MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
椿々(居酒屋/神楽坂)

椿々(居酒屋/神楽坂)

おや、こんなところに……。白い暖簾の隙間から、柔らかな白熱灯の光がこぼれる一軒家。

椿々(最寄駅:牛込神楽坂駅)

ホッと肩の力が抜ける大人の居場所をやっと見つけた

隠れ家オーラ全開の狭い入口から店内に入ると、意外や意外。肩肘張らない、ゆるやかな空間が広がっている。
 料理はほとんどが3桁価格。大鍋で煮込む名物おでん、まろやかなコクの和風シチューは、量もたっぷり気前がいい。ちなみに店名はイタリア語で「乾杯!」の意味。ワイワイ気がねなく食べて飲めて、デートもイケる。2階の個室は団体だってウェルカム。人に教えたくなるのは、こういう店なんだなぁ。

江戸前シチューwithガーリックトースト
880円

牛スジや牛モツを八丁味噌と赤ワインで煮込む。飴色になるまでローストした玉ねぎが隠し味

とうもろこし唐揚げ
680円

バター醤油の味付けがヤミツキに

おでん盛り合わせ
880円

たまり醤油を使ったおでん。真っ黒な見た目より薄味で上品。味のしみた鴨つくね、独特の歯応えのこんにゃくが絶品だ

お店からの一言

店長 岩本博希さん

「産地直送の鮮魚を使った一品も美味しいですよ」

椿々の店舗情報

[住所]東京都新宿区筑土八幡町5-12 [TEL]03-5261-9327 [営業時間]17時半~24時 [休日]無休 [座席]カウンターあり、全120席/全席喫煙可/予約可/カード可/お通し代400円別 [交通アクセス]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅C1出口から徒歩4分、都営大江戸線牛込神楽坂駅A1出口から徒歩5分※『椿々』のメニューの価格はすべて税抜きです。


電話番号 03-5261-9327

2018年9月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
ビルの2階という立地ながら、連日満席という人気店がこちら。理由は明快だ。
龍力という日本酒をご存知だろうか? 酒米の王者山田錦の主産地・播州平野の西にある酒蔵。
今年9月で開店40周年を迎えた同店。エキゾチックな雰囲気の店内でいただく医食同源のネパール料理が評判で、中でも名物がこのヒマラヤ鍋だ。
自社のパンと共に都内の名ベーカリーの品を揃え、パンのセレクトショップとしても営業するベーカリーカフェ。パンマニア憧れの品が一同に集まるので、パン好きならば一度は足を運びたいと言われる店だ。
今回はパスタについてのお話。なので、紹介する商品が必ずしもベストな選択ではないかもしれないけれど、「ダイエット中の炭水化物はパスタもおすすめですよ〜」、「パスタを選ぶときはここに注意しましょう!」といった話をしますので、ぜひ参考にしてください。
984views 脱メタボ
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt