MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
吉祥寺グルメ情報_吉祥寺でうっかり発見した、N.Y.は、バナナ!? の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(97)

吉祥寺グルメ情報_吉祥寺でうっかり発見した、N.Y.は、バナナ!? の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(97)

ここ最近の吉祥寺で、おっさん女子が、ちょっと流行ってるんじゃないの? と思っているのは、N.Y.スタイルのお店です。 N.Y.のパン屋、N.Y.スタイルのカフェ……と、何軒かお店ができるにあたって、「N.Y.料理って一体何?」という激しい疑問が……。

吉祥寺でうっかり発見した、N.Y.は、バナナ!? の件


ここ最近の吉祥寺で、おっさん女子が、ちょっと流行ってるんじゃないの? と思っているのは、N.Y.スタイルのお店です。

連載90回で紹介した吉祥寺パルコのパン屋『ザ・C』も、N.Y.のパン屋が、吉祥寺にやってきたワケですが、さらに2018年12月には、東急裏エリアの大正通りのビルの2Fに『P』というN.Y.スタイルのカフェレストランができたのでした。

「N.Y.のパンは香ばしい」と、勝手に結論付けたおっさん女子ですが、「N.Y.料理って一体何?」という激しい疑問が……。

ちなみにググってみたけど、なんかわかったようで、全然わかんなかった(苦笑)。

試しに『P』のランチのデリプレート的なものとか、熟成肉ハンバーグとか、食べてみましたが、何がN.Y.なのか、皆目わからない。

ちなみにコピス吉祥寺にあるカフェレストラン『B』もN.Y.からやってきたアメリカンスタイルで、ハンバーガーやアップルパイがウリのよう……。

N.Y.は肉なのか? と結論付けそうになりましたが、いや、違う、N.Y.は、なんとバナナだったのです(断言)。

イラスト/スタジヲワンツー



ある日のおっさん女子は、『P』でランチを食べ終わり、デザートを物色しようとメニューを眺めたら、なんと『アイスチョコバナナ―ノ』という飲み物なのか、食べ物なのか一見判別不能なデザートが……。

結論として冷たい飲み物ですが、チョコレート好きのおっさん女子的にめっちゃ好きな味。

バナナってチョコレートとすごく合うんだよねぇ。

しかも、ホイップクリーム山盛りです。

そしてよくよくメニューを見たら『クリームソーダパルフェ』という、バナナジンジャエールにチーズケーキとクリームがトッピングされた、やりすぎメニューがあるじゃないですか! 

なんとなく、いっしょにしなくていいものをコラボした感がありますが(笑)、なんだか未知の味で、この混沌がN.Y.なんじゃね! と思ったおっさん女子だ。


さらに、吉祥寺パルコのパン屋『ザ・C』のモーニングには、アボカドバナナトーストなるものがあり、トーストの上で生ハムとバナナとアボカドの異色の出会いが繰り広げられているメニューがあるんですよ(常時あるのかは、不明……)。

無理に出会わなくてもよかった気がちょっとするんだけど(苦笑)。

ちなみにピーナツバターが添えられています。

このピーナツバターがキモかもしれませんが、こちらも未経験のお味です。

やっぱ、N.Y.はバナナだろ! という推論に自信を持ってしまったおっさん女子。


そしてダメ押しは、コピス吉祥寺の『B』。

デザートに関して、店のイチオシはアップルパイなんですが、なんとバナナモカパイとバナナクリームパイが! 

なぜか、バナナ関係が2種類も! 

あと、バナナボートダブルアイスクリームっていうデザートがあって、ソテーしたバナナにバニラアイス+チョコレートアイス+クリームを乗せた、ウキッウキ♪のメニューがあるんですよ! 

ちなみに、おっさん女子的にカスタード味のバナナクリームパイがイチオシです。

甘くて美味しいよ!



えーっと、以上の理由で、吉祥寺のN.Y.はバナナっていうことに決まりました(超独断)。

いいんでしょうか? 

いえ、正直、わかりません……。

本当のN.Y.スタイルを知っている人に、こっそり教えてほしいです(涙)。









天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
吉祥寺で焼肉といえば、地元で大人気の行列店『R』である。 しかし、今、吉祥寺は「ひとり焼肉」がブームの兆しなのであった……。 おひとり様上等のおっさん女子もこのブームにちょっと乗ろうと思って、パトロールをしてみたので、その結果をお伝えしようと思います。
更新: 2019-07-19 15:48:00
吉祥寺をフラフラしていると、喫茶店やカフェに吸い込まれてしまうおっさん女子である。 都内に好きな店が何軒かあるんだけど、銀座の場合は『K珈琲店』。 ここのカップ&ソーサーは、ウエッジウッドやジノリ、マイセンなどの高級系なのである。さらにお客さんの雰囲気に合わせてカップの柄を選んでくれて、出されるといった具合……。
更新: 2019-07-12 16:05:00
吉祥寺でたまに勃発する“食べ物バブル現象”。 そんななか、非常にちっちゃいバブルだったのですが“チーズプチバブル”というのが、あります(続行中)。 チーズにこだわったメニューをウリにするお店が、次々にできたんですけど、現状、4軒くらいかな。でも多いよね……。
更新: 2019-07-02 16:04:00
実は、誰にも頼まれていないが、ここ3年くらいずっと吉祥寺で追っている案件がある。 それは幻のジャーマンレモンパイである。 調査対象は、アトレ吉祥寺に入っているバームクーヘンでおなじみの『J』。 欧文の綴りのイメージが違うんだけど、1文字目の音は「ユ」ね……。
更新: 2019-06-26 16:00:00
南インドカレーが好きなおっさん女子としては、吉祥寺の南インドカレーは滅亡したのか……と思っていたら、なんと2018年に“ちょこっと南インドカレー”と呼びたいお店が2軒、登場したのです!  なぜ“ちょこっと”なのかというと、いわゆる南インドカレーの最大の特長であるミールスという形式じゃないからなんですが……。
更新: 2019-06-03 16:00:00
最新の投稿
壁に並ぶメニューには餃子、餃子、餃子の文字。大根に冬瓜、春菊にニラ玉でしょ、季節物も入れて計11種。
更新: 2019-07-24 12:00:00
お重の蓋を開けた瞬間、この蒲焼きにひと目惚れした。明治42年の創業から受け継ぐタレを3度まとわせ、紀州備長炭で炙った身は、まるでキャラメリゼしたかのようなテリとツヤを持つ。
更新: 2019-07-23 12:00:00
 「担々麺は食事の最後に食べていただくので、できる限りシンプルを心掛けています」と店主の中村さん。化学調味料などを一切使わない中村さんの中華料理は、味に奥行きを持たせるために発酵調味料を駆使する。
更新: 2019-07-22 12:00:00
うなぎは地下水で2日間生かした張りの良いもの、米は精米したての香り豊かなもの、熱々を提供するためタレは湯煎で温めてご飯にかけるなど、短い文章では到底書き切れない店の姿勢はこのうな重を食せばわかるはず。昭和12年に創業した八王子の本店は信頼する職人に任せ、2年前に出店した吉祥寺店を切り盛りするのが日本料理店でも修業した3代目だ。
更新: 2019-07-22 13:14:53
約30年間営業を続けた老舗が幕を下ろし、若き店主・島田さんが昨年同じ屋号で再スタートを切った。うなぎは地焼きの関西風と、蒸しの入った関東風のどちらも味わえるのがこの店ならでは。
更新: 2019-07-22 13:04:43

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt