MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
あげもんや(とんかつ/高円寺)|揚げ物一筋20数年、渾身のとんかつ

あげもんや(とんかつ/高円寺)|揚げ物一筋20数年、渾身のとんかつ

高円寺エリアにある、とんかつ屋「あげもんや」のグルメ記事と写真のページ。あらゆる揚げ物を取り揃える、揚げ物好きにとってパラダイスな店。店主の寺田さんは築地『豊ちゃん』で約20年経験を積んで独立した、いわば揚げ物道を突き詰めた逸材。あげもんや[交]JR高円寺駅より徒歩1分 ※ランチタイム有

あげもんや(最寄駅:高円寺駅)

メニューは唐揚げやメンチといった王道から、納豆フライ、豚角煮カツといった変わり種もあって多彩だが、やはり押さえるべきはとんかつ。ラードと牛脂を混ぜた油で揚げ、しっかりとした香味をプラス。程よい弾力の豚肉は噛むほどに旨みが滲み出て、衣のコク深い油としっとり溶け合う。そこにグビッと生ビールやハイボールを流し込む幸せといったらもう……。揚げ物天国へぜひ。

とんかつ
650円

店主の揚げ技や味わいに惚れ込んで通う『豊ちゃん』時代の常連が、必ずオーダーするというとんかつ

フライ各種
270円〜

単品の揚げ物は野菜や魚介などさまざま。写真は特大有頭エビフライ750円、なっとうフライ270円、角煮かつ320円

あげもんや

東京都杉並区高円寺南4-29-9 第3穴吹ビル1F ☎090-5416-9154 [営]11時半~23時 [休]なし [席]カウンター5席、テーブル16席、計21席/喫煙可/カード不可/サなし [交]JR高円寺駅より徒歩1分

電話番号 090-5416-9154
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「成蔵 (ナリクラ)」の「シャ豚ブリアンかつ」はヒレでおすすめは1頭から約3人分しか取れない真ん中の希少部位を使う。[交]JR線ほか高田馬場駅戸山口から徒歩2分 ※ランチタイム有
更新: 2019-05-14 12:19:25
早稲田『ワセカツ!奏す庵』|店名の“ワセカツ!”とは、薄いカツを特製のソースに浸したカツ丼のこと。早稲田の地で生まれたことと、早く揚がるという趣旨の“早生”の両方をかけた名だという。
更新: 2018-12-16 12:00:00
2代目が揚げるロゼ色に輝くとんかつは火入れが肝要。短時間で揚げて余熱で芯まで火を入れるため、肉が驚くほど柔らかい。
更新: 2018-12-15 18:00:00
銀座の路地にある小さなビルの階段を降りると、天井がやや低く、どこか懐かしい雰囲気のお店に到着。厨房真ん中の真鍮製の鍋では、注文のたびに衣をまとったカツやエビが入れられ、ジュワ~ッと心地よい音が響く。
更新: 2018-12-05 18:00:00
『かつ吉』(水道橋)|骨董に囲まれた広い古民家のような内装の、創業56年を迎える老舗とんかつ屋が出す「替わりカツ丼」は、まるで和風ビビンパのような趣き。150℃前後の低温でじっくりと揚げたカツを醬油ベースの特製ダレにくぐらせ、上からとろろをかけている。
更新: 2018-12-04 18:00:00
最新の投稿
広島に汁なし担々麺の文化を広めたパイオニアが東京に初出店。“広島汁なし担々麺”の代名詞である花椒がたっぷりかかるため、熱々の湯気と共に爽やかな香りが立ち上る。
更新: 2019-07-16 12:00:00
見よ、丼からはみ出したうなぎの迫力を! ひと切れ100g超えが二枚ドドンッ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
黒竜江省出身の店主夫婦が営む中国東北部の鉄鍋料理店。テーブルに埋め込まれた鉄鍋に、肉や香味野菜、白菜漬けや板春雨等々を入れ、スープを注いで煮込む。
更新: 2019-07-14 12:00:00
札幌の人気担々麺が東京に進出。店名の“175°”とはラー油を作る温度で、175℃の温度で3時間じっくりスパイスを煮出すことで深い旨みを引き出している。
更新: 2019-07-13 12:00:00
吉祥寺をフラフラしていると、喫茶店やカフェに吸い込まれてしまうおっさん女子である。 都内に好きな店が何軒かあるんだけど、銀座の場合は『K珈琲店』。 ここのカップ&ソーサーは、ウエッジウッドやジノリ、マイセンなどの高級系なのである。さらにお客さんの雰囲気に合わせてカップの柄を選んでくれて、出されるといった具合……。
更新: 2019-07-12 16:05:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt