MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
東秋葉原のオシャレで粋な「ネオ酒場」の代表格、『酒場 晩葡』!

東秋葉原のオシャレで粋な「ネオ酒場」の代表格、『酒場 晩葡』!

東秋葉原『酒場 晩葡』|店の外にやさしく灯るオシャレな看板。だけでなく、ぶら下がる赤提灯も酔客を惹きつける。

酒場 晩葡(最寄駅:秋葉原駅)

ダイニングと酒場いいとこ取りの使い勝手の良さ

秋葉原で6店舗を展開する『葡萄屋』グループの最新店は、お値打ちメニューが並ぶ酒場だ。 「ハムカツ」(450円)などの定番に加え、「トリュフのだし巻」(800円)など、遊び心もあるメニューを供する。シニアソムリエの店長が料理に合わせてセレクトしたワインや、厳選された日本酒など、お酒の種類が豊富なのも特徴。使い勝手が良く、飽きのこない店だ。

大人の肉じゃが
1350円

A5ランクの黒毛和牛をふんだんに使った贅沢な「肉じゃが」。砂糖未使用で、肉と野菜の甘みを引き出した技に拍手!

和豚もち豚のもつ刺し盛り合わせ
600円

鮮度の良い「もつ刺し」は土佐醤油または胡麻塩で。

チゲポテサラ
450円

「チゲポテサラ」は、牡蠣などの魚介ダシとキムチが利いている

お店からの一言

料理長 真船 卓さん(左)グループ統括 総料理長 仲野健児さん(右)

「魚介もお肉も店で丁寧に仕込んでいます。間口の広さも自慢です」

酒場 晩葡の店舗情報

[住所]東京都千代田区神田佐久間町3-38 大陽ビル1階 [TEL]03-5809-2345 [営業時間]16時半~23時(22時LO)、土16時半~22時(21時LO) [休日]日 [席]計40席/分煙/予約可/カード可/サなし、お通し代350円別 [交通アクセス]JR山手線ほか秋葉原駅昭和通り口から徒歩3分

電話番号 03-5809-2345
2018年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
鷹匠小路を折れた先にある「たぬき小路」。大通りほどの行き来はないが、多くの人が目指す店がある。
旬を大切にし、素材の持ち味を生かした魚介料理を楽しませてくれる店。そのための魚介は神津島直送の鮮魚をメインに使い、丁寧に端正に仕上げる。
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
フルーツブランデーは果物から造られるヨーロッパの蒸留酒だが、日本では認知度の低い存在。世界的にも専門バーはほとんどないという。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
三軒茶屋のすずらん通り沿いにあるバー。3階はオーセンティックなバーだが、2階はクラフトジンを中心としたボタニカル・バーで、雰囲気も接客もカジュアル。
一歩入れば"榎本劇場"の始まりである。音楽は寿司屋らしからぬジャズ。目の前で活きエビを捌いて握るなどカウンターで熟練の技を魅せるのは店の主、榎本さんだ。軽妙な語りも加わり客の気分を盛り上げてくれる。
2016年に開業するや、『ミシュランガイド東京』で、2018、2019一ツ星を獲得した南俊郎シェフの店。テイクアウトで点心や中国茶を販売。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt