MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ワインバー「BAR BOSSA」でボサノヴァとともに個性派ワインを愉しむ(ワインバー/神泉)

ワインバー「BAR BOSSA」でボサノヴァとともに個性派ワインを愉しむ(ワインバー/神泉)

1997年にオープンした「BAR BOSSA」は店主の林伸次さんがひとりで切り盛りするワインバー。ワインは林さんの夫人によるセレクトで、小さなワイナリーが造る、個性のあるものを揃える。[交]地下鉄半蔵門線ほか渋谷駅3番出口から徒歩8分、神泉駅

BAR BOSSA(最寄駅:渋谷駅)

ワインは林さんの夫人によるセレクトで、小さなワイナリーが造る、個性のあるものを揃える。これと合わせるのは、ブラジルの郷土料理や手作りのつまみ。「ムケッカ」は驚くほど海鮮の風味が豊か。濃いめの白ワインにピッタリだ。店内に響く静かなボサノヴァにも耳を傾つつ、優雅にいただきたい。

ムケッカ(ライス付き)
900円

エビや干し鱈、玉ねぎやパプリカを具に、ココナッツミルクとデンデ油(ヤシ油)でシチューのように仕上げたブラジルの郷土料理。魚介のダシが効いていて、あとを引く旨さだ

BAR BOSSA

東京都渋谷区宇田川町 41-23 第2大久保ビル1階 ☎03-5458-4185 [営]18時〜24時 [休]日・祝 [席]カウンター6席、テーブル2席×4卓、4席×1卓 計18席/全席喫煙可/20時まで予約可/カード可/来店は二人から/サなし [交]地下鉄半蔵門線ほか渋谷駅3番出口から徒歩8分

電話番号 03-5458-4185
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
147年続く老舗ハンコ屋がオープンさせたワインバー。女性ひとりでも入りやすい雰囲気ながら、日本やフランスのワインが200種以上揃うなど、かなり本格的。
創業から130年を経た『明治屋』が、昨年末に開業した新たな商業施設「京橋エドグラン」に、その長い歴史で初めてとなる直営ワインバーを出店した。4台の異なる温度帯のセラーでコンディションを徹底管理されたボトルは、フランス産を中心に約100種類。
中野エリアのワインバー「ワイン蔵 BANKAN」のグルメ記事とおすすめメニューの写真。和の雰囲気の中で、真心あふれる料理と日本ワインを堪能するならここ。BANKAN=万感。日本ワインの魅力をもっと知ってもらいたい。
下町うまいもんグルメ散歩!門前仲町特集掲載店。住宅街にオープンした地元密着型ワイナリー。都内で醸造タンクを眺めながらワインが飲める希少なスペースだ。
自慢のワインはボトル200種類以上、グラスも約15種類という品揃え。グラスだけでなく、デカンタにも3種セット(6600円)があるのがユニークだ。
2019年のトレンド鍋は“発酵鍋”に決まったそうだが、ちょっと無理がある気がするのは私だけでしょうか?  そもそもキムチやチーズも発酵食品なんで、たいして新しくもないワケですが……。発酵食品と言えば、私がひそかに注目しているのが、おやつである。 吉祥寺は発酵系のおやつが充実しているので、今回はココをチェック!
かつて貝類が豊富にとれた江戸で、庶民に親しまれた冬の蕎麦が、この“あられ”。今ではほとんどお目にかかれない古典種物を、明治2年創業の老舗はしっかりと守り続けている。
イタリア産を中心に、店主・新町さんが選び抜いた質・味わいともに群を抜く生ハム&サラミを取り揃える。12ヶ月熟成のクラテッロやローマにある有名店のコッパなど、その時々に食べ頃の6種を超薄切りで盛り合わせに。
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt