MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
嘉茂 bar kamo(バー/銀座)

嘉茂 bar kamo(バー/銀座)

銀座の一等地にありながらホッピーを売りにする。「55ホッピーとシャリキンの組み合わせはカクテルとして成立するから」とは店主の嘉茂太輔さんだ。

嘉茂 bar kamo(最寄駅:新橋駅)

銀座でまさかのシャリキンホッピー!

55ホッピーとは発売55周年を記念して作られたプレミアムホッピーのこと。これを凍らせたキンミヤ焼酎、凍らせたジョッキ、熟練のバーテンダーの腕で至高の一杯に仕上げる。ひと口飲めばその差は歴然。トロリとした舌触り、芳醇な風味、爽やかなのど越し……これを飲まずして、ホッピーは語れない!

豚ヒレ肉のソテー黒ホッピーソース、黒ホッピー
1300円、800円

ホテルで仏料理の腕を磨いた弟・竜二さんの料理がまたホッピーと合う。手前は「豚ヒレ肉のソテー 黒ホッピーソース」

オムライス
1300円

とろっとろの「オムライス」は名物料理

チリビーンズ
900円

ホッピーは55、黒、いずれも800円 手前は肉がゴロリの自家製「チリビーンズ」

お店からの一言

右/店主 嘉茂太輔さん、左/シェフ 嘉茂竜二さん

「プレミアムなホッピー、一度お試しを!」

嘉茂 bar kamoの店舗情報

[住所]東京都中央区銀座8-4-4 村喜五号館ビル1階 [TEL]03-5568-8036 [営業時間]18時~翌5時(土~24時) [休日]日・祝 [席]カウンターあり、全16席/全席喫煙可/予約可/カード可/サ10%、チャージ500円別 [交通アクセス]JR山手線ほか新橋駅銀座口から徒歩4分


電話番号 03-5568-8036

2018年9月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
日々の疲れがスッととれそうな、温かくも落ち着いた雰囲気のバー。いつものスタンダードカクテルもいいけど、たまには気分を変えたい……そんなときは、店主の山谷頼子さんに自分の好みに応じたコーヒーカクテルを作ってもらおう。
更新: 2019-08-04 12:00:00
現在、焼酎5934種、梅酒1188種という圧巻の品揃えを誇る和酒バーだが、その中からお気に入りを探すのに絶好なのが「おまかせ試飲セット」。焼酎初心者セット、芋芋セット、GENセットなどなど、選べば好みに合わせてハーフサイズ3種または2種のセットを作ってくれる。
更新: 2019-06-13 10:44:09
ここ『玉箒』にはメニューがない。それは「注文から楽しんでいただきたいから」と店主の中川伸男さん。
更新: 2019-06-03 11:50:17
1923年に創業し、現在は四代目の兄弟が営業。取り扱う酒は多岐にわたるが、メインは日本酒。
更新: 2019-05-14 15:47:44
 2017年10月にオープンした滋賀県のアンテナショップ『ここ滋賀』。その1階にある気軽な地酒バーだ。
更新: 2019-05-20 13:24:28
最新の投稿
氷が見えないほどクリームで覆い尽くした、インパクト大な“苦くない抹茶”のかき氷。3種のソースが使われており、味わいのバランスが絶妙で美味しさはもちろんだが、掘っていく楽しみもある。
更新: 2019-08-19 12:00:00
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00
湿性花園やあやめ池を散策して高原を満喫したら本格イタリアンの『アルピナ』へ。山の上で新鮮なサラダや、薪の窯で焼きたてのピッツァを食べられるとは、なんとも贅沢。
更新: 2019-08-17 12:00:00
食べた瞬間、絶句……! いやはや、またしても人には明かしたくない絶品料理と出合ってしまった。 新大阪駅から歩くこと約15分。阪急三国駅にほど近い場所にある沖縄・九州料理の創作バル「まんた」にその料理はある……。
更新: 2019-08-16 15:55:00
「冷麦始めました」に夏の到来を感じる目にも舌にも涼やかな極上ののど越し!
更新: 2019-08-16 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt