MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大阪穴場グルメ_行列は約30人! 日本最大級のコリアンタウン、鶴橋でもっとも有名な「空」に潜入撮/大阪ローカル穴場メシ情報[44]

大阪穴場グルメ_行列は約30人! 日本最大級のコリアンタウン、鶴橋でもっとも有名な「空」に潜入撮/大阪ローカル穴場メシ情報[44]

行列は約30人! 日本最大級のコリアンタウン、鶴橋でもっとも有名な「空」に潜入撮


JRと近鉄が交差する鶴橋駅の西口下車。

すると目の前は焼肉店が連なる、日本最大の焼肉街が広がる。


この界隈だけで20店舗以上の焼肉店があって、常に行列を絶やさないお店が「空鶴橋本店」だ。

夜の7時過ぎ。

4時オープンなのに、すでに大行列。

その人数は約30人。

驚きの人数やで、ホンマ。


「空」は安くて旨い肉が食べられると評判のお店。

創業時は、3.5坪の小さなお店から始めたそうだ。

「スッカラカンの空、空っぽの空、無限に広がる空」から屋号は「空」になったという。

現在はこの路地に左右5店舗をかまえてこの大行列。

スゴい人気なのだ。

まずは、定番の「塩タン」(1200円)から。


厚みもあって、タン本来の旨みも味わえる大きさ。

当然ながら、レモンとの相性もすこぶる良い。


お次は、「ロース」(650円)、「ハラミ」(650円)、「ヨントン(コリコリ)」(400円)、「テッチャン」(450円)を続けてオーダー。


こちらのお肉に加えて「キムチ(白菜)」(400円)も。


最初の30分は、次々と肉を平らげてビールを煽る。


追加で、「ツラミ」(450円)、「ミノサンド」(500円)、「子袋」(350円)を……。

美味しいから、どんどん胃袋に放り込まれていく。


この値段でこのクオリティ。

とくに、子袋の大きさと厚みに驚いた。

そしてラストに、名物の「ユッケジャンスープ」(800円)は外せない。


真っ赤なスープは一見すると辛そうだが、実はそれほどでもない。

コクがあって旨みも強く、玉子のとき方がまさに絶妙。

滑らかなのどごしなのだ。

このスープに豆もやしに大根、ネギなどが入って、サイズは2人前ほど。


ぜひ、〆で味わってほしい。



空鶴橋本店
[住所]大阪市天王寺区下味原町1-10
[TEL]06-6773-1300
[営業時間]平日17:00~23:00
      土・日・祝 16:00~23:00
[定休日]火曜(祝日営業・翌日休日)







加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
キムチサンドと聞くと、「キムチとパンの相性はどうなの?」と訝しがる人もいるだろう。実は自分自身もそうだった。大阪だし、はじめはネタだろうと……。 「いやいやいや……!ホンマ旨いから」と周りが口をそろえて言うのが、関西ではたびたびテレビに登場する珈琲館「ロックヴィラ」だ。
更新: 2019-09-18 15:55:00
「とにかく何を食べても旨いねん!! あんなお店があったなんて驚きや」 そう言うと、周りの人たちも同じ反応。 「日本で韓国よりも美味しい韓国料理を食べたのは初めて」と韓国人女性までが言う。そのお店こそが、韓国家庭料理「鶴本家」だ……。
更新: 2019-09-09 16:00:00
新大阪にある「コナモンキッチン」はお好み焼きからステーキまで提供する人気店。 なかでも、この店で話題を呼んでいるのが「ぺったん焼き」。 お好み焼きの生地と具をまぜて、ぺたんこに薄く焼きあげた、この店のオリジナルメニューだ……。
更新: 2019-08-27 16:00:00
食べた瞬間、絶句……! いやはや、またしても人には明かしたくない絶品料理と出合ってしまった。 新大阪駅から歩くこと約15分。阪急三国駅にほど近い場所にある沖縄・九州料理の創作バル「まんた」にその料理はある……。
更新: 2019-08-16 15:55:00
今里筋は中川にある創作居酒屋「みそじ」には、この地では知る人ぞ知る、名物ママがいる。 この店を切り盛りする、松下君子ママの人柄を慕って集まる常連たちが絶賛する「テールスープ」をはじめ、どこか懐かしくてなぜか優しい味の料理がそろう、家庭的であたたかいお店なのだ。
更新: 2019-08-05 15:56:00
最新の投稿
ジビエが苦手な人ほど食べてほしいのがここのイノシシ肉。柔らかな肉と甘みたっぷりの脂が驚くほどの美味しさなのだ。
更新: 2019-09-20 12:00:00
すごく入れ替わりのはげしい吉祥寺において、テイクアウトといえば『C』と『N』の弁当勢力図は、まったく微動だにしないって思っていたおっさん女子……。 そんな状況なので、弁当ニューフェイスが登場したらチェックせざるを得ないと思っていたのですが、今年に入ってからいい感じの新顔弁当が登場したのでご紹介したいと思います……。
更新: 2019-09-19 16:00:00
食材本来の旨みを、自家燻製や各種ソース作りなどの手仕事で引き出す実力派ビストロ。食べると身体中が喜び出すような、素朴で力強いひと皿に出合える。
更新: 2019-09-19 12:00:00
キムチサンドと聞くと、「キムチとパンの相性はどうなの?」と訝しがる人もいるだろう。実は自分自身もそうだった。大阪だし、はじめはネタだろうと……。 「いやいやいや……!ホンマ旨いから」と周りが口をそろえて言うのが、関西ではたびたびテレビに登場する珈琲館「ロックヴィラ」だ。
更新: 2019-09-18 15:55:00
店内にぐるりとめぐらされたボートには、定評のある魚料理各種のほか、珍味系の酒肴や牛・鶏・豚・合鴨などの肉料理、土鍋飯など、圧倒的な数のメニューが並ぶ。目移り必至で食欲解放のスイッチが否が応でも入ってしまうはず。
更新: 2019-09-18 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt