MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
U.TOKYO(居酒屋/不動前)

U.TOKYO(居酒屋/不動前)

クラフトメンチカツとリモンチェッロサワーの店を標榜するだけあり、メンチカツは14種類用意。すべて手作りのオリジナルだ。

U.TOKYO(最寄駅:不動前駅)

“レサワ”と相性抜群!常時14種類を揃える魅惑のメンチカツ

例えば「ホタテと韓国のり」。甘みのある純粋六白黒豚に醤油ベースのタレでしっかり味付けした基礎のタネに、ホタテの甘み、韓国海苔の塩気が合わさって、深い味わいをもたらす。そのままでも旨いが、自家製ジンジャーソースとらっきょのタルタルソースの2種盛「ブラックアンドホワイト」(390円)も試してほしい。具材の旨みやコクを引き出してくれる。
 メンチと相性抜群なのがレモンサワー。広島・大崎下島から直送される完全無農薬のレモンを使用。皮は原液に使うため、サワーには剥いた状態でイン。ガブッと食べてビタミンを摂取し、酷暑を乗り切ろう!

メンチカツ5種盛
1950円

この日は、ホタテと韓国のり、サーモンムニエルと韓国のり、海老とパクチーとナンプラー、とうもろこしのバター醤油、モロヘイヤとゴボウ。好みを伝えれば優先的に入れてくれる。3種盛(1170円)、単品(すべて390円)もある

クラフトリモンチェッロサワー、パクチーリモンチェッロサワー、梅リモンチェッロサワー
各480円

レモンの皮をスピリタスに2週間漬けて作る原液から、ドライと氷砂糖などを加えるスイートに分け、さらに1ヶ月寝かせてから提供する。基本はドライ。レモンの酸味と強炭酸でキリッとした 飲み口で、爽快な後味。常時7種類を用意

和牛にぎり
1700円

鹿児島県産A5ランク和牛のランプを使った贅沢なにぎり。寿司職人の経験を持つ日下延也さんが握るだけあって、シャリの量とネタのバランスが絶妙。サッと焼き上げたランプは、力強い旨みを感じるとともに、鹿児島県の甘い醤油をつけることで、甘みが際立つ

U.TOKYOの店舗情報

[住所]東京都品川区西五反田4-8-4 [TEL]03-6431-9137 [営業時間]18時~翌1時(24時LO) [休日]無休 [交通アクセス]東急目黒線不動前駅から徒歩3分


電話番号 03-6431-9137

2018年9月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 カウンターのみの狭小店が30軒近く連なり、観光客も多く立ち寄る“みろく横丁”。中でも地魚ならここ、と地元の人が太鼓判を押すのが同店。
 席についてドリンクを注文すると、お通しとして供されるのが、エスプーマでムース状に仕立てられた茶碗蒸し。そんな遊び心あふれる演出に食事への期待がグッと高まる。
色や型も様々な豆皿に盛りつけられた美しい料理に思わずため息がもれてしまう。元はアンティーク食器のショップだったフロアに、オーナーの丸亀さんが今年6月に開いたワインと日本酒の店だ。
店内にぐるりとめぐらされたボートには、定評のある魚料理各種のほか、珍味系の酒肴や牛・鶏・豚・合鴨などの肉料理、土鍋飯など、圧倒的な数のメニューが並ぶ。目移り必至で食欲解放のスイッチが否が応でも入ってしまうはず。
おや、こんなところに……。白い暖簾の隙間から、柔らかな白熱灯の光がこぼれる一軒家。
いやぁラグビーW杯2019日本大会、面白かったですねぇ。 日本戦はもちろん、ほかの国の試合も、できるだけ見せてもらい、楽しみました。 それにしても、すごかったのが南アフリカ。 で、思い出したのが南アフリカの鉄道。 10年以上前に乗った、プレトリアからケープタウンまでを走る豪華寝台列車ロボスレイルです……。
食通が集まるグルメ激戦区、浅草エリア!テレビや雑誌など数々のメディアでも紹介された有名店から隠れ家的なお店まで、グルメライターが新旧の名店を食べ歩いて見つけた、国内外の観光客誰しもに、自信をもっておすすめしたいランチ情報を一挙ご紹介!
 和食器を彩るのは華のあるイタリアン。コースで楽しむ? それともアラカルト? どちらにしてもズワイガニのパスタは必食だ。
サバが古来より郷土料理として身近なのが「鯖街道」を有する福井県若狭地方。 「行き腐れ」といわれるほど足がはやい鯖の鮮度保持のために、独自の加工技術が発達した。代表的なものが「サバのへしこ」(サバのぬか漬け)。この地域ならではの保存食だ。
 予約の取れない青山の超人気店が、昨年11月に2号店をオープン。名物は1本なんと200g以上という、骨付きの国産豚肉を使った「毛沢東スペアリブ」。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt