MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
日本料理 日高(日本料理/茅場町)

日本料理 日高(日本料理/茅場町)

夜は息子のイタリアン『MAGARI DE CICCIO』、昼は父親が営む日本料理店とふたつの顔を持つ。昼の定食は4種。

日本料理 日高(最寄駅:茅場町駅)

ランチ定食はメインの焼魚を4~6種からひとつ、小鉢を10種以上からふたつ選ぶスタイルで、その他に肉豆腐、ご飯、味噌汁が付き、かなりお得だ。夜は、白トリュフやポルチーニ茸など、季節の食材を多用したアラカルトを用意。塊肉を豪快に焼くトマホークステーキも人気だ。

ランチ定食
1200円

メイン、小鉢共に内容は日替わり。「ランチ定食」のメインは甘鯛の木の芽焼、小鉢はあっさり春キャベツ煮と筍の煮物をチョイス。

本日の丼
1200円

「本日の丼」は牛タンとローストビーフの二色丼。他に「ステーキ定食」1500円、焼物とステーキが付く「日高定食」2000円がある

日本料理 日高の店舗情報

[住所]東京都中央区新川1-13-3 [TEL]03-3551-1918 [営業時間]11時半~14時、18時~22時※ランチタイム有 [休日]日・祝 [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか茅場町駅1番出口から徒歩6分


電話番号 03-3551-1918

2018年7月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
昼の献立「潤-JYUN-」は、旬の逸品から始まる。今なら、旬野菜を添えた湯葉のローストビーフ巻き。
更新: 2019-09-14 12:00:00
夏バテで食欲がない? そんな時はサラサラッと喉を通るお茶漬けがうってつけ。
更新: 2019-09-01 12:00:00
魚は全国の選りすぐりの漁師船から買い付け。その日の朝獲れたピチピチ鮮魚のほか、「神経〆」という特別な絞め方をされた旬魚が届き、一番美味しい状態で出せるよう、魚によっては寝かせて熟成させる。
更新: 2019-08-20 12:00:00
神楽坂の割烹の水準は高い。ちょっと気張らないと行けない店が多いのが事実。
更新: 2019-08-13 12:00:00
前割り(あらかじめ水で割って寝かされ、まろやかな味わいになる)の焼酎が常時4種類。ゆったりしたカウンターで、ビール代わりにそこから始めるのもいい。
更新: 2019-06-05 13:07:24
最新の投稿
ジビエが苦手な人ほど食べてほしいのがここのイノシシ肉。柔らかな肉と甘みたっぷりの脂が驚くほどの美味しさなのだ。
更新: 2019-09-20 12:00:00
すごく入れ替わりのはげしい吉祥寺において、テイクアウトといえば『C』と『N』の弁当勢力図は、まったく微動だにしないって思っていたおっさん女子……。 そんな状況なので、弁当ニューフェイスが登場したらチェックせざるを得ないと思っていたのですが、今年に入ってからいい感じの新顔弁当が登場したのでご紹介したいと思います……。
更新: 2019-09-19 16:00:00
食材本来の旨みを、自家燻製や各種ソース作りなどの手仕事で引き出す実力派ビストロ。食べると身体中が喜び出すような、素朴で力強いひと皿に出合える。
更新: 2019-09-19 12:00:00
キムチサンドと聞くと、「キムチとパンの相性はどうなの?」と訝しがる人もいるだろう。実は自分自身もそうだった。大阪だし、はじめはネタだろうと……。 「いやいやいや……!ホンマ旨いから」と周りが口をそろえて言うのが、関西ではたびたびテレビに登場する珈琲館「ロックヴィラ」だ。
更新: 2019-09-18 15:55:00
店内にぐるりとめぐらされたボートには、定評のある魚料理各種のほか、珍味系の酒肴や牛・鶏・豚・合鴨などの肉料理、土鍋飯など、圧倒的な数のメニューが並ぶ。目移り必至で食欲解放のスイッチが否が応でも入ってしまうはず。
更新: 2019-09-18 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt