MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
なきざかな(日本料理/神楽坂)

なきざかな(日本料理/神楽坂)

魚は全国の選りすぐりの漁師船から買い付け。その日の朝獲れたピチピチ鮮魚のほか、「神経〆」という特別な絞め方をされた旬魚が届き、一番美味しい状態で出せるよう、魚によっては寝かせて熟成させる。

なきざかな(最寄駅:飯田橋駅)

絞め方にも徹底してこだわる店で魚の奥深さを知る

お造りにも敢えてのひと手間。半分はそのまま、半分は七輪でサッと炙って……旨っ! 刺身はどこの和食店にもあるからこそ、個性も大事。炭火焼や珍味など、ツボを押さえた肴も揃う。
 酒に目をやれば、オリジナルの純米大吟醸や厳選銘酒がずらり。今日は1、2合で切り上げるか~、なんて考えは、到底無理そう。

本日のいいとこ盛り
1500円※写真は2人前

「神経〆」とは血抜きした魚の背にワイヤーを通して絞める手法。抜群の鮮度を保ちつつ、旨みを保ったまま、店への輸送が可能に。“焼き”の段には金目鯛や水ダコなど。特製ねかせ醤油を塗って炙る

サッと焼いて
食べる

そのまま食べる

鳴魚寿司(5貫)
1500円

元寿司職人の料理長がにぎる本格派

最上鴨たたき、季節野菜の天ぷら
900円、900円

山形の契約養鴨家から直送される合鴨。醤油ベースの甘口ダレと共に。旬野菜の天ぷらも人気。すっきりとキレのある特別純米酒「貴 魚誂え」(グラス500円~)は店のオリジナル

お店からの一言

マネージャー 佐野薫さん

「朝獲れ鮮魚の旨さと寝かせた魚の旨さを食べ比べてみて!」

なきざかなの店舗情報

[住所]東京都新宿区神楽坂5-35 おおとりビル地下1階 [TEL]03-5225-2662 [営業時間]17時~24時、土・日・祝16時~23時 [休日]無休 [席]カウンターあり、全80席/全席禁煙/予約可/カード可/お通し代400円別 [交通アクセス]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩4分
※『なきざかな』のメニューの価格はすべて税抜きです。


電話番号 03-5225-2662

2018年9月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
人形町・甘酒横丁にある会席料理店の名物。生の白胡麻の皮を取り、丹念にすって練り上げた純白の胡麻豆腐に、煎った白胡麻のタレをかけていただく。
裏路地のかくれんぼ横丁に位置する「肉会席 ゆかわ」。もともと料亭として使われていたという和空間でのランチは、前日夜8時までの完全予約制だ。
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。門上武司が関西でおすすめする担々麺をご紹介。スタッフ全員で一丸となり精魂込めて稲から育て収穫したお米は英気の宿る、恵みの味わい
 意外なほど朝ご飯が充実している鎌倉にあって、ここは別格。京都の朝食の名店が今年春に鎌倉店をオープンした。
和食料理人のご主人とバーテンダーの奥様が営む珍しいスタイルの割烹料理店。手打ちそばで締めるコースをメインに、季節の一品料理も揃う。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。
ここではグルメライターが厳選した「銀座のおすすめカフェ」の情報をお届けします。ショッピングや食事を楽しんだら、ちょっと一息つきたくなるも。おいしいスイーツや甘味はもちろん、ランチタイムや夜にも利用できる、魅力の詰まったお店ばかりです!
店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt