MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
フーゴー|熟成肉を使ったスペシャルメンチは赤ワインが進む濃厚な味わい(ビストロ/後楽園)

フーゴー|熟成肉を使ったスペシャルメンチは赤ワインが進む濃厚な味わい(ビストロ/後楽園)

この人気ビストロの看板メニューは、熟成肉専門店『京都 中勢以』の但馬牛100%を使用した贅沢メンチカツだ。さっくり揚がった衣にフォークを入れれば、ほんのり赤味がかった断面からはキラキラと肉汁が溢れ出す。フーゴー (FOUGAU)[交]丸ノ内線・南北線 後楽園駅6番出口徒歩2分、三田線・大江戸線 春日駅 6番出口徒歩2分

フーゴー(最寄駅:後楽園駅)

この人気ビストロの看板メニューは、熟成肉専門店『京都 中勢以』の但馬牛100%を使用した贅沢メンチカツだ。さっくり揚がった衣にフォークを入れれば、ほんのり赤味がかった断面からはキラキラと肉汁が溢れ出す。と同時にふわりと鼻腔をくすぐるふくよかな香り。たまらず口に含めば、熟成肉ならではの濃厚な旨みが口いっぱいに広がる。赤ワインソースにも熟成肉を煮込んだスープを使っているから、そのソースのコクがパテの味わいをグッと底上げするという仕掛け。これほどワインに合うメンチがあるだろうか。気づけばボトルが空、なんてことも不思議じゃない。

但馬牛100%メンチカツレツ
1280円

店のオープン(2013年)からの人気メニューで、1個約150gというボリューム。しかもこの価格はかなりお得。合わせるなら果実感やタンニン分のしっかりしたボルドー系の赤ワインがおすすめ

鶏ささみとアボカドのタルタル
500円

フーゴー

東京都文京区春日1-15-9 ☎03-3830-0525 [営]17時~翌1時(24時LO) [休]月 [席]カウンター4席、テーブル32席、計36席/全席禁煙/カード可/サなし [交]丸ノ内線・南北線 後楽園駅6番出口徒歩2分、三田線・大江戸線 春日駅 6番出口徒歩2分

電話番号 03-3830-0525
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
こんな店を待っていた! と思わせる新星が登場した。一見オシャレな立ち呑みだが、奥にはカウンターやテーブル席もあり、ゆっくりくつろげる。
更新: 2019-04-18 12:00:00
 仕込みや調理に手間はかけても見た目や味付けはシンプルに。牛、豚、鴨、季節で鹿や猪などを使い、ローストやステーキといった直球勝負の肉料理に仕上げてくれる。
更新: 2019-04-01 12:00:00
「お客さん同士が仲良くなれる店に」と笑顔で話すのは店主の保坂さんと妻の礼子さん。開店1年ながら「ローグ」=いたずらっ子の店名通り、仲良し夫妻の元にお茶目な常連客が集まる繁盛店だ。
更新: 2019-03-31 12:00:00
 何というフォトジェニックなチーズ料理! 熱々に断面をグリルしたラクレットがテーブルに運ばれてきたかと思えば、目の前で季節野菜の上にどろろ~ん。
更新: 2019-03-30 12:00:00
飯田橋『メリメロ』|ビストロでカツサンド?この意外な組み合わせに挑戦するのは、オーソドックスなビストロ料理からアレンジの利いたフレンチまでオールラウンドにこなす宗像シェフ。
更新: 2018-12-17 12:00:00
最新の投稿
2017年春、中央線の高架沿いに出現した「高円寺アパートメント」。1階には6つの個性的な店が軒を連ねる。
更新: 2019-04-19 12:00:00
肉の専門店『万世』が手がけるラーメン屋のパーコー麺だ。むっちり弾力があって食べ応え充分なパーコーに、あっさりしつつもコクのあるスープ、プレーンな感じのラーメンがやけに合う。
更新: 2019-04-18 14:55:41
こんな店を待っていた! と思わせる新星が登場した。一見オシャレな立ち呑みだが、奥にはカウンターやテーブル席もあり、ゆっくりくつろげる。
更新: 2019-04-18 12:00:00
天王寺区の桃谷といえば、区役所や警察署、それに総合病院までが密集する閑静な住宅街。 ここに地元民に愛される洋食屋がポツンとある。 その名も「ボナンザ」。 マスコミ初登場の老舗洋食屋でオープンして約40年が経つそうだ……。
更新: 2019-04-17 16:05:00
明治21年に上野に誕生し、
喫茶店の原点と言われた
「可否茶館」。そこには書棚やビリヤード台が備えられていたという。
更新: 2019-04-17 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt