MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
リストランテ ラストリカート(イタリアン/神楽坂)|絶品イタリアン♪大切な人とのお食事の時間に…

リストランテ ラストリカート(イタリアン/神楽坂)|絶品イタリアン♪大切な人とのお食事の時間に…

 今やレベルの高い店が揃うという意味で、フレンチ同様に注目を集める神楽坂イタリアンだが、創業16年のこちらはその象徴ともいえる存在。磨き上げられた木の床に糊の効いたクロスがかかったテーブルがゆったり配された店内は、正統派のリストランテの佇まい。

リストランテ ラストリカート(最寄駅:飯田橋駅)

品数にも大満足神楽坂の名店で味わう素材派イタリアン

兵庫横丁の一角、繁華街の喧噪とも無縁の贅沢な空間だ。プリフィックススタイルの3456円のランチコースは、店の実力を知るのに十分な内容。華やかな前菜の盛り合わせはワインを呼ぶ味わいで、スープに使う野菜や魚の一品に季節感が滲む。パスタはシンプルで、カラスミや大山鶏など素材の風味がしっか
り。メインは低温で繊細に火を入れた豚のロースト、という具合。家族連れからカップルまで幅広い客層で賑わう雰囲気もいい。

ラストリカートランチコース
3456円

岩中豚の低温ロースト:主菜は2品から選択。豚のローストはフォンのソースが味わいをより深める

季節の前菜 盛り合わせ
 

ゴボウのフレークをまとったレバーパテ、ニンジンのスープなど

釜揚げシラスのスパゲッティ
 

シラス、カラスミの旨みがパスタに絡む。パスタは3品から選べ、2人以上ならハーフポーションで2種をシェアできる

大山地鶏のラグーソースのフェットチーネ
 

キャベツの甘みが鶏の滋味の引き立て役

ティラミス、コーヒー、小菓子

ティラミスのエスプーマ仕立て

お店からの一言

オーナーシェフ 蓮見雅一さん

「味わい、ボリュームともにご満足いただけるはずです」

リストランテ ラストリカートの店舗情報

[住所]東京都新宿区神楽坂4-6 2階 [TEL]03-5261-4230 [営業時間]11時半~15時(13時半LO)、17時半~23時半(21時LO)※ランチタイム有 [休日]月・第2日(8月・12月の第2日は営業) [席]カウンターなし 全20席/全席禁煙(喫煙室あり)/カード可/予約可/昼はサ5%、夜は10% [交通アクセス]地下鉄東西線ほか飯田橋駅B4b番出口から徒歩5分


電話番号 03-5261-4230

2018年9月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「ランチでもリストランテで食事をする醍醐味を感じて頂きたい」と、馬場正人さん。例えばフォカッチャは営業開始時間に合わせて焼きたてを。
古民家を生かしたシックな佇まい。ゆっくり腰を落ち着けて、料理もワインも楽しみたいときに行きたい店だ。
 オープンキッチンの開放的な空間に元気なスタッフ。ともかく活気があって、広めのカウンターもテーブル席も居心地がいい。
 和食器を彩るのは華のあるイタリアン。コースで楽しむ? それともアラカルト? どちらにしてもズワイガニのパスタは必食だ。
2018年6月オープンした旬の食材を使った骨太なイタリアン。冷菜や温菜などワインのお供に最適なつまみ系メニューも多く揃え、まさに“ふらっと”立ち寄るのにピッタリの1軒だ。
ワイワイ、カチャカチャ。ビストロらしい賑わいが似合う店だ。メニューには「フランスの片田舎にあるようなワイン居酒屋」とあり、気取りなく、一方でワインに対して気の利いたアテが揃っている。
大正時代から続く老舗を若き5代目が継いだのは24歳の時。理由は先代の急逝だった。伝統を守りながらより高みを目指し、今35歳。
厳選の国産米を4時間以上かけて炊いたおかゆを12種類提供。看板商品の「POPEYE」(950円)は、ほうれん草のおかゆ。
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt