MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
きたの(居酒屋/豪徳寺)

きたの(居酒屋/豪徳寺)

L字カウンター主体の小さめの空間は清潔感があって居心地がよし。その期待感を裏切らずに、料理も気が利いてセンスよしな和食居酒屋。

きたの(最寄駅:豪徳寺駅)

酢の物の キレで見分ける センスかな

日替わりで仕入れる旬の鮮魚が580円均一で野菜の料理も旨し。もずく酢もそうだけどイキイキした感じが◎

彩も鮮やかでパプリカやズッキーの食感もさわやかな「ズッキーニの白キムチ」

お通しのもずく酢のキレ味にすでに魅了!

旬の鮮魚から「つぶ貝」を。鮮度抜群

「自家製ポテサラ半熟味玉乗せ」も秀逸なバランスの一品

きたのの店舗情報

東京都世田谷区豪徳寺1-45-10 2階 [TEL]03-6324-7843 [営業時間]17時~翌1時(24時LO) [休日]不定休


電話番号 03-6324-7843

2018年9月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
隣の鮮魚店が実家とあって、主人の魚の目利きや扱いはさすがのひと言。隣から仕入れる魚はもちろん、足立市場まで足を延ばしていいものを探し、リーズナブルに提供している。
更新: 2019-06-18 12:00:00
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 14:53:34
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-17 14:59:13
酒の肴と呼ぶにふさわしい料理の数々が壁の品書きに並び、それを眺めているだけでも楽しい『タキギヤ』。主人の小林さんはその日仕入れた食材を、奇をてらわない料理に仕立てる。
更新: 2019-06-15 12:00:00
京急・大森町駅前から細い路地を入った奥に鎮座する、女将さんがひとりで切り盛りする小体なこの店は、なんといっても「国産ひな鶏の素揚げ」が名物!
更新: 2019-06-14 16:30:24
最新の投稿
麦焼酎の発祥といわれる壱岐焼酎。大麦2に対し米麹1の割合で仕込まれ、スッキリと飲みやすいものからウイスキーを思わせるものまで多種多様だ。
更新: 2019-06-19 12:00:00
隣の鮮魚店が実家とあって、主人の魚の目利きや扱いはさすがのひと言。隣から仕入れる魚はもちろん、足立市場まで足を延ばしていいものを探し、リーズナブルに提供している。
更新: 2019-06-18 12:00:00
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 14:53:34
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-17 14:59:13

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt