MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
祷(寿司/人形町)

祷(寿司/人形町)

扉を開ければ真新しい白木のカウンターが目に飛び込んでくる。店の主・石川さんは築地場内で指折りの実力を誇る「岩佐寿し」から独立した。

祷(最寄駅:人形町駅)

握りの華はやはりマグロ。築地の仲卸で今最も勢いのある「やま幸」から仕入れており、その質の高さは超高級店にも引けを取らないほどだ。また、つまみは焼き物や煮物だけでなく、独創性に富んだ一品も。名物が「うにの軍艦トリュフあんかけ」で、まったりとしたコクと深い香りの相性の良さに驚かされる。7000円のコースもあり、こちらはつまみと握りを織り交ぜつつ、箸や酒の進み具合に合わせて供してくれる。

コース
5000円

この日の握りはトロ2貫、昆布で〆てからかつお節をまぶして熟成させたヒラメの“旨み〆”、天然の車エビ、江戸前の鯵など、極め付きのネタを揃えている。握り10貫と鉄火巻に、3種の前菜盛り合わせ、お椀が付く

うにの軍艦トリュフあんかけ
1200円

和風あん、トリュフ、ウニ、海苔と複雑な風味が口に広がる、まさに逸品だ

カンパチ、赤貝、墨イカ
500円、550円、400円

墨イカには醤油麹、カンパチは土佐醤油で和えた大根おろしを乗せている

お店からの一言

店主 石川禎さん

「ゆったり過ごしていただくため、予約制です」

祷の店舗情報

[住所]東京都中央区日本橋人形町2-6-11 五十番ビル2階 [TEL]03-6661-2533 [営業時間]17時半~22時(21時LO) [休日]土(予約があれば営業)、日・祝 ※不定休あり [席]カウンターあり、全16席/全席禁煙/予約必須/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか人形町駅A3出口から徒歩1分


電話番号 03-6661-2533

2018年7月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
予約困難な名店、東京・四ツ谷の『すし匠』で約15年、腕を磨いた店主が作り出す「ばらちらし」。30種類以上のネタが美しく盛られ、それらが響き合うハーモニーは見事のひと言だ。
価格高騰のため、大手チェーンからは姿を消しつつあるウニ。もう100円では手が届かない……(泣)。
立ち食いだからと侮るなかれ。常時40~50揃うネタにはヅケもあれば煮ハマと言ったものまで用意。
店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。
歌舞伎座のほど近く、昭和通り沿いに建つビルの5階。今年3月26日にオープンしたこの店で味わえるのは、六本木の名店『山海』で名を馳せた職人・山崎正夫氏の握る、正統的かつ遊び心を感じさせる見事な寿司だ。
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。
ラム肉も豚肉もしゃぶしゃぶに程よい厚みにカットされ、食べ応えがあるのがうれしい。「北海道」だからか、ダシに入っている昆布が立派だった。
店主の杉本さんは“ラーメンの鬼”と呼ばれた故・佐野実氏の下で約4年間修業した経歴の持ち主。旨い一杯への情熱は師匠譲り。
静かな北鎌倉は夜になるといっそうひっそりとする。通りからさらに少し引っ込んだ『こころや』は、知らなければまず辿りつけない。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt