MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
シェ・アンドレ・ドゥ・サクレクール(カフェ/人形町)

シェ・アンドレ・ドゥ・サクレクール(カフェ/人形町)

人形町駅近くにある、パリを思わせる雰囲気の店。それもそのはず、店を切り盛りするのはフランス人のマダムなのだ。

シェ・アンドレ・ドゥ・サクレクール(最寄駅:人形町駅)

昼夜ともに、彼女が母国で食べてきた美味しさをそのまま供してくれる。また昼夜だけでなく、カフェタイムにも楽しめるメニューのひとつキッシュは、マダムが父親から教わった味だ。滑らかで卵のコクがあり、軽やかでいくら食べても飽きないという優れもの。喫茶だけでなく夜にも足を運んでみてほしい。

キッシュ ロレーヌ(サラダ・パン・スープ付き)
900円

卵のコクと玉ネギの甘さが絶妙に絡み合い、美味しさを演出。もちろん珈琲にも合うが、これからの季節はビールや白ワインもいい

シェ・アンドレ・ドゥ・サクレクールの店舗情報

[住所]東京都中央区日本橋人形町1-8-5 [TEL]03-6228-1053 [営業時間]11時~20時半(20時LO、ランチ~14時半、カフェ~20時LO、ディナー17時~20時LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝、第1・3月 [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか人形町駅A2出口から徒歩1分


電話番号 03-6228-1053

2018年7月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
人形町からほど近い日本橋堀留町交差点近くながら静かな雰囲気で、丁寧に炭火で焙煎した珈琲を楽しませてくれる喫茶店。テーブル席も良いが、ゆったりとしたカウンター席に座り、ドリップする様子を観ながら珈琲を待ちたい。
更新: 2019-05-13 13:06:30
 正直、「卵&コーヒーの組み合わせってどうなの?」と訝っていたが、ひと口味わって心の中で陳謝。「美味しい!疑ってごめんなさい!」。
更新: 2019-05-16 11:19:07
 久松小学校正面に佇み、2018年5月に再オープンしたばかりの店。国産の旬の果実をふんだんに使ったパフェやクロワッサンサンド、夜になるとカクテルなどもと、様々にその瑞々しさを堪能させてくれる。
更新: 2019-05-16 13:36:23
torse(カフェ/祐天寺)|駅から決して近くない。なのに開店前から行列ができるカフェ、それがココ。
更新: 2018-12-26 12:00:00
 新進気鋭のアトリエやショップが増え、注目されている蔵前エリア。この一角で2017年3月にオープン、紅茶は和紅茶のみを取り扱うのがこちらのお店だ。
更新: 2018-12-02 12:00:00
最新の投稿
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-05-20 12:00:00
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-20 11:44:41
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-20 11:47:44
ここ最近の吉祥寺で、おっさん女子が、ちょっと流行ってるんじゃないの? と思っているのは、N.Y.スタイルのお店です。 N.Y.のパン屋、N.Y.スタイルのカフェ……と、何軒かお店ができるにあたって、「N.Y.料理って一体何?」という激しい疑問が……。
更新: 2019-05-17 16:03:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt