MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
祷(寿司/人形町)

祷(寿司/人形町)

扉を開ければ真新しい白木のカウンターが目に飛び込んでくる。店の主・石川さんは築地場内で指折りの実力を誇る「岩佐寿し」から独立した。

祷(最寄駅:人形町駅)

握りの華はやはりマグロ。築地の仲卸で今最も勢いのある「やま幸」から仕入れており、その質の高さは超高級店にも引けを取らないほどだ。また、つまみは焼き物や煮物だけでなく、独創性に富んだ一品も。名物が「うにの軍艦トリュフあんかけ」で、まったりとしたコクと深い香りの相性の良さに驚かされる。7000円のコースもあり、こちらはつまみと握りを織り交ぜつつ、箸や酒の進み具合に合わせて供してくれる。

コース
5000円

この日の握りはトロ2貫、昆布で〆てからかつお節をまぶして熟成させたヒラメの“旨み〆”、天然の車エビ、江戸前の鯵など、極め付きのネタを揃えている。握り10貫と鉄火巻に、3種の前菜盛り合わせ、お椀が付く

うにの軍艦トリュフあんかけ
1200円

和風あん、トリュフ、ウニ、海苔と複雑な風味が口に広がる、まさに逸品だ

カンパチ、赤貝、墨イカ
500円、550円、400円

墨イカには醤油麹、カンパチは土佐醤油で和えた大根おろしを乗せている

お店からの一言

店主 石川禎さん

「ゆったり過ごしていただくため、予約制です」

祷の店舗情報

[住所]東京都中央区日本橋人形町2-6-11 五十番ビル2階 [TEL]03-6661-2533 [営業時間]17時半~22時(21時LO) [休日]土(予約があれば営業)、日・祝 ※不定休あり [席]カウンターあり、全16席/全席禁煙/予約必須/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか人形町駅A3出口から徒歩1分


電話番号 03-6661-2533

2018年7月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
車エビや毛ガニなどの茹で物、穴子やヤリイカなどの煮物、玉子や小肌などの焼き物や〆物…。江戸前の仕事がされたネタが端正に並んだ姿が粋でちょっと惚れ惚れ。
更新: 2019-01-18 12:00:00
ネタとシャリとの一体感こそ、この丼の真骨頂。使用するのは、まったりとしたサーモンに酸味の小肌、歯応えを生むイカやタコなど。
更新: 2019-01-17 18:00:00
色とりどりの華やかな見た目に、まずは食欲をそそられる。たまらず頬張れば、見た目以上の旨さに思わず唸る!
更新: 2019-01-16 18:00:00
駅至近の一等地にありながら、驚異のコスパをたたき出すのが平日昼限定のこの一杯。マグロやホタテ、鯛にアジなど白身や青物、貝類をバランスよくのせている。
更新: 2019-01-15 12:00:00
若き店主・尾嶋さんは、31歳で独立後、名店ひしめく銀座で7年間暖簾を守ってきた。夜は、肴と握りを織り交ぜたおまかせコースのみで、煮る、〆るといった伝統的な仕事に加え、懐石で腕を磨いた経験からくる繊細な和食の技も随所に光る。
更新: 2019-01-13 18:00:00
最新の投稿
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-05-20 12:00:00
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-20 11:44:41
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-20 11:47:44
ここ最近の吉祥寺で、おっさん女子が、ちょっと流行ってるんじゃないの? と思っているのは、N.Y.スタイルのお店です。 N.Y.のパン屋、N.Y.スタイルのカフェ……と、何軒かお店ができるにあたって、「N.Y.料理って一体何?」という激しい疑問が……。
更新: 2019-05-17 16:03:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt