MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
週末の神楽坂ランチはフレンチ・イタリアンが狙い目。

週末の神楽坂ランチはフレンチ・イタリアンが狙い目。

和食のイメージが強い神楽坂だが、週末の昼はフレンチ・イタリアンが狙い目。がっつり派もしっとり派も納得の2店舗を紹介します。

週末のちょっと優雅な「神楽坂ランチ」週末の昼は仏・伊が狙い目。

Sacrée Fleur(サクレ フルール)のランチ [ビストロ]

パリから初上陸したビストロで“肉”を堪能

 Sacree Fleur (サクレ フルール)は2017年4月21日にパリから日本初上陸。肉を全面に打ち出した骨太ビストロ料理が食べられる。ランチのオススメは、本日のタルタルとステックアッシェ(牛挽肉のステーキ)の両方を堪能できる「ランチコースA」。500円プラスで180gの肉を300gにグレードアップでき、焼き加減を調整できるホットストーンで提供される。

ランチコースA

写真:ランチコースA 2000円

写真のタルタルは自家製ロースハムとパイナップルにパクチーを利かせたもの。甘みのあるフライドポテトはお替わり自由。デザートは写真のクレームキャラメルのほか、焼き菓子などが選べる。

[店舗情報]

[住所]東京都新宿区神楽坂3-2 大宗第5ビル [TEL]03-6228-1513 [営業時間]11時半~14時半(14時LO)、17時~23時半(22時半LO)、土・日・祝12時~15時(14時半LO)、17時~23時半(22時半LO)※ランチタイム有 [休日]月(祝日の場合は翌火休) [席]1階テーブル38席、2階カウンター10席、3階個室1室(8~12名) 計56~60席/全席喫煙可/夜のみ予約可/カード可(5000円以上)/夜はひとり378円のチャージ料別 [交通アクセス]地下鉄南北線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩3分

PIATTI CASTELLINA(ピアッティ カステリーナ)のランチ

全6品でコスパ最高! 魅惑の土・日・祝限定ランチ

「PIATTI CASTELLINA(ピアッティ カステリーナ)」は夜は8皿で5000円のおまかせコース1本で勝負する人気店。ここで味わえる土日祝日限定ランチもかなりの高コスパだ。瑞々しい野菜のバーニャカウダに続き、お菓子のような見目麗しいフォアグラのフラン、オイルやトマト系のパスタ2品に、魚または肉のメイン、デザートまで! 目でも舌でも楽しませてくれる料理が全6品、次から次へと登場する。約60種類揃うワインをお供に、至福のランチタイムを過ごしたい。

土日祝日ランチ

写真:土日祝日ランチ 2500円

内容は仕入れにより変更。パスタは子持ち鮎と焼き茄子、枝豆のスパゲティーニ、もち豚とアプリコットのラグーソース カボチャのピュレ添え。魚のメインは松の実などを巻いたメカジキのインボルティーニ

[店舗情報]

[住所]東京都新宿区天神町68-3 橋本ビル1階 [TEL]03-6265-0876 [営業時間]11時半~15時(13時半LO)、17時半~23時(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]年末年始 [席]テーブル18席 計18席/全席禁煙(外に喫煙スペース有)/予約可/カード可/土・日祝の昼はサ5%別、夜はコペルト500円別 [交通アクセス]地下鉄東西線神楽坂駅2番出口から徒歩5分、有楽町線江戸川橋駅1b出口から徒歩7分

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で発見したランチ情報のまとめ記事です!みなとみらいエリアや横浜駅周辺は取り上げられることが多いですが、ここでは市内全域を隈無く駆けずり回って、真におすすめのお店のみを厳選しました!
吉祥寺エリアで絶対に外せないお昼ごはんとは?!人気グルメ情報誌「おとなの週末」の編集スタッフが食べ歩いて見つけた、安いお店はもちろん、ひとりで気軽に入りやすい所、子連れOKの所など、ぜひ行ってほしいおすすめのお店を厳選してまとめました。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!
食通が集まるグルメ激戦区、浅草エリア!テレビや雑誌など数々のメディアでも紹介された有名店から隠れ家的なお店まで、グルメライターが新旧の名店を食べ歩いて見つけた、国内外の観光客誰しもに、自信をもっておすすめしたいランチ情報を一挙ご紹介!
おしゃれな街「恵比寿」のランチ情報をまとめました。すべて人気グルメ雑誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査をして発見した、自信をもっておすすめできるお店ばかり!おしゃれなお店からひとりでも気軽に入りやすいお店まで、一挙ご紹介します!
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。
ラム肉も豚肉もしゃぶしゃぶに程よい厚みにカットされ、食べ応えがあるのがうれしい。「北海道」だからか、ダシに入っている昆布が立派だった。
店主の杉本さんは“ラーメンの鬼”と呼ばれた故・佐野実氏の下で約4年間修業した経歴の持ち主。旨い一杯への情熱は師匠譲り。
静かな北鎌倉は夜になるといっそうひっそりとする。通りからさらに少し引っ込んだ『こころや』は、知らなければまず辿りつけない。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt