MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
神楽坂 創彩割烹 清水(日本料理/神楽坂)

神楽坂 創彩割烹 清水(日本料理/神楽坂)

神楽坂の割烹の水準は高い。ちょっと気張らないと行けない店が多いのが事実。

神楽坂 創彩割烹 清水(最寄駅:飯田橋駅)

界隈注目の気鋭店懐にやさしい正統派和食に感謝

ところがなんと、4800円から珠玉のコースがいただける本格割烹が、毘沙門天の裏路地にオープンした。
 「気軽に入れる店にしたくて」と主人の清水さん。荒木町の割烹や有名ホテルで修業を積み、浅草で寿司店を営む父からは、江戸前寿司の技を受け継いだ。料理はコースのみに絞り、旬の素材に手間を惜しまず仕事を施すことで、この良心価格を堅持。前菜八寸をはじめ、美しき見た目と、意外なボリュームに圧倒される。開店から9ヶ月、すでに連日予約が取りづらいとか。そりゃ納得です。
 大正ロマンをモチーフにした内装にもご注目を。趣向を凝らしたレトロモダンなインテリアが、正統派の和食と妙にマッチして寛げる。

粋コース(8品)
4800円

「素材はあまりいじらずシンプルに、組み合わせは独創的に」が清水流。先付は半田そうめんの冷や汁仕立てに、ウニをアクセント。盛りだくさんの前菜は白バイ貝、石川小芋とサクラトマトのジュレがけ、江戸前穴子棒寿司、イワシの梅煮など。これだけで2、3杯はグラスが空きそう。築地から仕入れる旬魚のお造りや焼き物にも自信あり。内容は月ごとに替わる

利き酒3種
1100円

日本酒はほかではあまりお目にかかれない銘柄が揃う。「能登純米」(純米/石川)、「理系兄弟」(純米吟醸/福島)などをお得な利き酒セットで

お店からの一言

店主 清水拓耶さん

「幅広い世代の方に愛される割烹を目指しています」

神楽坂 創彩割烹 清水の店舗情報

[住所]東京都新宿区神楽坂5-37 [TEL]03-5261-2002 [営業時間]17時半~23時 [休日]不定休 [座席]全38席/分煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]都営大江戸線牛込神楽坂駅A3出口から徒歩3分、地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩4分


電話番号 03-5261-2002

2018年9月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
和食料理人のご主人とバーテンダーの奥様が営む珍しいスタイルの割烹料理店。手打ちそばで締めるコースをメインに、季節の一品料理も揃う。
「芸者新路」なんていう粋な名前の通りに佇む、創業20年の和食店。しかしこちら、これぞ隠れ家といった裏路地にはあるが、「しーん」とした店ではない。
昼の献立「潤-JYUN-」は、旬の逸品から始まる。今なら、旬野菜を添えた湯葉のローストビーフ巻き。
夏バテで食欲がない? そんな時はサラサラッと喉を通るお茶漬けがうってつけ。
魚は全国の選りすぐりの漁師船から買い付け。その日の朝獲れたピチピチ鮮魚のほか、「神経〆」という特別な絞め方をされた旬魚が届き、一番美味しい状態で出せるよう、魚によっては寝かせて熟成させる。
昭和29年、屋台からスタート。14種の具材を練ったジューシーな餡と、香ばしい皮の絶妙なバランスの餃子はたちまち人気を博し、現在は博多駅近くにビルを構えて営業中。
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
 穴子は、お魚マイスターの資格を持つ魚屋から、東京湾に面した金沢八景のものを使用。ふっくらと柔らかな身質を味わってほしいと、開店以来30年継ぎ足した煮汁で煮上げしたものを握る。
 明治10年に魚市場で開業し、市場の移転と共に現在の場所へ。代々築いてきた信頼のもとに、厳選された旬の魚介を優先的に仕入れられるのが強みだ。
日々の仕事の不条理から生じる“やってらんない”感は、食べ物にそれなりのお金を投入&満足度を加速させ、自分を甘やかす作戦のおっさん女子です。 吉祥寺にはケーキ屋、カフェ、喫茶店などがムダにたくさんあるため、スイーツ入手には事欠かないのですが、今回は、やってらんない感を解消するためのスイーツを紹介します!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt