MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
シングル オー(珈琲店/両国)

シングル オー(珈琲店/両国)

2003年にシドニーで立ち上がり、2014年に日本に上陸した「シングルオー」。焙煎とオンラインショップでスタートしたが、2年を経てテイスティングバーがオープンした。

シングル オー(最寄駅:両国駅)

「営業は土・日・月だけなのですが」。 そう話す店主の山本酉さんは本国で6年のキャリアを積んで帰国。ドイツのプロバット社製のヴィンテージ釜を用いて、火・水曜は焙煎に集中する。純度の高い分厚い鉄釡を使った焙煎は豆の中心部までムラなく焼け、香りも申し分なく仕上がるという。味わいでいえば、甘みを大切にしているのもここの特徴。甘みを引き出すには上質な生豆を用いること、焙煎が適正であることが絶対条件だ。浅過ぎず深過ぎず、甘みがピークに達する絶妙なタイミングで火を止めるという。飲み手も口に含んで味覚を研ぎ澄ませた時に、「これか」と微細な甘みを感じることができる。 
 メニューは華やかでしっかりとした味わいの「レザボアブレンド」を筆頭にシングルオリジンが3種。運がよければ、その年に収穫された最高品質の豆に与えられる称号「カップ・オブ・エクセレンス」にも出合える。

アイスドリップ(カロゴトケニア)
500円

濃度が絶妙で、コクがありつつも後味はすっきり

ミルクコーヒー(レザボアブレンド)
450円

牛乳は温めすぎず、甘みを最大に感じる温度で提供

エアロプレス(ブラジルCOE)
700円

2017年、エアロプレス世界大会で第2位を勝ち得たスタッフの成沢勇佑さんが淹れる。透明感のある雑味のない味わい

ブレンド100g/950円、250g 1900円、シングルオリジン3種 各100g/1000円、250g 2000円

お店からの一言

スタッフ 成沢勇佑さん

「エアロプレス、飲みに来てください!」

シングル オーの店舗情報

[住所]東京都墨田区亀沢2-23-2 1階 [TEL]03-6240-4455 [営業時間]土・日10時~18時、月8時~16時(祝日の場合は10時~18時)※ランチタイム有 [休日]火~金 [席]カウンターあり、全11席/全席禁煙/予約不可/カード不可 [交通アクセス]都営大江戸線両国駅A2出口から徒歩6分 ※テイクアウト可


電話番号 03-6240-4455

2018年7月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
こだわりは生産者の思いが詰まった良い豆を仕入れ、自家焙煎してその魅力をきちんと届けること。焙煎は6タイプ。
更新: 2019-04-21 12:00:00
2017年春、中央線の高架沿いに出現した「高円寺アパートメント」。1階には6つの個性的な店が軒を連ねる。
更新: 2019-04-19 12:00:00
明治21年に上野に誕生し、
喫茶店の原点と言われた
「可否茶館」。そこには書棚やビリヤード台が備えられていたという。
更新: 2019-04-17 12:00:00
この店があるのは、まだのどかな雰囲気が残る二子玉川商店街。店主の宮崎哲夫さん・モトコさん夫妻は二子玉川のスターバックスコーヒー、清澄白川のブルーボトルジャパンで立ち上げスタッフを経験したのち独立、コーヒーの移動販売も経て店を開いた。
更新: 2019-04-14 18:00:00
照明を抑えた店内には、静かで非日常な時間が流れている。寄り添ってくれるのは、優しく耳に届く音楽と季節の花、そしてコーヒー。
更新: 2019-04-12 18:00:00
最新の投稿
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt