MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
名古屋グルメ_お米の一粒一粒にうなぎの味と香りを凝縮させた「うなぎの炊き込みご飯」/名古屋エリア限定情報(71)

名古屋グルメ_お米の一粒一粒にうなぎの味と香りを凝縮させた「うなぎの炊き込みご飯」/名古屋エリア限定情報(71)

名古屋で「うなぎ料理」、と聞いて何を想像するだろうか? うな丼やうな重? それともひつまぶし?  今回紹介する『豆たぬき』では、うな丼やひつまぶし以外にもう一つの食べ方を提案している。それが「うなぎの炊き込みご飯」だ……。

『豆たぬき』の、お米の一粒一粒にうなぎの味と香りを凝縮させた「うなぎの炊き込みご飯」


うなぎ料理、と聞いて何を想像するだろうか?

うな丼やうな重? 

それとも、ひつまぶし?


名古屋臨海高速鉄道あおなみ線小本駅の近くにある和食店『豆たぬき』。

冬はふぐが、夏はうなぎがリーズナブルに楽しめる穴場店である。


「うな丼」は1980円~、「ひつまぶし」は2280円~と、まるでひと昔前の値段。

毎年のように値上げが続くなかで、なぜ、そこまで安くできるのか。


「うなぎは丼や重箱に丸ごと1本がちょうどのるくらいのサイズが人気なんです。
私が仕入れているのは、それよりも大きい、いわば規格外のうなぎ。
市場ではあまり売れないから、割安で仕入れることができるんです」と、店主の鈴木貴志さん。


大ぶりなうなぎは、身も皮もかたくて、脂が多くてしつこいというネガティブなイメージがある。

しかし、鈴木さんはこれまで培った和食の技術で大サイズのうなぎの弱点をカバーしている。


「まず、うなぎをさばいたら、一晩寝かせます。
翌日、白焼きにするのですが、たれを塗って焼き上げる前にアルミホイルに包んで約30分蒸すんです。
すると、余分な脂が落ちて、身もやわらかくなるんです」


これは「ひつまぶし(特上)」(3900円)。

実際に食べてみると、身はやわらかくて皮はパリッとしている。

肉厚なので、しっかりとうなぎを食べた気分になる。

それにしても……「関東風うなぎ」のように蒸しているとは思えない。


「蒸し器で蒸しているわけではありませんから。
アルミホイルに包んで30分、というのがポイントなんです。
いわば、関東風と関西風のハイブリッドですね」(鈴木さん)


さて、今回はここからが本題。

『豆たぬき』では、うな丼やひつまぶし以外にもう一つの食べ方を提案している。

それが「うなぎの炊き込みご飯」(2700円)だ。


なにはともあれ、まずは食べてみよう。


うわぁっ! 

土鍋の蓋を開けると、食欲をそそられる香りが、湯気とともに立ち上る。

しゃもじで茶碗によそってひと口……。

うっ、旨いっ! 

お米の一粒一粒にだしがしっかりと染み込んでいる! 

この奥行きのある味わいは、今まで食べた炊き込みご飯のなかでも、間違いなくトップクラスの美味しさだ。



「軽く炙ったうなぎの骨とともにご飯を炊きました。
炊き上がったら、細かく刻んだうなぎの蒲焼きをのせて土鍋の蓋を閉じます。
すると、ご飯全体にうなぎの味と香りがくまなく行き渡るんです」(鈴木さん)


うなぎの炊き込みご飯は、もともと懐石コース(5400円~)の〆で出されていたもの。

これが、常連客からの要望でメニューに採り入れられたという。

お茶漬け用のだしと薬味、漬物が付くので、ひつまぶしと同様に味の変化が楽しめる。

豆たぬき
[住所]愛知県名古屋市中川区松葉町4-30-1
[TEL]052-352-8825
[営業時間]11時半~14時、18時~21時(22時L.O.)※夜は予約制
[定休日]水曜










永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
名古屋では、ここ10年くらいの間に5000円程度で本格的な寿司が味わえる店が少なくなった。 そんななか、JR中央本線大曽根駅前の『おおぞね鮨』は、今年5月にリニューアルオープンしたのを機に驚くべき変貌を遂げた。 もっと地元の方が気軽に楽しめるように、思いきってリーズナブルな価格にしたというのだ……。
更新: 2019-07-09 16:15:00
今回紹介するのは、亡くなった両親とよく食べに行った、私にとって思い出深い店。 たまたまSNSで店主と繋がって取材することができたのである。 その店は、1989(平成元)年、愛知県岩倉市に開店した『うなぎ亭 不二』。 私の両親はうなぎが大好物だった……。
更新: 2019-07-01 16:01:00
名古屋めしのなかでもイマイチ注目度の低いきしめんを見つめ直そうと、地元で昔から営んでいる店を食べ歩くようになり、その旨さに驚愕したお店のうちの1軒が、今回紹介する愛知県西春日井郡豊山町にある『みのや』だ……。
更新: 2019-06-24 16:00:00
JR中央本線・地下鉄東山線千種駅の北に寿司やとんかつ、焼き鳥など飲食店が軒を連ねるエリアがある。 安くて旨い穴場の店が多く、これまで何軒か取材をしたこともある。今回紹介するのは、その千種駅北エリアに今年5月にオープンしたばかりの『花○商店 千種店』だ。
更新: 2019-06-03 16:02:00
名古屋でふわとろの親子丼ブームの火付け役となった『とり五鐵』。親子丼の元祖、東京・日本橋人形町『玉ひで』の八代目当主、山田耕之亮氏プロデュースのとり料理専門店だ。 この名店で、このほど新しい親子丼がメニューにわえられたというので、早速、食べに行ってみた……。
更新: 2019-05-27 16:05:00
最新の投稿
壁に並ぶメニューには餃子、餃子、餃子の文字。大根に冬瓜、春菊にニラ玉でしょ、季節物も入れて計11種。
更新: 2019-07-24 12:00:00
お重の蓋を開けた瞬間、この蒲焼きにひと目惚れした。明治42年の創業から受け継ぐタレを3度まとわせ、紀州備長炭で炙った身は、まるでキャラメリゼしたかのようなテリとツヤを持つ。
更新: 2019-07-23 12:00:00
 「担々麺は食事の最後に食べていただくので、できる限りシンプルを心掛けています」と店主の中村さん。化学調味料などを一切使わない中村さんの中華料理は、味に奥行きを持たせるために発酵調味料を駆使する。
更新: 2019-07-22 12:00:00
うなぎは地下水で2日間生かした張りの良いもの、米は精米したての香り豊かなもの、熱々を提供するためタレは湯煎で温めてご飯にかけるなど、短い文章では到底書き切れない店の姿勢はこのうな重を食せばわかるはず。昭和12年に創業した八王子の本店は信頼する職人に任せ、2年前に出店した吉祥寺店を切り盛りするのが日本料理店でも修業した3代目だ。
更新: 2019-07-22 13:14:53
約30年間営業を続けた老舗が幕を下ろし、若き店主・島田さんが昨年同じ屋号で再スタートを切った。うなぎは地焼きの関西風と、蒸しの入った関東風のどちらも味わえるのがこの店ならでは。
更新: 2019-07-22 13:04:43

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt