をフラフラしていると、喫茶店やカフェに吸い込まれてしまうおっさん女子である。 都内に好きな店が何軒かあるんだけど、銀座の場合は『K珈琲店』。 ここのカップ&ソーサーは、ウエッジウッドやジノリ、マイセンなどの高級系なのである。さらにお客さんの雰囲気に合わせてカップの柄を選んでくれて、出されるといった具合……。
更新: 2019-07-12 16:05:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt