MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
洋食屋 Naganuma(洋食/御嶽山)|「ガーリックメンチカツ」クセになる逸品

洋食屋 Naganuma(洋食/御嶽山)|「ガーリックメンチカツ」クセになる逸品

御嶽山の洋食店「洋食屋 Naganuma」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。日本橋の老舗洋食店などで30年以上腕を磨いた店主の洋食店。にんにく好きの店主による「ガーリックメンチカツ」は、肉汁がじんわりとにじみ出るパテとふんわりと香るにんにくがクセになる逸品。[交]東急池上線御嶽山駅から徒歩2分

洋食屋 Naganuma(最寄駅:御嶽山駅)

老若男女が愛してやまないザ・街の洋食屋さん!「ガーリックメンチカツ」クセになる逸品

 日本橋の老舗洋食店などで30年以上腕を磨いた店主が、夫婦ふたりで切り盛りする洋食店。幅広い客層に支持されているが、比較的、年配者や女性客が多く、優しい味わいが人気の秘密だ。 にんにく好きの店主による「ガーリックメンチカツ」は、肉汁がじんわりとにじみ出るパテとふんわりと香るにんにくがクセになる逸品。20日間かけて作られたデミグラスソースが深い味わいをもたらしている。 料理は基本的に、ライス・スープ付き、昼はドリンクも付いている。

ガーリックメンチカツ
870円

ラード100%で揚げているのに、くどくなくサクサクとした食感が楽しめる

フライ盛り合わせ(3品/左からメンチ、クリームコロッケ、カキ)
1100円

フライは写真のほか、エビ・チキンの全5種類。付け合わせのコールスローやポテトサラダも丁寧に作られているのがわかる味わい

ビーフシチュー
1300円

じっくりと煮込まれ、ほろりと柔らか。大根と小松菜のスープ煮は箸で切るとじわっとブイヨンがあふれ出すホッとする味になっている

洋食屋 Naganumaの店舗情報

東京都大田区東嶺町6-2 ☎03-3751-7570 [営]11時~15時(14時半LO)、17時~22時(21時半LO) [休]火 [席]カウンター4席、2名×1卓、4名×1卓 計10席/全席禁煙/カード不可/予約可/サなし [交]東急池上線御嶽山駅2番出口から徒歩2分

電話番号 03-3751-7570
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 地元・神奈川県産の食材をふんだんに使った洋食を提供。看板商品のナポリタンなど懐かしさを感じる味や雰囲気を残しながらも、素材にこだわるなど時代に合わせた料理がいただける。
更新: 2019-05-21 11:04:47
洋食タケル(洋食/根津)|看板オムライスは2種。ふわとろオムレツをチキンライスにのせたやつと卵で包む王道のやつ。
更新: 2019-01-07 12:00:00
洋食工房ヒロ(洋食/京成立石)|そそり立つ特大の海老フライ、その姿はまるでシャチホコ!? 見た目のインパクトもさることながら、旨さもケタ外れ。
更新: 2018-12-27 18:00:00
にっぽんの洋食 新川 津々井(洋食/茅場町)|昭和25年創業の老舗らしい本格洋食店。佇まいはほどよい緊張感だが、その期待をまったく裏切らない。
更新: 2018-12-27 12:00:00
キッチンれん(洋食/六本木)|ネオンきらめく六本木で都会のオアシスのような洋食屋を発見。界隈ではちょっと知られた存在で、もうすぐ開店20年になるという人気店だ。
更新: 2018-12-26 18:00:00
最新の投稿
隣の鮮魚店が実家とあって、主人の魚の目利きや扱いはさすがのひと言。隣から仕入れる魚はもちろん、足立市場まで足を延ばしていいものを探し、リーズナブルに提供している。
更新: 2019-06-18 12:00:00
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 14:53:34
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-17 14:59:13
酒の肴と呼ぶにふさわしい料理の数々が壁の品書きに並び、それを眺めているだけでも楽しい『タキギヤ』。主人の小林さんはその日仕入れた食材を、奇をてらわない料理に仕立てる。
更新: 2019-06-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt