MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大阪穴場グルメ_激安最前線! 梅田の第一ビルで見つけた西洋バルで美女が一人酒/大阪ローカル穴場メシ情報[43]

大阪穴場グルメ_激安最前線! 梅田の第一ビルで見つけた西洋バルで美女が一人酒/大阪ローカル穴場メシ情報[43]

梅田の第一ビルといえばサラリーマンにこよなく愛される激安居酒屋が密集したエリア。 そんなエリアに新店がオープン。前を通るとカウンターで一人酒する美女が……!?  彼女の名前はルーシーちゃん。今年2月7日にオープンしたばかりの洋風バル『ルーシースタンドダイニング大阪駅前第1ビル店』の“アイドル”だ。

激安最前線! 梅田の第一ビルで見つけた西洋バルで美女が一人酒


梅田の第一ビルといえばサラリーマンにこよなく愛される激安居酒屋が密集したエリア。

人気店になれば、立ち飲みスタイルの居酒屋でも大行列ができるほどなんや。

そんなエリアに新店がオープン。

前を通ると、カウンターで一人酒する美女が…!?


そのスタイルと、ハデなワンピースに釘づけ。

いや待てよ……。

よくよく見てみるとマネキンやないかい!


彼女の名前はルーシーちゃん。

今年2月7日にオープンしたばかりの洋風バル『ルーシースタンドダイニング大阪駅前第1ビル店』の“アイドル”だ。


コースターも彼女をイメージ。

「縦長の店舗なのでどうしても入りにくい雰囲気がある。
そこでマネキンを置けば奥に人がいると思えて入りやすくなるだろうと(笑)。
社長の奥様がデザイナーでコースターのロゴを作成し、このキャラクターをイメージしたのがマネキンのルーシーちゃん。
だから、あの衣装になったんです」(店長の渡辺浩一さん)


予想通り、マネキンに釣られて訪れた今回の取材。

こうしたアイデアを実践するように、スタッフのシャロさんも愛想が驚くほど良い!


彼女の笑顔で、ついついお酒が進んでしまう!?

同店の名物は「シャブスキ」(680円)。

しゃぶしゃぶとすき焼きのコラボで、お肉は黒毛和牛。

そしてこの値段だ。


最初の口当たりはあっさり。

半熟の卵をとかせば、すき焼きへと変貌。


渡辺店長自信の一品だ。

さらに「たまり漬けクリームチーズ」(380円)と、「イカおろしマヨ」(380円)を追加オーダー。

「たまり漬けクリームチーズは、1回食べると次からも注文がある人気メニューです」


いやはや、見事なまでのハーモニー。

チーズとたまり醤油が、これほど合うとは……。


「イカおろしマヨ」も、同じく完成度は高い。

これで両方とも380円とは非常にお値打ちだ。

創作料理はまだ続く。

「カルボナーラ茶碗蒸し」(480円)は、見た目は茶碗蒸し。

味はチーズとの相性がいいカルボナーラ風。


第1ビルなので、さらにお値打ち料理もある。

「しらすポン酢」は、驚愕のたった80円!


なお、5月からランチもスタート予定なので、こちらも乞うご期待!


ルーシースタンドダイニング大阪駅前第1ビル店
[住所]大阪市北区梅田1-3-1 大阪駅前第一ビルB2F-25-2-2
[TEL]06-6342-6333
[営業時間]17:00~23:00
[定休日]日曜、祝日







加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
大阪富国生命ビルの地下2階。 この場所を聞いただけでピンときた方はかなりの食通だ。 約100mほどある板張りの床には名店ばかりが連なり、「ミッテラン2世」はその中央に位置する。昼飲みできる飲食店がズラリと並ぶエリアでもある……。
更新: 2019-04-25 16:03:00
天王寺区の桃谷といえば、区役所や警察署、それに総合病院までが密集する閑静な住宅街。 ここに地元民に愛される洋食屋がポツンとある。 その名も「ボナンザ」。 マスコミ初登場の老舗洋食屋でオープンして約40年が経つそうだ……。
更新: 2019-04-17 16:05:00
「ココの上ロースを食べたら他では食べられへんで!」 そう言われて訪れたのは、東大阪市にある「南大門」。 昭和53年創業の老舗焼肉店は、A5とA4の黒毛和牛を扱い、肉通に随分と知られたお店である……。
更新: 2019-04-23 09:56:04
2018年の12月にオープンの注目寿司店。 国産の鮮魚にこだわった本格寿司を、しかも財布にやさしい値段で提供してくれる話題店。写真映えするカウンター席を備え、すでに目ざとい外国人観光客が急増中なのだ。
更新: 2019-03-27 16:05:00
最新の投稿
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-05-20 12:00:00
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-20 11:44:41
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-20 11:47:44
ここ最近の吉祥寺で、おっさん女子が、ちょっと流行ってるんじゃないの? と思っているのは、N.Y.スタイルのお店です。 N.Y.のパン屋、N.Y.スタイルのカフェ……と、何軒かお店ができるにあたって、「N.Y.料理って一体何?」という激しい疑問が……。
更新: 2019-05-17 16:03:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt