MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
おっさん女子の吉祥寺パトロール(92) おっさん女子的に吉祥寺のナポリタンは乙女マインド、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(92) おっさん女子的に吉祥寺のナポリタンは乙女マインド、の件

先日、ふと思い立って、すごく好きだったのに平成の間に閉店した吉祥寺の店ランキング、というものを個人的に作成してみました。 そのリストの第2位に『STONE』(2010年閉店)がランクイン……。 その『STONE』から思い出した、今回のネタはナポリタンです。

おっさん女子的に吉祥寺のナポリタンは乙女マインド、の件


先日、ふと思い立って、すごく好きだったのに平成の間に閉店した吉祥寺の店ランキング、というものを個人的に作成してみました。

ちなみに、第3位あたりに『デニーズ吉祥寺店』(2008年閉店)がランクインしていたり、第6位あたりに『シャポールージュ』(2017年閉店)が入っていたり(連載16回参照)、という超個人的ランキングが展開されています。

そのリストの第2位に、『STONE』(2010年閉店)がランクイン……。

ご存じの方も多いかと思いますが、吉祥寺の南口から出てすぐ、本当にすぐ、駅から0秒と言ってもいいような店でした。

吉祥寺に不慣れな人には「吉祥寺駅の公園口から出て、その姿勢で右側を見ると看板が出ているので、すぐわかります! 絶対にわかります! 迷いません! 地下に降りてください」と説明していました。

なんか懐かしい。

私は、待ち合わせ、打ち合わせ、友達と夜お茶、ひとりでぼんやり、などなど。

とにかく何かと『STONE』に吸い込まれる日々でした。

暗くて、穴倉みたいな感じも好きだったよ。

アンティークとも言えなくはなかったが、経年変化っていう感じのいい味の店だったな。

しかし、吉祥寺駅の改修&駅ビルのキラリナができるにあたって、閉店してしまいました。

私がキラリナにまったく愛がなく、時に渋谷のヒカリエと名称が混乱しているのは、たぶん『STONE』の呪いだと思います(笑)。


でもさ、キラリナもヒカリエも名前が必要以上にキラキラしすぎてないか? 

イラスト/スタジヲワンツー


うっかり思い出話を始めてしまいましたが、今回のネタはナポリタンです。

実は吉祥寺には『STONE』の姉妹店が現在もあるのです。

ちなみに、一時期は両方の店舗を使い分けていたおっさん女子です。

その姉妹店は中道通りの入り口付近にある『L』です。

フランス語で「中庭」の意味だよ。

ビルの2Fにあって、ガラス張りで自然光がたっぷり入るおしゃれ系カフェです。

私は、仕事関係のオシャレ系女子と会うときには『L』にしていました(笑)。

『STONE』では、コーヒーと時々チーズケーキを食べるくらいで、フード系はほとんどスルーしていました。

でも『L』ではシーフードピザが気に入っているので、何か食べる時は基本的にピザをチョイス。

ちなみにコーヒーのオリジナルブレンドは、Mブレンド、Sブレンド、Dブレンドになっていて、これは『STONE』と同じラインナップです。

いつも混んでいる店なので、なんとなく足が遠のいていたのですが、先日久しぶりに入って、なんとなくナポリタンをオーダーして、思い出しました。

これ『STONE』で食べたよ! 

同じ味だ! 

私は一緒に食べた男性イラストレーターの顔と名前も思い出しました。

そのとき、打ち合わせ相手が食べたいと言ったため、かなり仕方なく食べたことまで思い出しました(笑)。

テーブルが狭くて、ナポリタンを食べながら打合せするのが、ちょっと難しかったことも思い出した。

なんかすごいオシャレな味だな、美味しいな、と思ったんだよね。


友人のおっさん女子Nの名言で、『ナポリタンは、ケチャップに寄せるか、トマトに寄せるか、だよね』というのがあります。

ちなみに、私が家で作るナポリタンは、ケチャップ+豆板醤を入れるので中華寄りです。

さらにちなみに、知り合いはおたふくソースを隠し味で入れるので、広島寄りですね……(笑)。

『STONE』のナポリタンは、トマト&ケチャップブレンドで、トマト寄りでなおかつ、赤ワイン隠し味寄り。

食べているうちに、いろいろ思い出しましたよ。

しんみり。

でも、思いがけず『L』で食べられてよかった。


吉祥寺のナポリタンというと、昭和系の有名店『K』や、連載53回で紹介した『R』だと思いますが、私はあえて『L』のナポリタンを吉祥寺の平成系として推す(笑)。


なんか思い出話とともに、乙女マインドのナポリタンですな。

ちなみに『L』はケーキも美味しいので、おすすめです。








天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
みんな大好きカレー♪ですが、吉祥寺には有象無象というか、ランチメニューにカレーを入れとけば、いいんじゃね? みたいな店が多く、がっかりすることも多いワケです。 そんななか、今回は“えっ? こんなところでカレーですか?”という、カレー専門店ではないが、カレーランチのクオリティが高いお店を紹介したいと思います。
更新: 2019-04-09 16:00:00
吉祥寺にはデパートやファッションビルがいくつかあるワケなんですが、実は、着実に「ごはんビル化」しているんです。 そんななか、現在もっとも「ごはんビル化」が進んでいるのは、吉祥寺パルコです。そして2018年11月末には1FにN.Y.テイストのパン屋&カフェがオープン……。
更新: 2019-04-02 16:01:00
花見シーズンです。吉祥寺には人がわんさか来ていますが、同時に路頭に迷う人々が後を絶ちません。 特に土日祝のランチは、通常の時期でもランチ難民が続出してるっていうのに、お花見シーズンにノープラン、ノー予約……反省したほうがいいと思います。 今回は、そんな人々の救世主になってみようと思います。
更新: 2019-03-26 16:05:00
吉祥寺の街をカオスに巻き込む花見シーズンがやってきました。 今年も店を求めて路頭に迷う人々が多そうです……。 桜のシーズンの井の頭公園はとても美しいですが、実は公園には謎なものがけっこうあります。今回は、そこにフォーカスしてみたいと思います……。
更新: 2019-03-19 16:05:00
最新の投稿
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt