MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
佐々舟(ラーメン/人形町)

佐々舟(ラーメン/人形町)

人形町で愛されるラーメン店といえばココ! ラーメンは塩・醤油・味噌で懐かしい美味しさだ。

佐々舟(最寄駅:人形町駅)

夏期の人気が冷やし中華で、まろやかな酸味が食欲をそそる。夜は鶏の唐揚げやポテトサラダなどのおつまみ類も登場し、早い時間帯から賑わっている。

冷やし中華
950円

もやしキムチ
400円

佐々舟の店舗情報

[住所]東京都中央区日本橋人形町2-22-6 [TEL]03-3664-1117 [営業時間]11時~14時、17時半~23時(夜営業は月・水・金のみ)※ランチタイム有 [休日]日 [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか人形町駅A2出口から徒歩3分


電話番号 03-3664-1117

2018年7月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
鯛ラーメンで人気を博す錦糸町『麺魚』が、“鴨”をテーマにした新ブランドをオープン。本店の“鯛”同様、一杯で存分に“鴨”が楽しめる造りを目指した。
更新: 2019-07-12 11:52:23
最初はほどよく甘く、後からじわじわ辛さや花椒の痺れがやってくる。豊かで刺激的な香りが鼻に抜け、後からじんわり汗が出る。
更新: 2019-07-12 11:56:40
看板の「海老寿久担々麺」は、新潟名産の甘エビをかけ合わせたビスク風の担々麺。大量の甘エビを使うため、スープを口に含んだ瞬間に華やかな香りが広がる。
更新: 2019-06-28 11:04:54
串かつの店を昼間のみ間借りして営業している。煮干しや昆布などからとるスープは、澄んだ見た目以上に香りと旨みが力強く、弾力あるコシの細麺との相性も抜群だ。
更新: 2019-07-02 10:47:30
鶏ガラとトンコツを重ねたスープは濃厚さがありつつもスッキリ。かえしは白醤油と黒醤油の2種類があり、白醤油はスープの味わいを繊細に際立たせ、黒醤油はコクと深みを増している。
更新: 2019-05-13 11:51:13
最新の投稿
壁に並ぶメニューには餃子、餃子、餃子の文字。大根に冬瓜、春菊にニラ玉でしょ、季節物も入れて計11種。
更新: 2019-07-24 12:00:00
お重の蓋を開けた瞬間、この蒲焼きにひと目惚れした。明治42年の創業から受け継ぐタレを3度まとわせ、紀州備長炭で炙った身は、まるでキャラメリゼしたかのようなテリとツヤを持つ。
更新: 2019-07-23 12:00:00
 「担々麺は食事の最後に食べていただくので、できる限りシンプルを心掛けています」と店主の中村さん。化学調味料などを一切使わない中村さんの中華料理は、味に奥行きを持たせるために発酵調味料を駆使する。
更新: 2019-07-22 12:00:00
うなぎは地下水で2日間生かした張りの良いもの、米は精米したての香り豊かなもの、熱々を提供するためタレは湯煎で温めてご飯にかけるなど、短い文章では到底書き切れない店の姿勢はこのうな重を食せばわかるはず。昭和12年に創業した八王子の本店は信頼する職人に任せ、2年前に出店した吉祥寺店を切り盛りするのが日本料理店でも修業した3代目だ。
更新: 2019-07-22 13:14:53
約30年間営業を続けた老舗が幕を下ろし、若き店主・島田さんが昨年同じ屋号で再スタートを切った。うなぎは地焼きの関西風と、蒸しの入った関東風のどちらも味わえるのがこの店ならでは。
更新: 2019-07-22 13:04:43

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt