MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
うまいもの楽味(居酒屋/下北沢)

うまいもの楽味(居酒屋/下北沢)

所狭しと貼られたお品書きと内容に圧倒される。「季節の野菜と魚」が美味しい店だ。

うまいもの楽味(最寄駅:下北沢駅)

表情豊か違いも鮮やかもずく食べ比べ

素材のよさと仕事の丁寧さは多くの人が最初に頼む「季節の野菜盛り合わせ」を見ればわかる。そして「時期にもよるし、岩もずくとか色々種類がある」という、こだわりの天然もずく。その食べ比べが楽しい。今回、品書きに載った「能登もずく」と「秋田黒もずく」。太さも食感も対照的ながら、それぞれにもずくの魅力を鮮烈に主張してるのがさすがだ。

秋田黒もずく
550円

希少なので、多く仕入れて干してあるという。磯っぽさが濃く、ぬめりとシャキッとした食感がいい

能登もずく
500円

実になめらか。噛めばきしっと歯応えもあり、ちゅるるるっといける

季節の野菜盛り合わせ
1800円

24~25種類ほどの季節の野菜から取り合わせできる。写真は本日のおまかせ6種

うまいもの楽味の店舗情報

[住所]東京都世田谷区北沢2-12-11 島田ビル地下1階 [TEL]03-3410-6577 [営業時間]17時~24時 [休日]月・第3日、8/13~20 [席]カウンターあり、全26席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し代450円別 [交通アクセス]小田急線ほか下北沢駅西南口から徒歩3分


電話番号 03-3410-6577

2018年9月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
青森の地酒に食材、そして青森の郷土料理も堪能できる、青森出身の女性オーナーのこの店でもバイスが味わえる。そういえば、バイスにはリンゴ果汁が使われてるし、青森に大森……このシンクロニシティーに酔う。
更新: 2019-06-20 13:12:38
隣の鮮魚店が実家とあって、主人の魚の目利きや扱いはさすがのひと言。隣から仕入れる魚はもちろん、足立市場まで足を延ばしていいものを探し、リーズナブルに提供している。
更新: 2019-06-20 13:50:52
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 14:53:34
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-17 14:59:13
酒の肴と呼ぶにふさわしい料理の数々が壁の品書きに並び、それを眺めているだけでも楽しい『タキギヤ』。主人の小林さんはその日仕入れた食材を、奇をてらわない料理に仕立てる。
更新: 2019-06-20 13:53:59
最新の投稿
壁に並ぶメニューには餃子、餃子、餃子の文字。大根に冬瓜、春菊にニラ玉でしょ、季節物も入れて計11種。
更新: 2019-07-24 12:00:00
お重の蓋を開けた瞬間、この蒲焼きにひと目惚れした。明治42年の創業から受け継ぐタレを3度まとわせ、紀州備長炭で炙った身は、まるでキャラメリゼしたかのようなテリとツヤを持つ。
更新: 2019-07-23 12:00:00
 「担々麺は食事の最後に食べていただくので、できる限りシンプルを心掛けています」と店主の中村さん。化学調味料などを一切使わない中村さんの中華料理は、味に奥行きを持たせるために発酵調味料を駆使する。
更新: 2019-07-22 12:00:00
うなぎは地下水で2日間生かした張りの良いもの、米は精米したての香り豊かなもの、熱々を提供するためタレは湯煎で温めてご飯にかけるなど、短い文章では到底書き切れない店の姿勢はこのうな重を食せばわかるはず。昭和12年に創業した八王子の本店は信頼する職人に任せ、2年前に出店した吉祥寺店を切り盛りするのが日本料理店でも修業した3代目だ。
更新: 2019-07-22 13:14:53
約30年間営業を続けた老舗が幕を下ろし、若き店主・島田さんが昨年同じ屋号で再スタートを切った。うなぎは地焼きの関西風と、蒸しの入った関東風のどちらも味わえるのがこの店ならでは。
更新: 2019-07-22 13:04:43

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt