MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
BOLT(フレンチ/牛込神楽坂)

BOLT(フレンチ/牛込神楽坂)

笑っちゃうほどトリュフ山盛りのトーストに度肝を抜かれたかと思えば、これまたウニどっさりの野菜ムースの旨さに絶句。とそこへ酒場の定番、ハムカツだ。

BOLT(最寄駅:牛込神楽坂駅)

地元が歓喜に沸いた仲田流フレンチ誕生

もうこれは異次元体験。つまりは居酒屋文化をリスペクトしつつ、あくまでも落としどころは真っ当なフレンチというスタイルなのだ。それがそんじょそこらの味じゃないのは日本の名店やフランスの星付き店などでキャリアを積んだ仲田さんだからこそ。カウンター席だけの仲田劇場、感動をアナタの舌で。

サマートリュフのチーズトースト、モルタデッラ ハムカツ
2300円、950 円

チーズトーストはラクレットとポテトを乗せたパンの上にサマートリュフを惜しげもなく

カリフラワームースと雲丹
1800円

メニューは季節により随時変わる。ムースは山形の農家から届いたカリフラワーを使用。ミョウバンをなるべく使わない上質なウニがたっぷり

油ぞーめん
800円

奄美大島の郷土料理からヒントを得た一品。イリコのダシとオリーブオイル、エシャロットの香りが見事にマッチ

ワインは約80種

お店からの一言

オーナーシェフ 仲田高広さん

「フレンチのフィルターを通して美味を発信していきたい」

BOLTの店舗情報

[住所]東京都新宿区箪笥町27 神楽坂佐藤ビル1階 [TEL]03-5579-8740 [営業時間]17時~24時 [休日]月、第2・4火 [席]カウンターのみ、全9席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、チャージ300円別 [交通アクセス]都営大江戸線牛込神楽坂駅A1出口から徒歩2分


電話番号 03-5579-8740

2018年9月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ワインでお肉。言うまでもなくシアワセな組み合わせだが、それをリーズナブルに満喫してもらいたいという明快さがいい。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
 昨年11月に神田から神楽坂へ移転。フランスの一流レストランで腕を磨いた大谷大三郎シェフの伝統的かつオリジナリティあふれる料理が楽しめる。
神楽坂のフレンチの名店『ラ・トゥーエル』やフランスで修業を積んだシェフ・金田賢二郎さんのベースは伝統的なフレンチ。その中に、季節感や今の時代のテイストが巧みに盛り込まれている。
契約農家から毎朝届く朝採れの三浦野菜を中心に、定番から珍しい品種まで50種以上の野菜を使うビストロ料理が評判。生産者支援も根底にあるため、市場で流通されない規格外も受け入れ、ほぼ余すところなく利用する姿勢もこの店の魅力だ。
559views フレンチ
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。
吉祥寺飲み&家飲みをしないおっさん女子だったが、最近では吉祥寺昼飲みを解禁した。 理由は“もーやってらんない”自分を、さらに甘やかすため。 休日の昼飲みは、居酒屋系のおっさん女子ですが、平日はオシャレ系です。しかもビールを飲んどります! 
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt