MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大阪穴場グルメ_激安最前線! 梅田の第一ビルで見つけた西洋バルで美女が一人酒/大阪ローカル穴場メシ情報[43]

大阪穴場グルメ_激安最前線! 梅田の第一ビルで見つけた西洋バルで美女が一人酒/大阪ローカル穴場メシ情報[43]

梅田の第一ビルといえばサラリーマンにこよなく愛される激安居酒屋が密集したエリア。 そんなエリアに新店がオープン。前を通るとカウンターで一人酒する美女が……!?  彼女の名前はルーシーちゃん。今年2月7日にオープンしたばかりの洋風バル『ルーシースタンドダイニング大阪駅前第1ビル店』の“アイドル”だ。

激安最前線! 梅田の第一ビルで見つけた西洋バルで美女が一人酒


梅田の第一ビルといえばサラリーマンにこよなく愛される激安居酒屋が密集したエリア。

人気店になれば、立ち飲みスタイルの居酒屋でも大行列ができるほどなんや。

そんなエリアに新店がオープン。

前を通ると、カウンターで一人酒する美女が…!?


そのスタイルと、ハデなワンピースに釘づけ。

いや待てよ……。

よくよく見てみるとマネキンやないかい!


彼女の名前はルーシーちゃん。

今年2月7日にオープンしたばかりの洋風バル『ルーシースタンドダイニング大阪駅前第1ビル店』の“アイドル”だ。


コースターも彼女をイメージ。

「縦長の店舗なのでどうしても入りにくい雰囲気がある。
そこでマネキンを置けば奥に人がいると思えて入りやすくなるだろうと(笑)。
社長の奥様がデザイナーでコースターのロゴを作成し、このキャラクターをイメージしたのがマネキンのルーシーちゃん。
だから、あの衣装になったんです」(店長の渡辺浩一さん)


予想通り、マネキンに釣られて訪れた今回の取材。

こうしたアイデアを実践するように、スタッフのシャロさんも愛想が驚くほど良い!


彼女の笑顔で、ついついお酒が進んでしまう!?

同店の名物は「シャブスキ」(680円)。

しゃぶしゃぶとすき焼きのコラボで、お肉は黒毛和牛。

そしてこの値段だ。


最初の口当たりはあっさり。

半熟の卵をとかせば、すき焼きへと変貌。


渡辺店長自信の一品だ。

さらに「たまり漬けクリームチーズ」(380円)と、「イカおろしマヨ」(380円)を追加オーダー。

「たまり漬けクリームチーズは、1回食べると次からも注文がある人気メニューです」


いやはや、見事なまでのハーモニー。

チーズとたまり醤油が、これほど合うとは……。


「イカおろしマヨ」も、同じく完成度は高い。

これで両方とも380円とは非常にお値打ちだ。

創作料理はまだ続く。

「カルボナーラ茶碗蒸し」(480円)は、見た目は茶碗蒸し。

味はチーズとの相性がいいカルボナーラ風。


第1ビルなので、さらにお値打ち料理もある。

「しらすポン酢」は、驚愕のたった80円!


なお、5月からランチもスタート予定なので、こちらも乞うご期待!


ルーシースタンドダイニング大阪駅前第1ビル店
[住所]大阪市北区梅田1-3-1 大阪駅前第一ビルB2F-25-2-2
[TEL]06-6342-6333
[営業時間]17:00~23:00
[定休日]日曜、祝日







加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
外観を見ただけでピンときた。 昭和レトロを感じさせる外観だが、古さを感じさせないモダンな内外観。 玉造にある大衆酒場「タムヤ」は、店主田村一廣さん(42)のこだわりが散りばめられている。 しかも、店主の体型と同じでとにかく料理のボリュームがヤバイ!
更新: 2019-07-18 16:03:00
待ち時間ナシで入店できればラッキーという洋菓子店が、下町情緒溢れる玉造にある。 こんな情報を元にその正体を探ると、「季節限定のかき氷」が有名だという……。 ウワサのお店の名は「マツシタキッチン」。 レトロな長屋を改装した外観を見ただけで、ゾクッときた。
更新: 2019-07-03 17:00:00
北新地の南端にある高級中華『海皇OSAKA堂島店』はその昔、テレビCMをバンバン流していた。 梅田にあるANAクラウンホテル前といえば、わかりやすいかもしれない。 とはいえ『海皇』といえば「高級」というイメージ。 それが実は、ランチを安く食べられるのをご存じか……?
更新: 2019-06-28 16:00:00
東京でピザ職人として修業後、大阪に帰郷。 「鶴橋にはピザが食べられるお店が少ないので、太く長くやれるお店をやれば勝機はあると感じています」 こう言うのは『鶴橋 粉KONA』の谷口康裕さん。 メニューを見渡すと、実に低価格の料理ばかりでビックリやで。 しかも、手作りにこだわり、ピザとうどん、両方とも自家製だ……。
更新: 2019-06-19 16:00:00
鶴橋の商店街を出て南東方向に、鶴橋駅から徒歩にして約10分。 関西でも珍しい室蘭焼鳥を提供する「たつ家」が現れる。 室蘭やきとりとは、鳥ではなく豚肉を使用する。 ホンマもんだ、と感じたのだろう。お店を訪れた室蘭市長自らが「もっと広めて下さい」と激励をしたそうだ……。
更新: 2019-06-10 16:00:00
最新の投稿
壁に並ぶメニューには餃子、餃子、餃子の文字。大根に冬瓜、春菊にニラ玉でしょ、季節物も入れて計11種。
更新: 2019-07-24 12:00:00
お重の蓋を開けた瞬間、この蒲焼きにひと目惚れした。明治42年の創業から受け継ぐタレを3度まとわせ、紀州備長炭で炙った身は、まるでキャラメリゼしたかのようなテリとツヤを持つ。
更新: 2019-07-23 12:00:00
 「担々麺は食事の最後に食べていただくので、できる限りシンプルを心掛けています」と店主の中村さん。化学調味料などを一切使わない中村さんの中華料理は、味に奥行きを持たせるために発酵調味料を駆使する。
更新: 2019-07-22 12:00:00
うなぎは地下水で2日間生かした張りの良いもの、米は精米したての香り豊かなもの、熱々を提供するためタレは湯煎で温めてご飯にかけるなど、短い文章では到底書き切れない店の姿勢はこのうな重を食せばわかるはず。昭和12年に創業した八王子の本店は信頼する職人に任せ、2年前に出店した吉祥寺店を切り盛りするのが日本料理店でも修業した3代目だ。
更新: 2019-07-22 13:14:53
約30年間営業を続けた老舗が幕を下ろし、若き店主・島田さんが昨年同じ屋号で再スタートを切った。うなぎは地焼きの関西風と、蒸しの入った関東風のどちらも味わえるのがこの店ならでは。
更新: 2019-07-22 13:04:43

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt