MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
上野でランチ!安い・おしゃれ・おすすめの厳選9店

上野でランチ!安い・おしゃれ・おすすめの厳選9店

上野エリアを人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが食べ歩いて見つけた、本当におすすめのランチ情報。和食・洋食・中華・カレー・食べ放題など特におすすめの9店舗をご紹介します!営業時間や休日などの店舗情報もあり。

はじめに

上野エリアを人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが食べ歩いて見つけた、本当におすすめのランチ情報です。
「1000円以下の安いお店」、「デートや女子会にぴったりなおしゃれなお店」、「和食・洋食・食べ放題など上野で特におすすめしたいお店」の3つのカテゴリに分けてご紹介しています!
上野でのランチ探しに迷った時など、ぜひ活用してください。

【安い】上野 ランチ - コスパ抜群!1000円以下で食べられるお店

『シャー・トムヤムクン・ポーチャナー』(カレー)

タイから来日したファミリーが営む『シャー・トムヤムクン・ポーチャナー』は、アットホームな雰囲気が魅力的なお店。
サラリとしているが、濃厚なコク旨カレーの「マッサマンカレー」は、大きなジャガイモ、ニンジン、鶏肉、ピーナッツが入りボリューム満点!
ディナーでは1200円で提供されているが、ランチはサラダ、ライス、デザート付きで980円とお得!

マッサマン カレー 980円

[住所]東京都台東区上野6-16-7 DB-3階
[TEL]03-3835-9297
[営業時間]11時~15時(14時半LO)、17時~23時(22時LO)、日11時~15時(14時半LO)、17時~22時(21時LO)
[休日]月

『喜乃字屋(そば)』

衝撃的すぎる「そば」と「フォアグラ」の組み合わせ!
もり汁に蕎麦をつけると、そこに浮かんだムース状のフォアグラが、からまりながら持ち上がる。
個性の強いフォアグラを受け止められるのは、上質な国産蕎麦粉で打つ十割蕎麦だからこそ。
上質な素材を使った「フォアグラエスプーマもり」はなんと1000円以下!ひとりでも入りやすい雰囲気も嬉しい。

フォアグラエスプーマもり 980円

[住所]東京都台東区上野公園1-54 上野の森さくらテラス1階
[TEL]03-6803-2808
[営業時間]10時~23時半(22時半LO)※ランチタイム有
[休日]元日・施設の休館日に準ずる

『中国雲南酒膳坊 過橋米線』(中華)

「過橋米線(カキョウベイセン)」とは、鶏ガラでダシをとり、鶏の脂を浮かべた熱々のスープに米粉を原料にした麺をくぐらせて食す、中国雲南省でなじみ深い料理のこと。
鶏油が表面を覆った熱々のスープに薄切りにした生の豚肉や鶏肉、野菜類を入れて火を通す「伝統雲南過橋米線」は、塩味であっさりとしたスープに軽やかな食感の麺が相性抜群!
昼はデザート付きで980円とリーズナブルに食べられる。

伝統雲南過橋米線 966円(昼は写真のようにデザート付きで980円)

[住所]東京都千代田区外神田6-5-11 MOAビル 1階
[TEL]03-3835-7520
[営業時間]11時半〜14時半LO、17時〜23時LO
[休日]無休

『ハンバーグ&ステーキ食堂 KURAUZO』(ハンバーグ)

ガツンとくる牛肉の風味満点のハンバーグなら『ハンバーグ&ステーキ食堂 KURAUZO』がおすすめ!
黒毛和牛の脂身をパテに練り込むことで、ナイフを入れれば肉汁があふれ出すジューシーさを実現。
自家製のデミグラスは、オイスターソースやウスターソースを加え、力強いハンバーグの味にひけをとらない深いコクを持たせている。
ライス(大盛り無料)とサラダ付きで価格も950円~とお手頃価格も魅力的。

鉄板焼きハンバーグ200g 950円

[住所]東京都台東区上野4-1-3 仙家ビル2階
[TEL]03-5817-4929
[営業時間]11時〜22時LO
[休日]無休

【おしゃれ】上野 ランチ - デートや女子会にぴったりなお店

『キッチン さくらい』(洋食)

「きちんとした洋食をカジュアル、リーズナブルに楽しんでもらいたい」という思いから、『厳選洋食さくらい』の姉妹店としてオープンした『キッチンさくらい』。
大きなガラス面で囲まれたとても開放的な店内や、東京の風景を眺めながら食事ができるテラス席もあり女子会やデートにもおすすめ。
ハーフサイズのメニューが豊富に揃っているので、ハーフで頼んでいろいろ食べる客も多い。

メンチカツ 1050円(ハーフサイズは525円)

ビーフオムライス(トマトソース)1300円

[住所]東京都台東区上野3-27-3 ハトヤビル3 6階
[TEL]03-6240-1648
[営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時半~22時45分(22時LO)、土11時半~22時45分(22時LO)、日11時半~21時45分(21時LO)
[休日]無休

【おすすめ】上野 ランチ - 絶品!和食・洋食・食べ放題など

『天正』(和食)

天正の天丼は、ふっくら特大に甘めのタレがクセになる旨さ。中でも限定5食「江戸前あなご天丼」は一度食べたらクセになること間違いなし!
サラっとした油で揚げられたやさしい味の穴子とさっくさくの衣、ちょっと甘めのタレが絶妙な相性でたまらない。

江戸前あなご天丼 1200円

[住所]東京都台東区台東3-8-8
[TEL]03-3831-9553
[営業時間]11時〜13時半、17時半〜22時(21時LO)
[休日]日・祝(土は昼のみ営業)

『沼津港海将 一号店』(海鮮食べ放題)

ランチタイム限定45分の海鮮食べ放題は1200円。さらにプラス450円で100種30分飲み放題!海鮮食べ放題&100種飲み放題が同時に楽しめる『沼津港海将 一号店』。
食べ放題は、〆サバ、サーモン、タコ、マグロ、カツオにサワラのたたきといった刺身からアジに白身のフライ、海鮮カレーに酢飯もあり、様々な海鮮を好きなだけ楽しめる。

海鮮食べ放題 1200円

[住所]東京都台東区上野6-8-4 五味ビルB1
[TEL]03-5817-8246
[営業時間]11時半~22時半(21時半LO)、日・祝~22時(21時LO)※ランチバイキング平日11時半~最終受付13時半 ※ランチタイム有
[休日]不定休

『ぽん多本家』(カツレツ)

初代がウィーン風の仔牛のカツレツをヒントに日本の天ぷらの調理法で考案した伝承の味「カツレツ」。
脂を取り除いたロースの芯のみを使い、その削った脂で作る自家製ラードで揚げることで、赤身と同種の豚の脂のコクが加わり、肉本来の香りと旨みが際立つ贅沢な逸品だ。

カツレツ 2700円

[住所]東京都台東区上野3-23-3
[TEL]03-3831-2351
[営業時間]11時~13時45分LO、16時半~19時45分LO(日・祝の夜は16時~)
[休日]月(祝の場合は火休)

『越後屋』(そば)

東京にへぎそばを紹介した先駆け的存在でもある『越後屋』。大きな折敷の蕎麦を何人もで食べるのがへぎそばの流儀。
“手振り”という独特の手法で盛りつけられた蕎麦は、見た目にも美しくボリューム満点!
そばは、石臼引きした国産蕎麦粉を使用することで香りを生かし、弱火でじっくり練った上質な布海苔ををつなぎにして打つ。
表面が非常に滑らかなので、のど越しがとにかく抜群。“プリッ”とした独特の弾力も歯に心地良い。店で削った鰹節やアゴダシで作るまろやかなつゆが、この蕎麦をさりげなく引き立てている。

へぎそば(2人前)1940円(14時までは1800円)

[住所]東京都千代田区外神田6-15-11 日東ビル 地下1階
[TEL]]03-3836-3226
[営業時間]11時〜21時半LO、土は20時LO、日・祝は18時LO※ランチタイム有
[休日]年始

おわりに

上野でおすすめのランチ情報をご紹介しましたが、いかがでしたか?
和食、洋食、中華にカレーと様々で迷ってしまうかもしれませんが、どのお店もグルメライターおすすめ&厳選の絶品料理ばかり!気になったお店があれば、ぜひ足を運んでみてください!

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
グルメ専門誌「おとなの週末」ライターが覆面調査で実際に食べたお店だけを厳選。今回は「新宿のイタリアン」を徹底調査。ピッツァ、パスタを中心に、ランチ、ディナーにおすすめの店やコスパよしのグルメ・レストラン情報を公開。
更新: 2019-04-16 20:27:31
有楽町周辺のカフェ情報のまとめ記事です。グルメライターが実際に行って見つけた厳選4店をご紹介。気になるランチ・朝・夜の営業時間やおすすめメニュー、喫煙可否、穴場のお店なのか、など各店の特徴を分かりやすくご案内します!
更新: 2019-04-17 12:14:14
ハムエッグって、朝食メニューでは?この企画タイトルを読んでそんな気持ちになった方に、我々は言いたい。ハムエッグは、呑みのよき友なんです!それを日夜実践しているライターの酔いどれ〜ぬオカモトが、マイコレクションから厳選してご紹介します!撮影・取材/岡本ジュン
更新: 2019-02-02 17:21:33
たまご×醤油×ご飯。たったこれだけなのに、たまらなく美味しいTKGこと「たまごかけご飯」。シンプルだからこそお店では贅沢な一杯を求めて食べまくりました!その結果をご覧あれ。撮影/西﨑進也 取材/菜々山いく子
更新: 2019-02-15 10:23:08
たまごが決め手のおやつ時間に「エッグタルト」!グルメライターが東京都内のお店を食べ歩いて見つけたおすすめ4選!撮影/鵜澤昭彦 文/池田一郎 編集/武内(以上、アラフィフオヤジスイーツ隊)
更新: 2019-02-02 13:17:33
最新の投稿
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt