MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
吉祥寺グルメ情報_吉祥寺の動物パンを思いっきり食べ散らかしました、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(96)

吉祥寺グルメ情報_吉祥寺の動物パンを思いっきり食べ散らかしました、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(96)

白飯至上主義であるため、パンにさして愛情もなく、パン屋のキャラ立ちと&やりすぎが大好物なおっさん女子です。 そんな私も、この連載のネタを探すためにパン屋にも足を踏み入れるようになったのですが、そのときに必ずチェックしてしまうパンがあります。 はい、それは動物パン……。

吉祥寺の動物パンを思いっきり食べ散らかしました、の件


白飯至上主義であるため、パンにさして愛情もなく、パン屋のキャラ立ちと&やりすぎが大好物なおっさん女子です。

そんな私も、この連載のネタを探すためにパン屋にも足を踏み入れるようになったのですが、そのときに必ずチェックしてしまうパンがあります。

はい、それは動物パン……。

ちなみに、動物の形のものは容赦なく耳から食べるおっさん女子ですが、動物パンと目が合うとつい買ってしまう……。

家で動物を飼うこともなく、動物の顔のついたヌルグルミ、キャラ関係グッズなどは一切興味がないので、部屋にはひとつもありません(苦笑)。

でも、なぜか動物パンに弱い……。

すこぶる弱い……。

だって、やつらは私に「買って♪」と囁くのです……。

イラスト/スタジヲワンツー


今回は、そんな私がおすすめする動物パンをご紹介だ! 

なんか、ちょっとかわいいぞ(苦笑)。

おっさん女子だけど……。

通称「デパサン」にあるパン屋「Cベーカリー」のパンダパンが、私的には大本命だ!


まず動物パン大本命は、吉祥寺東急デパートの3F、通称デパサンにあるパン屋『Cベーカリー』です。

デパサンについては連載68回参照ね! 

『Cベーカリー』は食パンで有名なお店のようですが、私は意識高い系の食パンにまったく興味がないので(連載70参照)、迷わず、動物パンチェックだ! 

ここの動物パンは、大人仕様です。

ラインナップは結構入れ替わっていますが、だいたいいつも2種類くらいは、店頭にあります。


そして私のイチオシは『パンダ』! 

チョコレートクリームが入っていて、パンの生地も噛み応えがあって美味しいです。

冷静に見ると顔がちょっと怖いんだけど……。

『かえる』も、チョコレートクリームですよ。

あと『わんこ』はバニラクリームパンね。


『リス』は、一見リスに見えないんですけど……(笑)。

クルミを手で抱えるマニアックポーズよ! 

それで中身は粒あんですよ。

意表をついて、アンパンですよ!

中身の具にもかなりこだわっていて、動物パンといえども侮れない!

あと店頭で「えっ? ツチノコ??」と思ったら『ダックスフンド』でした……。

心が汚れ切っている自分を反省。

しかも、反省している間に最後の1個を他のお客さんに買われてしまって、味は未確認だ(涙)。

ソーセージが入ってるっぽかったけどね。

あれ以来、ダックスフンドを見かけないんだけど……。


ちなみに動物パンは夕方に行ってもほぼないので、午後イチにはゲットしておきたいですね。

吉祥寺の動物パンの伏兵は、井の頭通りを三鷹方面にずんずん歩いた先『K』の「やりすぎ系」パン!



そして実は、吉祥寺の動物パンの伏兵は、井の頭通りを三鷹方面にずんずん歩いて、成蹊通りとぶつかったちょっと先の小路を入ったところにある『K』です。

場所が駅から遠く、若干複雑なうえに住宅街なので、地元民とインスタ映え大好きの女子以外には縁がないような場所にあります(関係者の方、すみません)。

個人宅を改装したような店構えですが、素材にもこだわっているようなのと、火・金・土と週に3回しか営業しておりません。

さらに2018年は8月が1ヵ月丸々休みでした……。

なんか、マイペースで羨ましいぞ(笑)。

ここの動物パンは、形やディテールにこだわった職人魂を感じる系です。

お店はシンプルで、基本的に意識高い系パンだと思いますけど、動物パンは私の中ではやりすぎ系カテゴリーです。

だって『中身の黒い猫』ですよ! 

どんなパンだよ! 

チョコレートパンですけどね……。


『イ――――ヌ』は2018年の干支パン。

長いんだよ。

ダックスフンドです。

こちらの犬は、ツチノコには見えませんでした(笑)。

ちゃんと犬でした。

2019年の干支パンは『亥元気』。

ちくわとチーズが入っとりました。

そして次に会うのは12年後……。

やっぱ干支パンは食べとかないとダメだな。

あと『鬼パン』は、節分前に店頭に出てたね。

『りゅうゴン』とか、もう動物パンの形状を超えています……。

架空の生き物じゃん!


しかし一番人気は、『飛べ!くまパン』だと思う。

くまが飛んでいるポーズですよ。

お尻の部分がすごい可愛いの……(苦笑)。

おっさん女子的に、個人営業的パン屋は店がこじんまりしていて圧迫感があり、“お客1人VS店の人”みたいな雰囲気があって苦手なんですが(笑)、『K』には心を鬼にして行っています……。


いや、そこまでして動物パンを食べなくてもいい気が、密かにしているんですけど……。


でも、やつらが耳元で『来て♪』って、囁くのよ……(涙)。








天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
吉祥寺で焼肉といえば、地元で大人気の行列店『R』である。 しかし、今、吉祥寺は「ひとり焼肉」がブームの兆しなのであった……。 おひとり様上等のおっさん女子もこのブームにちょっと乗ろうと思って、パトロールをしてみたので、その結果をお伝えしようと思います。
更新: 2019-07-19 15:48:00
吉祥寺をフラフラしていると、喫茶店やカフェに吸い込まれてしまうおっさん女子である。 都内に好きな店が何軒かあるんだけど、銀座の場合は『K珈琲店』。 ここのカップ&ソーサーは、ウエッジウッドやジノリ、マイセンなどの高級系なのである。さらにお客さんの雰囲気に合わせてカップの柄を選んでくれて、出されるといった具合……。
更新: 2019-07-12 16:05:00
吉祥寺でたまに勃発する“食べ物バブル現象”。 そんななか、非常にちっちゃいバブルだったのですが“チーズプチバブル”というのが、あります(続行中)。 チーズにこだわったメニューをウリにするお店が、次々にできたんですけど、現状、4軒くらいかな。でも多いよね……。
更新: 2019-07-02 16:04:00
実は、誰にも頼まれていないが、ここ3年くらいずっと吉祥寺で追っている案件がある。 それは幻のジャーマンレモンパイである。 調査対象は、アトレ吉祥寺に入っているバームクーヘンでおなじみの『J』。 欧文の綴りのイメージが違うんだけど、1文字目の音は「ユ」ね……。
更新: 2019-06-26 16:00:00
南インドカレーが好きなおっさん女子としては、吉祥寺の南インドカレーは滅亡したのか……と思っていたら、なんと2018年に“ちょこっと南インドカレー”と呼びたいお店が2軒、登場したのです!  なぜ“ちょこっと”なのかというと、いわゆる南インドカレーの最大の特長であるミールスという形式じゃないからなんですが……。
更新: 2019-06-03 16:00:00
最新の投稿
壁に並ぶメニューには餃子、餃子、餃子の文字。大根に冬瓜、春菊にニラ玉でしょ、季節物も入れて計11種。
更新: 2019-07-24 12:00:00
お重の蓋を開けた瞬間、この蒲焼きにひと目惚れした。明治42年の創業から受け継ぐタレを3度まとわせ、紀州備長炭で炙った身は、まるでキャラメリゼしたかのようなテリとツヤを持つ。
更新: 2019-07-23 12:00:00
 「担々麺は食事の最後に食べていただくので、できる限りシンプルを心掛けています」と店主の中村さん。化学調味料などを一切使わない中村さんの中華料理は、味に奥行きを持たせるために発酵調味料を駆使する。
更新: 2019-07-22 12:00:00
うなぎは地下水で2日間生かした張りの良いもの、米は精米したての香り豊かなもの、熱々を提供するためタレは湯煎で温めてご飯にかけるなど、短い文章では到底書き切れない店の姿勢はこのうな重を食せばわかるはず。昭和12年に創業した八王子の本店は信頼する職人に任せ、2年前に出店した吉祥寺店を切り盛りするのが日本料理店でも修業した3代目だ。
更新: 2019-07-22 13:14:53
約30年間営業を続けた老舗が幕を下ろし、若き店主・島田さんが昨年同じ屋号で再スタートを切った。うなぎは地焼きの関西風と、蒸しの入った関東風のどちらも味わえるのがこの店ならでは。
更新: 2019-07-22 13:04:43

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt