MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
焼鶏 うぐいす(焼き鳥・鶏料理/神楽坂)

焼鶏 うぐいす(焼き鳥・鶏料理/神楽坂)

この店の真骨頂を知るならば、まずはコースを注文したい。和食で経験を積んだ店長が腕によりをかけた前菜や一品料理は、食材の滋味を引き出した繊細な味わい。

焼鶏 うぐいす(最寄駅:飯田橋駅)

前菜から食事まで感動続きの焼鳥コースお供はワインで決まり!

割烹さながらの出来映えだ。内容はその時々で変わるが、写真の「かぐらコース」では、とうもろこしのムースや真牡蠣のオイル漬けからはじまり、ヴィネグレットソースでいただく旬野菜のグリルに鶏のパテと、洋のテイストもたくみに取り入れている。約100種類も揃えるフランス産を中心としたワインとのペアリングを楽しむのもいいだろう。気分が充分盛り上がったところで登場するのがメインの焼鳥だ。肉質の柔らかな大山どりを紀州備長炭で炙れば、鮮度抜群の瑞々しい身からジューシーな肉汁があふれ出す。カウンター12席のみという店内の贅沢な設えも料理に華を添えてくれる。

かぐらコース
5616円

箸休めは北海道産フルーツトマトのお浸しで、食事は土鍋炊きの鶏山椒ご飯。鳥一品のパテは6種の部位を使い多重な旨みと食感を生んでいる

焼き鳥

比内地鶏のレバーや網脂で巻いて肉汁を閉じこめたつくね、スダチの皮を振ったセセリなど。梅シソ入りの大根おろしで食すのもいい

白レバーのムース
756円

上質な白レバーの豊かなコクを堪能できる

お店からの一言

店長 杉政 明さん

「2軒目でしたら、アラカルトでどうぞ!」

焼鶏 うぐいすの店舗情報

[住所]東京都新宿区神楽坂4-3-11 神楽坂つなしょうテラス3階 [TEL]03-6265-0759 [営業時間]17時~24時(23時LO) [休日]日・祝 [席]カウンターのみ、全12席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代540円別 [交通アクセス]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩3分


電話番号 03-6265-0759

2018年9月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 大将が炭火を微調整しながら焼き上げる姿に見惚れてしまった。コースでオーダーした焼鳥の「ささみ」や「砂肝」の絶妙な塩気、「もも肉」や「ねぎ巻」などはしっかりめの焼き具合で供され、熱々を頬張ればあふれ出てくる旨さに感動。
「肉は骨付きがウマい」が店主・水野さんの信条だ。身の柔らかなひな鳥を米油でじっくり火入れした素揚げが看板のひとつ目。
筋肉質な食感を楽しんでほしいと、使用するのは熊野地鶏のオスのみ。炭火でパリッと焼かれた皮の歯ざわり、高反発な肉質に驚かされる。
坊主頭にねじり鉢巻きが清々しい、店主の阿部友彦さん。目黒の名店「鳥しき」で修業を積み、2016年に独立。
幅広い種類の日本酒やワインとともに、伊達どりや水郷赤鶏、シャモロックなど店主が選び抜いた銘柄鶏・地鶏の串を深夜遅くまで味わえる。野菜串を含んだ6本をいただく「みすじコース」は、ひとりからでも気軽に頼めるのがうれしい。
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
323views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt