MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
居酒屋なな福(居酒屋/武蔵小山)

居酒屋なな福(居酒屋/武蔵小山)

武蔵小山の駅を出て、都立小山台高校横の小路を入るとすぐに現れる、おそらく駅から一番近いハイサワー特区参加店。

居酒屋なな福(最寄駅:武蔵小山駅)

ひとりジョッキを傾けサワーを呑むのがムサコ1似合う店

貫祿あふれる店内は、この街のハイサワーの歴史そのものといった風情。ただただ落ち着く!

ハイッピー
400円

じゃこねぎ奴
400円

フライドポテトカレー味
450円

(量多い!)

居酒屋なな福の店舗情報

[住所]東京都品川区小山3-2-6 [TEL]03-3792-6315 [営業時間]17時~24時 [休日]日 [交通アクセス]東急目黒線武蔵小山駅西口から徒歩30秒


電話番号 03-3792-6315

2018年9月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 カウンターのみの狭小店が30軒近く連なり、観光客も多く立ち寄る“みろく横丁”。中でも地魚ならここ、と地元の人が太鼓判を押すのが同店。
 席についてドリンクを注文すると、お通しとして供されるのが、エスプーマでムース状に仕立てられた茶碗蒸し。そんな遊び心あふれる演出に食事への期待がグッと高まる。
色や型も様々な豆皿に盛りつけられた美しい料理に思わずため息がもれてしまう。元はアンティーク食器のショップだったフロアに、オーナーの丸亀さんが今年6月に開いたワインと日本酒の店だ。
店内にぐるりとめぐらされたボートには、定評のある魚料理各種のほか、珍味系の酒肴や牛・鶏・豚・合鴨などの肉料理、土鍋飯など、圧倒的な数のメニューが並ぶ。目移り必至で食欲解放のスイッチが否が応でも入ってしまうはず。
おや、こんなところに……。白い暖簾の隙間から、柔らかな白熱灯の光がこぼれる一軒家。
日々の仕事の不条理から生じる“やってらんない”感は、食べ物にそれなりのお金を投入&満足度を加速させ、自分を甘やかす作戦のおっさん女子です。 吉祥寺にはケーキ屋、カフェ、喫茶店などがムダにたくさんあるため、スイーツ入手には事欠かないのですが、今回は、やってらんない感を解消するためのスイーツを紹介します!
兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。
 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!
今回は、ダイエットに最適な食品というわけではなく、チート的な話。 手軽でおいしいカップラーメンを1つ選べといわれたら、やはり日清の「カップヌードル」。 ダイエット中とはいえ、これを食べたくなるときがあるわけですよ……。
363views 脱メタボ

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt