MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
BARすがはら渋谷本館|しっとりした情緒漂う隠れ家バー(バー/円山町)

BARすがはら渋谷本館|しっとりした情緒漂う隠れ家バー(バー/円山町)

円山町の路地裏にひっそりと建つ一軒家『BARすがはら渋谷本館』。昭和初期に建てられた古民家をリノベーションし、円山町が花街であったころの情緒ある雰囲気を忍ばせている。BARすがはら渋谷本館[交]京王井の頭線神泉駅北口から徒歩3分

BARすがはら渋谷本館(最寄駅:神泉駅)

酒はバーの定番からオリジナルカクテルまで、フードは軽いつまみからカレー、デザートまで幅広く揃う。営業時間も深夜4時までと長く、使い勝手が良い。渋谷の喧噪から離れた静かな雰囲気のなか、腰を据えて飲む酒の味は格別だ。

DOW’S 1985 VINTAGE PORT グラス
2500円

ヴィンテージもののポートワインやブランデーなども揃う。2階の個室にはソファが置かれている

マンハッタン
1300円

“カクテルの女王”という異名を持つ「マンハッタン」。こちらでは、ライ・ウイスキーと数種のスイートベルモットをブレンドしている

すがはら特製生チョコ
700円

リキュールをたっぷり使って作られる、薫り高い自家製の生チョコ。使われるアルコールは、ウイスキー、ブランデー、ラムなど、時期によって変わる

すがはら特製ピクルス
900円

香辛料を隠し味に、少し甘めに味付けた自家製ピクルス。カブやししとうなど季節の野菜を使用している。甘酸っぱくスッキリした味で、どんなアルコールにも合う

BARすがはら渋谷本館
円山町

東京都渋谷区円山町25-5 ☎03-5456-5337 [営]19時〜翌4時 [休]無休 [席]1階カウンター6席、テーブル2席×2卓、2階個室2室(2席×1室、6席×1室) 計18席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし、チャージ1000円、個室料なし [交]京王井の頭線神泉駅北口から徒歩3分

電話番号 03-5456-5337
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
“幕末、アメリカに派遣されたサムライたちが、アメリカの文化を持ち帰って日本にバーを開いたら……”というコンセプトでつくられた「ザ・エスジー・クラブ」。1階の「ガズル」はカウンター席の他、スタンディングもOKなオープンな空間。
 「今までにない味わいのカクテルを作りたい」という店主・清崎さんは、ベトナムにバーを2店舗持つ実力派。彼のカクテルをひと言で表すとすれば“組み合わせの妙”だろう。
 ジェラートとカクテルを楽しめるユニークな一軒。バーテンダーの高宮さん曰く「バーの仕事だけでなく、もっと幅広いスタイルにしたかったから」。
 見番横丁と交差する角に立つビストロパブ。ビールはもちろん、16歳からフランス料理を会得した店主・小貫友寛さんが作る料理も魅力だが、国産蒸留酒の品揃えにも注目!
日々の疲れがスッととれそうな、温かくも落ち着いた雰囲気のバー。いつものスタンダードカクテルもいいけど、たまには気分を変えたい……そんなときは、店主の山谷頼子さんに自分の好みに応じたコーヒーカクテルを作ってもらおう。
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
レストランテのシェフやウェイターが常連。そんなお店がある。 彼らが足を運ぶ理由は通常より安価でワインを提供してくれるからだ。 そのお店こそが、大阪は東心斎橋にあるワインバー「Pinot Noir(ピノ・ノワール)」。 ワイン通の間では、実に知られたお店なのだ。
石巻線は東北本線と接続する小牛田(こごた)駅を基点に海に面した石巻駅を経由して海沿いを進み、女川駅を繋いでいます。 東日本大震災でたいへんな被害を受けた宮城県の女川市と石巻線。 あの日から約8年の歳月が過ぎました。 女川駅と駅前は、新たな街として復興。名産のカキもたっぷりと味わうことができました。
店主は蕎麦懐石の名店「無庵」出身。料理長を経て、2017年に、この店をオープンした。
取り扱うのはあんぱんのみ。シンプルなものも美味しいが、人気は写真の2品。東京駅外壁のレンガを模した「東京レンガぱん」の中は、こしあんと白あん入り特製ホイップクリーム。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt