MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
おっさん女子の吉祥寺パトロール(92) おっさん女子的に吉祥寺のナポリタンは乙女マインド、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(92) おっさん女子的に吉祥寺のナポリタンは乙女マインド、の件

先日、ふと思い立って、すごく好きだったのに平成の間に閉店した吉祥寺の店ランキング、というものを個人的に作成してみました。 そのリストの第2位に『STONE』(2010年閉店)がランクイン……。 その『STONE』から思い出した、今回のネタはナポリタンです。

おっさん女子的に吉祥寺のナポリタンは乙女マインド、の件


先日、ふと思い立って、すごく好きだったのに平成の間に閉店した吉祥寺の店ランキング、というものを個人的に作成してみました。

ちなみに、第3位あたりに『デニーズ吉祥寺店』(2008年閉店)がランクインしていたり、第6位あたりに『シャポールージュ』(2017年閉店)が入っていたり(連載16回参照)、という超個人的ランキングが展開されています。

そのリストの第2位に、『STONE』(2010年閉店)がランクイン……。

ご存じの方も多いかと思いますが、吉祥寺の南口から出てすぐ、本当にすぐ、駅から0秒と言ってもいいような店でした。

吉祥寺に不慣れな人には「吉祥寺駅の公園口から出て、その姿勢で右側を見ると看板が出ているので、すぐわかります! 絶対にわかります! 迷いません! 地下に降りてください」と説明していました。

なんか懐かしい。

私は、待ち合わせ、打ち合わせ、友達と夜お茶、ひとりでぼんやり、などなど。

とにかく何かと『STONE』に吸い込まれる日々でした。

暗くて、穴倉みたいな感じも好きだったよ。

アンティークとも言えなくはなかったが、経年変化っていう感じのいい味の店だったな。

しかし、吉祥寺駅の改修&駅ビルのキラリナができるにあたって、閉店してしまいました。

私がキラリナにまったく愛がなく、時に渋谷のヒカリエと名称が混乱しているのは、たぶん『STONE』の呪いだと思います(笑)。


でもさ、キラリナもヒカリエも名前が必要以上にキラキラしすぎてないか? 

イラスト/スタジヲワンツー


うっかり思い出話を始めてしまいましたが、今回のネタはナポリタンです。

実は吉祥寺には『STONE』の姉妹店が現在もあるのです。

ちなみに、一時期は両方の店舗を使い分けていたおっさん女子です。

その姉妹店は中道通りの入り口付近にある『L』です。

フランス語で「中庭」の意味だよ。

ビルの2Fにあって、ガラス張りで自然光がたっぷり入るおしゃれ系カフェです。

私は、仕事関係のオシャレ系女子と会うときには『L』にしていました(笑)。

『STONE』では、コーヒーと時々チーズケーキを食べるくらいで、フード系はほとんどスルーしていました。

でも『L』ではシーフードピザが気に入っているので、何か食べる時は基本的にピザをチョイス。

ちなみにコーヒーのオリジナルブレンドは、Mブレンド、Sブレンド、Dブレンドになっていて、これは『STONE』と同じラインナップです。

いつも混んでいる店なので、なんとなく足が遠のいていたのですが、先日久しぶりに入って、なんとなくナポリタンをオーダーして、思い出しました。

これ『STONE』で食べたよ! 

同じ味だ! 

私は一緒に食べた男性イラストレーターの顔と名前も思い出しました。

そのとき、打ち合わせ相手が食べたいと言ったため、かなり仕方なく食べたことまで思い出しました(笑)。

テーブルが狭くて、ナポリタンを食べながら打合せするのが、ちょっと難しかったことも思い出した。

なんかすごいオシャレな味だな、美味しいな、と思ったんだよね。


友人のおっさん女子Nの名言で、『ナポリタンは、ケチャップに寄せるか、トマトに寄せるか、だよね』というのがあります。

ちなみに、私が家で作るナポリタンは、ケチャップ+豆板醤を入れるので中華寄りです。

さらにちなみに、知り合いはおたふくソースを隠し味で入れるので、広島寄りですね……(笑)。

『STONE』のナポリタンは、トマト&ケチャップブレンドで、トマト寄りでなおかつ、赤ワイン隠し味寄り。

食べているうちに、いろいろ思い出しましたよ。

しんみり。

でも、思いがけず『L』で食べられてよかった。


吉祥寺のナポリタンというと、昭和系の有名店『K』や、連載53回で紹介した『R』だと思いますが、私はあえて『L』のナポリタンを吉祥寺の平成系として推す(笑)。


なんか思い出話とともに、乙女マインドのナポリタンですな。

ちなみに『L』はケーキも美味しいので、おすすめです。








天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
吉祥寺をフラフラしていると、喫茶店やカフェに吸い込まれてしまうおっさん女子である。 都内に好きな店が何軒かあるんだけど、銀座の場合は『K珈琲店』。 ここのカップ&ソーサーは、ウエッジウッドやジノリ、マイセンなどの高級系なのである。さらにお客さんの雰囲気に合わせてカップの柄を選んでくれて、出されるといった具合……。
更新: 2019-07-12 16:05:00
吉祥寺でたまに勃発する“食べ物バブル現象”。 そんななか、非常にちっちゃいバブルだったのですが“チーズプチバブル”というのが、あります(続行中)。 チーズにこだわったメニューをウリにするお店が、次々にできたんですけど、現状、4軒くらいかな。でも多いよね……。
更新: 2019-07-02 16:04:00
実は、誰にも頼まれていないが、ここ3年くらいずっと吉祥寺で追っている案件がある。 それは幻のジャーマンレモンパイである。 調査対象は、アトレ吉祥寺に入っているバームクーヘンでおなじみの『J』。 欧文の綴りのイメージが違うんだけど、1文字目の音は「ユ」ね……。
更新: 2019-06-26 16:00:00
南インドカレーが好きなおっさん女子としては、吉祥寺の南インドカレーは滅亡したのか……と思っていたら、なんと2018年に“ちょこっと南インドカレー”と呼びたいお店が2軒、登場したのです!  なぜ“ちょこっと”なのかというと、いわゆる南インドカレーの最大の特長であるミールスという形式じゃないからなんですが……。
更新: 2019-06-03 16:00:00
夜お茶というのは、女子の習慣なのかもしれない。しかしおっさん女子と名乗りながらも、私も女子の端くれ、夜お茶は大好きでごわす。 平成も終って、令和になって、吉祥寺も変わるワケですが、でもこの店がなくなったら、吉祥寺はもう終わりなんじゃないの?という、夜お茶のできる店がおっさん女子的にあります……。
更新: 2019-05-24 20:47:00
最新の投稿
外観を見ただけでピンときた。 昭和レトロを感じさせる外観だが、古さを感じさせないモダンな内外観。 玉造にある大衆酒場「タムヤ」は、店主田村一廣さん(42)のこだわりが散りばめられている。 しかも、店主の体型と同じでとにかく料理のボリュームがヤバイ!
更新: 2019-07-18 16:03:00
名古屋のおすすめ居酒屋&ダイニングバーをご紹介!安くて美味しいリーズナブルなお店や、ゆっくり個室で呑めるお店、デートにぴったりなオシャレなお店など、グルメライターが実際に食べ歩いて見つけたお店をカテゴリ別にご紹介します!
更新: 2019-07-18 18:31:06
名古屋には全国に展開しているチェーン店も含め人気のある有名ラーメン店がたくさんあります!ここではグルメ雑誌「おとなの週末」のラーメンライターが特におすすめしたい、本当に旨いお店を、厳選してご紹介!写真や最寄り駅の情報も掲載しています。
更新: 2019-07-18 14:03:48
中華の経験を活かした“痺れ系”ラーメンの専門店で、“汁あり”、“汁なし”、夏は“冷やし”と3種の担々麺を展開する。定番の“汁あり”は、豚をメインにした厚みのあるスープ。
更新: 2019-07-18 12:00:00
清流の名前をもった第3セクター鉄道が長良川鉄道です。 その名前の通り、ほとんどの区間で長良川に沿って走ります。 もともとは国鉄越美南線(えつみなんせん)、1986年に第3セクター鉄道に転換されました。 この路線の中ほどにあるのが郡上八幡駅。 水と郡上踊りで知られる城下町、郡上八幡への玄関口です……。
更新: 2019-07-18 11:46:41

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt