MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
東日本橋 かどわき(日本料理/馬喰町)

東日本橋 かどわき(日本料理/馬喰町)

店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。

東日本橋 かどわき(最寄駅:東日本橋駅)

ほんのり塩味の「炙りチャーシュー」は、箸でつかむのも難しいほどほろりと柔らかで脂身はぷるぷる。「牛すじシチュー」は、じっくり煮込まれたスジ肉の甘みとたっぷり溶け込んだ野菜の旨みを八丁味噌と桜味噌のコクが受け止める。深い余韻と濃厚な味わいが楽しめるので、お米マイスター厳選のご飯と一緒に頼む客も多い。仕込みに3日以上かかるため予約推奨だ。

豚バラ肉のあぶりチャーシュー
756円

現在はスペイン産赤豚のバラ肉を使用。シソとネギ、自家製ドレッシングでスッキリといただく

天然お造り盛り合わせ(2人前)
3240円

刺身は抜群の鮮度で必食の美味しさ(上から時計回りで、タコ、ワラサ、ヒラスズキ、カジキマグロ、インドマグロ中トロ、シマエビ、平貝、ヒラメ、青柳)。内容は日替わり

和食屋の牛すじシチュー
1458円

身も十分についたスジ肉を使用。とろりと&しっかり歯応えの両方が楽しめる。玉子を絡めながらどうぞ

季節ごとの日本酒にも力を入れるが、珍しい焼酎も並ぶ。3ヶ月間のボトルキープができるのもうれしい

東日本橋 かどわきの店舗情報

[住所]東京都中央区東日本橋2-17-3 [TEL]03-3866-0718 [営業時間]11時半~14時LO、17時半~22時(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝、第3土夜、不定休 [席]カウンターあり、全30席/全席喫煙可※ランチタイムは禁煙/予約可/カード可/サ5%、お通し389円別 [交通アクセス]地下鉄都営浅草線東日本橋駅B3出口から徒歩3分


電話番号 03-3866-0718

2018年7月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
前割り(あらかじめ水で割って寝かされ、まろやかな味わいになる)の焼酎が常時4種類。ゆったりしたカウンターで、ビール代わりにそこから始めるのもいい。
更新: 2019-06-05 13:07:24
古民家の一軒家で和食とワインの秀逸な組み合わせを提案するこちら。毎朝築地に通い、魚を知り尽くす大将の中湊さんは酢の物をひと捻りして、この店に揃うナチュラルなワインと合うスタイルで提案。
更新: 2019-06-10 11:41:15
夜は息子のイタリアン『MAGARI DE CICCIO』、昼は父親が営む日本料理店とふたつの顔を持つ。昼の定食は4種。
更新: 2019-05-13 13:58:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-05-15 15:18:23
1階はカウンター立食席で、お昼はおむすび、夜はお酒と軽めの食事を提供。2階は小さな本屋スペースと一緒に、座って飲食を楽しめる空間になっている。
更新: 2019-05-16 11:01:06
最新の投稿
麦焼酎の発祥といわれる壱岐焼酎。大麦2に対し米麹1の割合で仕込まれ、スッキリと飲みやすいものからウイスキーを思わせるものまで多種多様だ。
更新: 2019-06-19 12:00:00
隣の鮮魚店が実家とあって、主人の魚の目利きや扱いはさすがのひと言。隣から仕入れる魚はもちろん、足立市場まで足を延ばしていいものを探し、リーズナブルに提供している。
更新: 2019-06-18 12:00:00
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 14:53:34
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-17 14:59:13

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt