MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
日本橋 鳥久(ラーメン/茅場町)

日本橋 鳥久(ラーメン/茅場町)

こだわりの炭火焼鳥の店でランチのみ味わえるのが勝浦タンタンメン。透き通った赤いスープは見るからに辛そうだが、豚の旨みや野菜の甘みが凝縮して爽快な辛旨味!

日本橋 鳥久(最寄駅:茅場町駅)

シコシコした歯触りの細麺も美味。麺を食べ終えたら、TKG(無料)を作りスープの中へ。まろやかなTKGを旨辛スープが包み込み、最後のひと口まで文句ナシに旨い。

勝浦タンタンメン
並盛 880円

勝浦のご当地ラーメン“勝浦タンタンメン”が食べられる都内で唯一の公認店。注文するとごはん(千葉県産コシヒカリ)と生卵が無料でサービスされる。大盛は980円。勢いよく食べるとむせるのでご注意を。ランチは他に「鳥久 そぼろご飯」並盛880円を提供

日本橋 鳥久の店舗情報

[住所]東京都中央区日本橋茅場町3-8-10 リベラ茅場町ビル地下1階 [TEL]03-6661-0451 [営業時間]11時半~14時(13時半LO)、18時~23時(22時LO)、土17時半~22時半(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝 [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか茅場町駅2番出口から徒歩3分


電話番号 03-6661-0451

2018年7月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
博多豚骨で使用する麺と同程度の低加水麺でありながら、小麦が香るもちもち、つるつるの極上麺を開発。見目麗しいつけ麺で、その美味しさを魅せる。
更新: 2019-08-22 12:00:00
鯛ラーメンで人気を博す錦糸町『麺魚』が、“鴨”をテーマにした新ブランドをオープン。本店の“鯛”同様、一杯で存分に“鴨”が楽しめる造りを目指した。
更新: 2019-07-12 11:52:23
最初はほどよく甘く、後からじわじわ辛さや花椒の痺れがやってくる。豊かで刺激的な香りが鼻に抜け、後からじんわり汗が出る。
更新: 2019-07-12 11:56:40
看板の「海老寿久担々麺」は、新潟名産の甘エビをかけ合わせたビスク風の担々麺。大量の甘エビを使うため、スープを口に含んだ瞬間に華やかな香りが広がる。
更新: 2019-06-28 11:04:54
人形町で愛されるラーメン店といえばココ! ラーメンは塩・醤油・味噌で懐かしい美味しさだ。
更新: 2019-09-27 15:46:28
最新の投稿
 見番横丁と交差する角に立つビストロパブ。ビールはもちろん、16歳からフランス料理を会得した店主・小貫友寛さんが作る料理も魅力だが、国産蒸留酒の品揃えにも注目!
更新: 2019-10-14 12:00:00
 「寿司屋では緊張せずに、楽しんでいただきたいんです」と語る二代目。店内は手作りのメニューや大漁旗が飾られ、誰でもくつろげる雰囲気だ。
更新: 2019-10-13 12:00:00
 中華の花形食材・フカヒレを存分に味わえる姿煮。四川料理の名店『神楽坂 芝蘭』では、これを昼の御膳で楽しめる。
更新: 2019-10-12 12:00:00
今回は紀州鉄道で出会ったディーゼルカーと、沿線で食べた“せち焼き”です。 私はこの“せち焼き”のことを、まったく聞いたことがありませんでした。 はたして、焼き物なのか、食べ物なのか……?
更新: 2019-10-11 15:55:00
 8.8坪のお店で出すタパスは、気取らないながらも繊細な味付けと美しい盛り付けが魅力。口に含んだ先には、幸せが待っている。
更新: 2019-10-11 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt