MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
魚料理 つぬけ(魚介・海鮮料理/牛込神楽坂)

魚料理 つぬけ(魚介・海鮮料理/牛込神楽坂)

「魚は捌くのも食べるのも大好き」とせっせと仕込みに余念がない料理人の平さん。旬の味を気さくに教えてくれる彼が立つカウンター席に陣取れば、この店にハマったも同然だ。

魚料理 つぬけ(最寄駅:牛込神楽坂駅)

毎日来ても飽きない魚と酒が旨い店

毎日仕入れる食材はその日に使い切るのが基本。だから品書きは日替わりで、平さんはじめ熟練の料理人があらゆる調理法で仕上げてくれる。それがアッと驚く旨さと安さ。昼はもちろん夜も定食類があるので、ひとりで、友人と、家族でと使い方いろいろ。酒の品揃えもナイスです。

刺身下駄盛り(ハ)、くじら竜田揚げ
1980円、700円

長年の付き合いがある築地の仲卸などから仕入れた旬の魚の刺身。希少な生のクジラ肉を使う竜田揚げもおすすめ

金目鯛の煮付け
1500円~(仕入れで変わる。写真は2100円)

金目鯛は豪快な煮付けに

まぐろづけとろろ一膳めし
1200円

本マグロのヅケととろろを乗せた一膳めし。〆にピッタリ

串焼き
 

炭火焼の串類はランチでも人気。昼は行列も

お店からの一言

料理人 平浩二さん

「新鮮な魚を仕込んで待ってます!」

魚料理 つぬけの店舗情報

[住所]東京都新宿区納戸町11 [TEL]03-3260-3341 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時半~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]日 [席]カウンターあり、全36席/昼は全席禁煙/夜は予約可/夜はカード可/サなし、お通し代300円別 [交通アクセス]都営大江戸線牛込神楽坂駅A1出口から徒歩2分


電話番号 03-3260-3341

2018年9月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
日本橋 まえ田のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。ご覧の通り、ご飯が見えないほど穴子が敷き詰められた釜飯に目が釘づけになった人も多いのでは? 期待を裏切らないとはこのこと。
同じく人形町にある人気店、「魚や きてれつ」の2号店として、今年1月にオープンした。テーマは「No Fish No Life」。
飲食激戦区のこのエリアで営業を続けて約10年。なかなか予約のとれないビストロが、昨年11月からランチ営業を開始した。
「貝とぬる燗」をコンセプトにしたこの店最大の特徴は、切りたての刺身を提供すること。客の食べるペースに合わせてひと切れずつ出してくれるので、最高に美味しい状態でいただけるのだ。
グルメライターが新橋の海鮮料理店[白梅(しらうめ)]を実食レポート。新橋でおよそ70年、三代続く瀬戸内料理。季節ごとに直送の海の幸を味わえるが、冬の看板メニューはもちろん「かき土手鍋」。[住所]東京都港区新橋3-9-7[TEL]03-3459-8839
今回はパスタについてのお話。なので、紹介する商品が必ずしもベストな選択ではないかもしれないけれど、「ダイエット中の炭水化物はパスタもおすすめですよ〜」、「パスタを選ぶときはここに注意しましょう!」といった話をしますので、ぜひ参考にしてください。
389views 脱メタボ
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt