MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ジェラテリア テオブロマ 神楽坂(スイーツ/神楽坂)

ジェラテリア テオブロマ 神楽坂(スイーツ/神楽坂)

毎朝手作りのフレッシュなジェラートを楽しめる。なかでも濃厚なチョコやピスタチオのジェラートが乗ったチョコレートパフェは大人気。

ジェラテリア テオブロマ 神楽坂(最寄駅:神楽坂駅)

濃厚ジェラートてんこ盛り!
厳選したカカオで作るボンボンショコラやプティガドー「サン フォアキン ドス」などチョコスイーツも充実。

チョコレートパフェ
1425円

ジェラテリア テオブロマ 神楽坂の店舗情報

[住所]東京都新宿区神楽坂6-8 BORGO大〆 1階 [TEL]03-5206-5195 [営業時間]10時半~19時半(19時LO)※ランチタイム有 [休日]月、年末年始 [交通アクセス]地下鉄東西線神楽坂駅1番出口から徒歩3分


電話番号 03-5206-5195

2018年9月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ブルターニュ地方の伝統料理であるそば粉のクレープ「ガレット」専門店。ハムやチーズを包んだ食事系のガレットも美味だが、おすすめはリンゴのコンポートのデザートガレット。
氷が見えないほどクリームで覆い尽くした、インパクト大な“苦くない抹茶”のかき氷。3種のソースが使われており、味わいのバランスが絶妙で美味しさはもちろんだが、掘っていく楽しみもある。
通年で営業する珍しいかき氷の専門店。フルーツを使ったイタリアンの店「スタジオーネ・フルッティカーレ」が、もっと気軽にフルーツを味わってほしいと3年前に自家製フルーツソースを使ったかき氷屋を店の一階でオープン。
天保13年に開業した奈良の「松屋本店」の東京店。自生する葛の根を精製した良質の吉野本葛を使ったくず餅の歯応えと風味豊かな味わいに驚く。
神楽坂の和スイーツで真っ先に思いつくのが『紀の善』だ。丁寧に作られたあんみつや釜めし、夏のかき氷も人気。
今年9月で開店40周年を迎えた同店。エキゾチックな雰囲気の店内でいただく医食同源のネパール料理が評判で、中でも名物がこのヒマラヤ鍋だ。
自社のパンと共に都内の名ベーカリーの品を揃え、パンのセレクトショップとしても営業するベーカリーカフェ。パンマニア憧れの品が一同に集まるので、パン好きならば一度は足を運びたいと言われる店だ。
今回はパスタについてのお話。なので、紹介する商品が必ずしもベストな選択ではないかもしれないけれど、「ダイエット中の炭水化物はパスタもおすすめですよ〜」、「パスタを選ぶときはここに注意しましょう!」といった話をしますので、ぜひ参考にしてください。
1073views 脱メタボ
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt