MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
酒喰洲(居酒屋/人形町)

酒喰洲(居酒屋/人形町)

人形町で立ち飲みの名店と言えば、ここを置いて他になし! 13年間営業した旧店舗から、2018年3月に移転リニューアルした。

酒喰洲(最寄駅:水天宮前駅)

手書きの日替わりメニューにびっしり並ぶのが、築地や千住市場から仕入れる旬魚の刺身類。すべて天然物で、しかも水揚げ漁港明記の国産品だ。手間を惜しまず、ひと切れから注文できるのも、店の客に対する誠実さだろう。それは、その都度おろす天城産の本わさびを薬味に添えることにもあらわれている。刺身と同じ魚介を使った天ぷらや煮物、焼き物も格別のウマさ。一度のれんをくぐったら、何度でも通いたくなることうけあいだ。

お造り盛り合せ
(生うに980円、アジ半身220円、ます1枚180円、とり貝1枚220円、うるめいわし半身220円、イサキ1枚150円)

20種類ほど揃える刺身から、特にオススメをチョイスした。これからの時期の生ウニはさらに甘みと風味を増していく。※価格は仕入れにより変動する

海鮮茶漬
730円

ご飯に刺身をたっぷり盛りつけ、熱々のダシをかけた〆の逸品。大量のアラからとる、濃厚なダシ汁のウマさは特筆モノ!

朝日栄特別純米、伯楽星特別純米
1合 760円、1合 760円

酒の知識豊富な店長が魚料理に合う銘柄を全国から厳選して揃えている

八角一夜干し
530円

北海道で水揚げ後、すぐに加工。脂は上品な甘みがあり、身のふっくら感もたまらない。

お店からの一言

店主 櫻井満さん

「ウマい魚と酒を用意して待ってます」

酒喰洲の店舗情報

[住所]東京都中央区日本橋人形町2-15-10 [TEL]03-3249-7386 [営業時間]17時~23時(22時半LO) [休日]日・祝 [席]立ち飲みカウンターのみ/全席禁煙/予約不可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄半蔵門線水天宮前駅7番出口から徒歩3分


電話番号 03-3249-7386

2018年7月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
所狭しと貼られたお品書きと内容に圧倒される。「季節の野菜と魚」が美味しい店だ。
更新: 2019-05-16 10:37:28
東秋葉原『酒場 晩葡』|店の外にやさしく灯るオシャレな看板。だけでなく、ぶら下がる赤提灯も酔客を惹きつける。
更新: 2019-04-23 17:50:48
ランチタイムは近隣のビジネスマンで賑わうが、夜はゆったりできる穴場店。創業36年で、店内は昭和の雰囲気が漂う居心地の良さも魅力。
更新: 2019-05-16 13:38:56
 2018年3月に開店したばかりのフツーの立ち飲みなのに、何だ? このいい感じ。秘密は毎日変わる手書きメニューにあり。
更新: 2019-05-20 11:59:35
 店内はカウンター、座敷合わせて約40席あるが、晴れた日であれば立ち飲みがおすすめだ。立ち飲みメニューは、牛、豚、鶏、羊と揃う肉類と魚介類の焼き物、飲み物ともに一部を除きすべて300円とリーズナブル。
更新: 2019-05-20 13:49:43
最新の投稿
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-05-20 12:00:00
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-20 11:44:41
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-20 11:47:44
ここ最近の吉祥寺で、おっさん女子が、ちょっと流行ってるんじゃないの? と思っているのは、N.Y.スタイルのお店です。 N.Y.のパン屋、N.Y.スタイルのカフェ……と、何軒かお店ができるにあたって、「N.Y.料理って一体何?」という激しい疑問が……。
更新: 2019-05-17 16:03:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt