MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
おっさん女子の吉祥寺パトロール(93) 吉祥寺で“食の一期一会”なら『千恵蔵さん』におまかせだ! の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(93) 吉祥寺で“食の一期一会”なら『千恵蔵さん』におまかせだ! の件

平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。

吉祥寺で“食の一期一会”なら『千恵蔵さん』におまかせだ! の件


平成もまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”というと、食べる調味料が浮かびます。

食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌、食べるオリーブオイル、食べる黒酢などなど。

もうなんでも食べますよ! おい! みたいなブームだったように思います。

もちろんまだまだ、ブームが継続しているアイテムもありますけど……。

私もブームには、ちょっとは乗っておきたいタイプのおっさん女子です(笑)。

ちなみに私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。

このお店は「食の玉手箱」と呼ばれ、常連さんが定期的に訪れ、まとめ買い&新製品チェック&セール品ゲットなどなど、とにかく買い物がとっても楽しい店なんですよ。

とにかく店頭にたくさんの食品、お菓子、調味料、ドリンクが、ズラリと並んでいて、毎日約300品目、年間2000品目! 

そのラインナップは、オーナーさんが足で稼いで集めてきたおすすめ商品なんですよ! 

日本国内だけじゃなくって、世界各国の美味しいモノも勢ぞろい!


イラスト/スタジヲワンツー



私は、食べるラー油も、柚子胡椒も、塩麹も、サバ缶も、玉麩も、りんごバターも、カカオ100%チョコレートも、なにもかも、話題の食品は、すべて『吉祥寺 千恵蔵さん』でゲットしています。

食いしん坊は、定期的に訪問して損はない! 

2010年にオープンしたそうですが、もはや吉祥寺で30年くらいやってそうな印象があります……(笑)。

すっかり地元になじんでいる感じ。


[店先には、おすすめ商品が書かれた黒板やのぼりがあって、見るからに美味しいものがたくさんあるぞ! という外観]



とにかくお店の方が、超親切なんです。

おすすめ商品の説明や食べ方、使い方なども、ていねいに説明してくれるので、「今日、これを買う予定ではなかった……」というものまで、うっかり大量に買ってしまうんですよ、もう!(楽しいボヤキ)。

あと店先に、思わず買い食いしたくなるような、アイテムが並んでいて危険です(笑)。

多くの人に「食べてほしい&届けたい&美味しいんですよ」という気持ちでやっている感じが、ヒシヒシと伝わってきます。

[店内は商品がギッシリ! ポップなども懇切ていねいだ]


私が“平成っぽい食べ物”と勝手に決めた、食べる調味料に関しては、おそらくここにしかない、という『食べるごぼう醤油』と『食べるピーマン醤油』がおすすめです。

これを食べた人は、知り合い&友達に配って歩きたい、食べさせたい、と思っちゃう逸品です。

[食べるピーマン醤油がズラリ。1度食べると周囲に配りたくなる商品なので、賢い大人はまとめ買いしてください!]



『食べるピーマン醤油』は、銀座で40年小料理屋を営む女将さんが開発&常連さんだけに出していたものらしいです。

ピーマン+緑米麹を使用。

『吉祥寺 千恵蔵さん』の店頭で食べ方を聞いたところ、ご飯や豆腐にも合うし、サラダやパスタにもOKとのこと。

やや甘みがあるので、おっさん女子的にはトーストに塗ってもいいのではないかと思う。


『食べるごぼう醤油』は、独特の辛味があって、おっさん女子的に冷ややっこにオンするのが、おすすめだ。

あと生のきゅうりにも合います。

お酒のおつまみ系には、どんどん乗せてみてほしいお味です。

[食べるごぼう醤油も、ピーマン醤油といっしょに買って帰ることを推奨。吉祥寺から遠い場所にお住まいの人は、そのほうが「あのとき、買っておけば……」の後悔が少ないです]





さらに、吉祥寺や三鷹などのカフェや、喫茶店のオリジナルのお菓子なども定期的に登場しますよ。


[千恵蔵さんのオープン当初からのロングセラーアイテム。素材にこだわりぬいた「無添加アイスキャンディ」が4月中旬から販売スタート。みかん、ミルク、宇治金時、あずきの4種類。地元民は、今シーズンも全種類食べるでしょ! という人気商品。これからの季節におすすめの買い食いアイテムでもあります]


連載28回に登場したフランス菓子店『AKラボ』のお菓子も並ぶし、吉祥寺の人気カフェ『ビストロパッサテンポ』や、『coffee TALK』、焼き菓子やパンのお店『スリーミー』、三鷹の『羊毛カフェ』などのお菓子も扱っていて、おすすめ(入荷は不定期なのでブログをチェックね!)。

ちなみにポテチが大好きなおっさん女子ですが、『千恵蔵さん』で扱っている、静岡産の『お茶ポテトチップス』にはハマリまくり(現在進行形……)。


ラインナップを記載しているだけで、文字数が尽きてしまいそうなので、もうお店に行って、チェックするのが早いです。

さらに毎日更新されているブログをチェックすると、いち早く新情報が記載されているので、見逃すな! 

日々セール品もたくさんあるよ! 


吉祥寺に来たら、絶対に『吉祥寺 千恵蔵さん』に、寄って行って! と地元民が激しくおすすめです。





吉祥寺 千恵蔵さん
[住所]武蔵野市吉祥寺本町2-33-5 平井ビル1F
[営業時間]11:00-19:00
[定休日]年始1日~3日以外は基本無休(台風等の場合はブログで営業情報確認してください)
[HP]http://chiekurasan.wixsite.com/chiekurasan







天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
すごく入れ替わりのはげしい吉祥寺において、テイクアウトといえば『C』と『N』の弁当勢力図は、まったく微動だにしないって思っていたおっさん女子……。 そんな状況なので、弁当ニューフェイスが登場したらチェックせざるを得ないと思っていたのですが、今年に入ってからいい感じの新顔弁当が登場したのでご紹介したいと思います……。
更新: 2019-09-19 16:00:00
おっさん女子的に今年初めてのタコライスを食べると、「オレの夏到来!」という気分になるのですが、2019年のオレの夏は早かった……。5月中旬に来ました……。さらに冗談みたいなタコライスで、夏を始めてしまいました……。
更新: 2019-09-13 16:00:00
白飯至上主義なので、うどん屋、そば屋と縁が薄いおっさん女子である……。 しかし、夏は米がしんどい季節でもあるので、麺類も食べるおっさん女子だよ。 ということで、吉祥寺で冷たい“うどん”と“そば”を食べるなら、ココだよ、というお店をご紹介だ!
更新: 2019-09-06 15:59:00
2019年夏、今年は豚を食べようと決意したおっさん女子。 そして当然の流れかもしれないが、カレーも豚だよ!   というワケで、吉祥寺で食べる豚カレーを、独断でおすすめしてみることにしました。すべての夏バテしている人に捧げます……。
更新: 2019-08-29 15:55:00
夏は一時的に冷たい麺類万歳! というおっさん女子ですが、実は今年の私は一味違う。 冷たいパンも万歳! という今日このごろである。 それは、アトレ吉祥寺のパン屋『D』で、“冷やしてメロン”というものを発見したからである……。
更新: 2019-08-21 15:55:00
最新の投稿
ジビエが苦手な人ほど食べてほしいのがここのイノシシ肉。柔らかな肉と甘みたっぷりの脂が驚くほどの美味しさなのだ。
更新: 2019-09-20 12:00:00
すごく入れ替わりのはげしい吉祥寺において、テイクアウトといえば『C』と『N』の弁当勢力図は、まったく微動だにしないって思っていたおっさん女子……。 そんな状況なので、弁当ニューフェイスが登場したらチェックせざるを得ないと思っていたのですが、今年に入ってからいい感じの新顔弁当が登場したのでご紹介したいと思います……。
更新: 2019-09-19 16:00:00
食材本来の旨みを、自家燻製や各種ソース作りなどの手仕事で引き出す実力派ビストロ。食べると身体中が喜び出すような、素朴で力強いひと皿に出合える。
更新: 2019-09-19 12:00:00
キムチサンドと聞くと、「キムチとパンの相性はどうなの?」と訝しがる人もいるだろう。実は自分自身もそうだった。大阪だし、はじめはネタだろうと……。 「いやいやいや……!ホンマ旨いから」と周りが口をそろえて言うのが、関西ではたびたびテレビに登場する珈琲館「ロックヴィラ」だ。
更新: 2019-09-18 15:55:00
店内にぐるりとめぐらされたボートには、定評のある魚料理各種のほか、珍味系の酒肴や牛・鶏・豚・合鴨などの肉料理、土鍋飯など、圧倒的な数のメニューが並ぶ。目移り必至で食欲解放のスイッチが否が応でも入ってしまうはず。
更新: 2019-09-18 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt