MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
居酒屋 寅(虎ノ門)のランチ「メンチカツ」のグルメ記事

居酒屋 寅(虎ノ門)のランチ「メンチカツ」のグルメ記事

「居酒屋 寅」は盛りの良さに定評のある居酒屋。ランチではご飯のおかわりが自由。11時45分までは、温玉がサービスになることも相まって、開店直後から近隣のビジネスマンでいつも賑わっている。[アクセス]は地下鉄銀座線虎ノ門駅1番出口から徒歩1分

煮込み居酒屋 寅(最寄駅:虎ノ門駅)

お腹いっぱい食べられる大満足のランチ行列店

メンチカツは、昼は定食に約70gのものが3個、夜は2個で540円と昼夜を問わず人気のボリュームたっぷりな一品。低温でじっくりと揚げて余熱で火を通しているため、ふんわりでしかもジューシーだ。中濃ソースはゴマを加え、香りをプラス。細かいところにも手をかけており、納得のコスパを誇る。

メンチカツ定食(昼)
800円

パテはしっかりと練られ、じっくり炒めた玉ねぎがたっぷり入る。生パン粉を使って揚げられ、噛み締めると肉汁があふれ出す

牛もつ煮込み(夜)
702円

芝浦から直送した新鮮なモツを毎日仕込む。柔らかで臭みは一切なし。煮立った状態で供され、半熟味玉や豆腐にも八丁味噌のコクが絡む

カキフライ(2個/夜)
648円

カキフライ(2月末頃までを予定)は、約10cmもの大きさで濃密な味わい。ランチでは限定10食で1200円だが、この大きさのものが4個付く

煮込み居酒屋 寅

[住所]東京都港区虎ノ門1-5-4 B1 ☎03-3593-1610 [営]11時~14時LO、17時~24時(23時LO) [休]土・日・祝 [席]カウンター7席、4席×4卓、8名×3卓、10名×1卓 計57席/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし [交]地下鉄銀座線虎ノ門駅1番出口から徒歩1分

電話番号 03-3593-1610
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ランチタイムは近隣のビジネスマンで賑わうが、夜はゆったりできる穴場店。創業36年で、店内は昭和の雰囲気が漂う居心地の良さも魅力。
更新: 2019-04-09 18:00:00
 2018年3月に開店したばかりのフツーの立ち飲みなのに、何だ? このいい感じ。秘密は毎日変わる手書きメニューにあり。
更新: 2019-04-07 18:00:00
 店内はカウンター、座敷合わせて約40席あるが、晴れた日であれば立ち飲みがおすすめだ。立ち飲みメニューは、牛、豚、鶏、羊と揃う肉類と魚介類の焼き物、飲み物ともに一部を除きすべて300円とリーズナブル。
更新: 2019-03-15 18:00:00
休業していた名店が2018年3月に再オープン。串焼き、もつ類のうまさはもちろん、サワー類やホッピーの焼酎の濃さが選べるなど、呑兵衛にとってたまらない店だ。
更新: 2019-03-11 18:00:00
「お茶は本来日本人に身近なものだと思うんですが、最近は茶葉から淹れる機会も少ない。もっとていねいに淹れてやれば、お茶割りはもっと地位向上できるんじゃないかと」
更新: 2019-03-04 18:00:00
最新の投稿
2017年春、中央線の高架沿いに出現した「高円寺アパートメント」。1階には6つの個性的な店が軒を連ねる。
更新: 2019-04-19 12:00:00
肉の専門店『万世』が手がけるラーメン屋のパーコー麺だ。むっちり弾力があって食べ応え充分なパーコーに、あっさりしつつもコクのあるスープ、プレーンな感じのラーメンがやけに合う。
更新: 2019-04-18 14:55:41
こんな店を待っていた! と思わせる新星が登場した。一見オシャレな立ち呑みだが、奥にはカウンターやテーブル席もあり、ゆっくりくつろげる。
更新: 2019-04-18 12:00:00
天王寺区の桃谷といえば、区役所や警察署、それに総合病院までが密集する閑静な住宅街。 ここに地元民に愛される洋食屋がポツンとある。 その名も「ボナンザ」。 マスコミ初登場の老舗洋食屋でオープンして約40年が経つそうだ……。
更新: 2019-04-17 16:05:00
明治21年に上野に誕生し、
喫茶店の原点と言われた
「可否茶館」。そこには書棚やビリヤード台が備えられていたという。
更新: 2019-04-17 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt